タグ:フォースで化石探しスターワオーズ編 ( 22 ) タグの人気記事

化石サンゴスターワオーズ編21最終回(寺野とBさんフォース)

今回でスターワオーズ編も最終回だよ103.png

これは寺野のフズリナだけどまるで砂糖の飴細工みたいです。
d0171959_19470222.jpg

スターワオーズ編はBさんの弟子のウグ丸パパが、Bさんの助けを借りずに
フォースを使って化石を探したのですが、今回の発見を振り返って
ここがBさんフォースのポイントだったところを検証してみました。146.png

その1:無謀な企画だけど何とかなりそうな気がして、気分が乗った。
その2:鬼北町から城川町に入った国道でその山の向こうが寺野と知る
由もないのに、山並みが非常に美しく見え何か感じるものがあった。
(スターワオーズ編9の1枚目の写真の景色を参照)
その3:スターワオーズ編3の採取場所へ上る道を見た時に
視線が引き付けられるような感じがした。
その4:スターワオーズ編19の化石を見つけた時、既にデュラミナ
らしい化石を見つけていたのに、帰り道で更に寄り道をしたくなった。

主要なシグナルは上記の4点、結果として珊瑚らしい化石3種類を
採取し出来すぎ感はあるが、Bさんならもっと早く見つけただろう。
いずれにしろ化石サンゴ宝島編のBさんの秘法を忠実に
実行すれば、それなりに何とかなることが良く分かりました。162.png

ところで最近、Bさんからフォースの免許皆伝を頂きました。
スターウォーズ調ならジェダイに認められた感じです。\(^o^)/

これで3か所の産地のデュラミナ・ハシモトイ?が集まったが、
並べて比べてみるとやっぱり土佐山の赤い化石が綺麗と読者
の「化石サンゴさん」からコメントを頂きました。
やはり赤い土佐山産が見応えがありますね。172.png

スターワオーズ編20の化石の(土佐山産)割った反対側、
産地が消滅していなければこんなのがいっぱい取れたんだろう。113.png
d0171959_19533135.jpg
179.png次の企画の当てがないので、今充電中です。わんわんわん179.png



[PR]
by ugumaru55 | 2018-06-09 20:02 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編20(最終章)

1年超つづいたスターワオーズ編もいよいよ最終章となりました109.png
60年以上前の北海道大学の論文中にあった、寺野という地名だけの
少ない情報の中で、Bさんフォースを頼りに四射サンゴファンギア
ことデュラミナ・ハシモトイを探しに行くという無謀な企画でしたが
なんとかそれなりの成果を上げて終われそうです。172.png

今回採取した化石で今一つ不安だった中心部のクモの巣状の部分が
少なく感じる件ですが、以下の標本と比較してみました。

土佐山のデュラミナ・ハシモトイ(未発表分)
d0171959_22394489.jpg


土佐山のデュラミナ・ハシモトイ(化石サンゴ19のもの)
d0171959_22445368.jpg


スターワオーズ編 城川町
d0171959_22451918.jpg

宝島編 梼原町のデュラミナ・ハシモトイ
d0171959_22465877.jpg


比べて頂ければ桑尾産と城川産はあまり中心部の比率が
変わらないのがお判りになるだろうか。また中心部を走る
1本の線状の物がある、デュラミナ・ハシモトは元々
コーウエニアと言われた時代があるのは以前解説したが、
コーウエニアにもそのようなものがあり写真の上から3枚
ではそれが確認できる。よって同種のサンゴ化石と思われ
これでデュラミナ・ハシモトと判定した。174.png

デュラミナ・ハシモトイに特化したサイトを標榜するからには
なんとか四国島内の全産地を採取しアップしようと決めていたが、
ほんとに実現できるとは感無量です。103.png
これもひとえにフォースを伝授下さったBさんのおかげです。<(_ _)>

次回は本当に最終回 Bさんフォース スターワオーズ編です。







[PR]
by ugumaru55 | 2018-06-02 23:15 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編19(寺野のサンゴ化石?)

スターワオーズ編最後のサンゴらしい化石だよ。101.png
フズリナの中に一個だけ入っていたよ、中央部分がしわしわな感じで、
最初はこちらがデュラミナ・ハシモトイかなと思ったのだが、ちょっと
保存が悪そうなので研磨していないよ。

d0171959_12251103.jpg
今度こそ寺野は最後と思っていたためか、急に思いついてスターワオーズ
編10の谷川の石がどうなっているのか見に行ったのだが、谷に降りる所の
足場の上に転がっていた石に目が吸い付けられた177.pngBさんフォース発動177.png
よく見るとこの化石が入っていたよ。以前はそこになかったのに、1年の間に
転げてきたようだ。ラッキー!!

しわしわ感がお判りになるだろう。
d0171959_12314656.jpg

水に濡らすと、三葉虫の足のような形の部分があって面白い形。
d0171959_12340194.jpg
周りは全てフズリナだよ。
d0171959_12353850.jpg
この日は寺野の最後を飾って、デュラミナ・ハシモトイと
これが見つかって納得の一日だったよ。110.png

次回はいよいよスターワオーズ編も最終回だよ。わんわんわん。




[PR]
by ugumaru55 | 2018-05-19 12:48 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編18(寺野のコケムシ?)

前回デュラミナ・ハシモトイみたいな化石と同じ石に
別の化石がいくつも入っていたよ。

こんなころっとした感じのものが147.png
d0171959_23560562.jpg
これもほぼ同じ感じ
d0171959_23580095.jpg


縦断面を研磨すると。
d0171959_00015574.jpg


これは2段重ね。

d0171959_00034694.jpg
横断面はこんな感じでともかく細かい(日光下で撮影)113.png
d0171959_00164126.jpg
スケールをあてると小ささがお判りになるだろう。144.png
d0171959_00062929.jpg
これはLEDライトで水没させて撮影、茶色の点のような丸が0.3mmくらい
d0171959_00133397.jpg
この白い部分は幅2mm、サイズを言わなければクサリサンゴみたい。
d0171959_00324701.jpg
正体はコケムシと思うが、茶色に着色されている部分もあって
結構きれいな化石だ、肉眼では小さすぎてほぼ見えない状態。
そう言えばスターワオーズ編4の穴ぼこがいくつも開いた部分
もよく見たらコケムシのように見える。この辺りはフズリナと
コケムシが多い場所だったのか?162.png162.png

[PR]
by ugumaru55 | 2018-05-15 00:36 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編17(ついに寺野のデュラミナ・ハシモトイ?)

前回のスターワオーズ編16以降サンゴ化石の取り出し・研磨を
やっていたよ。なんせ1個しかないので慎重に削っては写真撮影
をするという工程をすべて手作業(機械でやると削りすぎる危険が
あるよ)でやっていたので随分時間がかかったよ101.png


d0171959_01324082.jpg
中心近くの模様がきれいなので、半分残して研磨したので、
横から見るとこんな感じで中心を頂点に研磨しているよ。146.png

削り始めはこんな感じでピンク部分はない。
d0171959_01345607.jpg
削り進めると周辺の泡状部分も徐々に見えてきた。( ゚Д゚)
d0171959_01402489.jpg
結果がこれ。Σ( ̄□ ̄|||)
結構保存がよくてきれいな化石だ

d0171959_01024361.jpg
直径サイズはこの写真の横15mm、縦12mm、大きさ的にはデュラミナサイズ。
d0171959_01020543.jpg

削り始めた時は白っぽい化石だったが、削り進めるとピンクの部分が
出てきてデュラミナ・ハシモトイっぽくなったのだが、中心部のクモの巣状
の部分が少ないし、なんかデュラミナとは感じが違うような気もする。
どちらにせよこれだけ保存が良ければそれなりの場所に持ち込めば四射サンゴ
デュラミナ・ハシモトイか違うかの同定は容易だろう。

次回も同じ石の他の部分を研磨するよ。




[PR]
by ugumaru55 | 2018-05-13 01:58 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編16(寺野のサンゴ化石2)

スターワオーズ編15で最終回に出来なくなって再度寺野へいったよ。103.png
前回は寒くてよく見ていなかった石を再度見直したら・・・。

d0171959_22020974.jpg
真ん中あたりの白い部分を拡大すると
d0171959_22023656.jpg
サンゴ化石だがお目当手のデュラミナ・ハシモトイとは違う感じ。
隔壁の間隔が狭いように見える。121.png
d0171959_22163053.jpg
周りの岩を割っているとこんなものも出て来たよ、ウニの棘?ウミユリかな~。147.png
サンゴ化石の詳細は、今研磨中なのでもう少し待ってね。105.png

ところで今回寺野へ来る原因の化石はペルム紀ということが確定した。
d0171959_22254605.jpg
前回気付かなかったが、サンゴ化石の面(この写真では左右は真ん中の上端)
小さな白い部分になんとフズリナがある。

d0171959_22260561.jpg
拡大すると例によってぐるぐるが見えたよ。
フズリナはペルム紀の示準化石なので、年代確定出来たよ。102.png
最初からよく見ていれば寺野へ行く必要がなかったのだが、
再度行ったことでサンゴ化石も見つかったので、まあいいか~。つづく

[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-24 22:42 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編15(ついに四射サンゴ化石が・・・)

今回がスターワオーズ編の最終回の予定だったけど
ちょっと伸びることになったよ。147.png

実は前回のお話で、帰り支度をして帰ろうとした時、目の前の斜面に2個の石灰岩を見つけたよ。
これで寺野は最後と思っていたので、最後にこれでも見ていくかと寒い中で採取し、洗ってみた。

それがこの石
d0171959_13183423.jpg


一番手前の黒い部分を濡らしてみると・・・。
d0171959_13211293.jpg
2個が連なっているように見える、サイズは下の写真を参照してね
d0171959_13223356.jpg
見た瞬間デュラミナではない四射サンゴと思ったのだが、
暗いし寒いしでじっくり見る余裕もなく、最終回のいい土産ができたぐらいに考えていた。

帰って見た感じで何となくクサリサンゴのシコクエンシスに似てるような形。
シルル紀の石灰岩は例の県条例か何かの岩石規制で採取禁止じゃないか~141.png
ここはペルム紀の地層、すぐ近くでフズリナも採取しているので、
間違いないはずだ、地質図ナビもペルム紀になっているのを再確認したので
まさかここにシルル紀の地層があるはずがないのだが。
d0171959_13401849.jpg
d0171959_13420566.jpg
d0171959_13442387.jpg
元々化石に詳しい訳ではないので、何の化石かよくわからないが、
再度寺野へ行って同じ場所の石灰岩からフズリナ等のペルム紀化石を
探し出して地質時代を確定する必要があると思った。

そんなわけで、スターワオーズ編も最終回には出来ないなということになってしまったよ。174.png


[PR]
by ugumaru55 | 2018-03-25 14:01 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編14(褶曲した石灰岩)

段々と温かくなってきたので愛媛県の寺野にいったよ。102.png
今回で寺野は最後にしようと決めていた。理由は主に下記3点

①地図に印があった宝島編と違って寺野ということしか分からない
 ペルム紀の地層の場所だろうということは予想できるが広すぎる。105.png
②1955年の論文で北海道大学の方が採取しているが、おそらく
 環境が変わっていると思われる点。昔は田畑で耕作していた段々畑
 状の所がほぼ植林で簡単に行けなくなって、かつ昼間でも暗い場合が多い。137.png
③高知市からは遠く行くのが大変、高知市桑尾なら簡単に行けるが
 さすがに寺野に行くには「よっこらしょ感」がある。145.png

最後にするつもりなので、気の向いた時に行こうと決めていたし、
探す場所はスターワオーズ編3で宝島編の褶曲した石灰岩に酷似
した石灰岩を見つけた所の上流と決めていた。174.png
その場所が寺野の中で一番Bさんフォースがピンときた場所で、かつ
ペルム紀の地層、褶曲した石灰岩もどきも採取されているという理由だった。

本日は快晴だが寒い、しかし桜はもうあちこち咲いていました、
鬼北から城川に入るくらいの所から本当に景色が良くていつも感動します。
この景色もしばらくお別れと思うと名残惜しいです。

現地には11時30分くらいに到着し、谷沿いをミニ登山となった
道が谷側に崩れて道がなくなりかけている所も多く、結構危険135.png

かなり上ったところでついに褶曲した石灰岩を発見した!!!157.png
d0171959_01130461.jpg
やっぱり~。その辺に大小かなり転がっている。但し10メートル四方
くらいの狭い範囲で宝島編の範囲の10分の1もないようだ。

ルンルン気分で拾い集めて谷の水で洗って確認するが化石らしいものが
全く入っていない、そういえば宝島編でもまともに入っていた石は2個
だけだったのを思い出した149.png144.png141.png

ブラシで土を落としながら3時間近く頑張ったが化石と思えるものはなかった。
谷沿いはかなり寒く、冷たい谷川の水で洗うのでさすがにギブアップ。

d0171959_01122056.jpg
お腹も空いたので、あきらめて帰ることにしたよ。残念無念~~~。176.png176.png176.png
結構数はあるんだけどな~。
下の写真は動かせない大岩の周りに小さな分を集めて撮ったものだよ。
d0171959_01134419.jpg
一応もしかすればくらいの分を何個か持ち帰ることにしたよ、期待薄だけどね。

次回スターワオーズ編は最終回にするつもりです。




[PR]
by ugumaru55 | 2018-03-18 01:34 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編13(進撃の巨人?寺野のフズリナ2)

前回までのあらすじ
愛媛県城川町寺野で約60年前に北海道大学が見つけた
ファンギア(多分デュラミナ・ハシモトイ)を探しに行って
偶然見つけたフズリナを紹介しているよ。

前回いくつか紹介したけど同じ石に入っていた面白いものを紹介するよ
d0171959_21032108.jpg
漫画「進撃の巨人」に出てくる城壁の中にある町のミニチュアにように見えませんか。149.png
横の長さ3.5ミリ


d0171959_21070095.jpg
ラグビーボール 横の長さ4ミリ


d0171959_21073969.jpg
化石の周りの石の凸凹部分がエジプトの象形文字みたいな・・・。


d0171959_21120454.jpg
これは小さい約2ミリ 

見た目は城川地質館並みにくっきり写っているでしょう。
小さすぎて肉眼で暗い林の中では見つけにくい。2.7倍のルーペで見ても
細かい部分は分かりにくいが、最近のカメラの威力はすごいものがある。
こんなに形が面白いとは( ^ω^)・・・。フズリナにはまってしまいそうです。
昔はアンモナイトとか大きなものに興味があったが(採取には行っていない)、
デュラミナ・ハシモトイのような小さなサンゴになり、もっと小さな
フズリナにとだんだん微細なものに興味が移っていくのだろうか。
それとも飽きてしまうのだろうか127.png

寺野は遠いし、冬で道路の凍結等があるので春までスターワオーズ編はお休みします。

[PR]
by ugumaru55 | 2017-12-16 21:31 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編12(寺野のフズリナ1)

前回の大きな石灰岩をよく調べたら、フズリナのような部分もあったよ。

その辺りをよく探してみると結構転石があって、フズリナの入った
ものが多数見つかったよ。地質館のホームページにはお隣の板取川
地区で古生代のフズリナが出ると書いていたが、寺野のことは書いてなかったよ。
この辺りはどこでもこんなものは採れるんだろうな~。104.png

持って帰れないので写真はしっかり撮ったよ。
特に風化面が面白かったので紹介します。
d0171959_19100733.jpg
d0171959_19104562.jpg
水に濡らすとガラス細工みたいです(横幅約4mm)
d0171959_19134931.jpg
乾いた状態は、わらじみたいです。
d0171959_19173871.jpg
これは南部鉄器のいぼいぼみたい。
アップにすると面白いですね。つづく

[PR]
by ugumaru55 | 2017-12-13 19:19 | 化石サンゴ | Comments(0)

うぐとの日々。


by ugumaru55
プロフィールを見る
画像一覧