タグ:デュラミナ・ハシモトイ ( 16 ) タグの人気記事

化石サンゴ27(デュラミナ・ハシモトイの縦断面)

久々に四射サンゴ デュラミナ・ハシモトの記事です。101.png

化石と言えばすぐアンモナイト・三葉虫・恐竜を思い浮かべる
方は多くてもサンゴ化石を思い浮かべる方は少ないと思います。
デュラミナ・ハシモトイは産出場所が少ないため知名度もない
サンゴ化石なので、ネット検索しても写真も少ないのですが、
特に縦断面の写真はほぼ皆無なので、今回いい物ではないけれど
アップしてみました。105.png

1個目 厚みのない個体なのでこれで精一杯です。
d0171959_16290533.jpg

右側の拡大
d0171959_16293153.jpg

左側の拡大
d0171959_16304890.jpg

2個目
d0171959_16315369.jpg
右側拡大
d0171959_16320194.jpg
いい場所だけを研磨できるわけではないので、雰囲気
だけでも感じて頂ければと思います。174.png174.png174.png

[PR]
by ugumaru55 | 2018-08-12 16:48 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ26(さざれ石のような黒いデュラミナ・ハシモトイ)

赤いフズリナの場所から下った所にカケス(鳥)の羽が落ちていた。

d0171959_23434308.jpg
ブルーがきれいです。157.png

先日別の場所でヘビも見たし、そろそろ虫類も出てきているので、
今のうちにと谷と鏡川本流の合流点辺りにも行ってみた。
そこで以前きれいな赤い石灰岩を見た事があったからだ。

そこに溜まっている岩の中を見ていると、さざれ石があった。
ここにも流されてきて溜まっているなと思ったが、
なんか引っかかるものがあって再度見直した。
さざれ石とは石灰岩の小石間をつないでいる部分の色がなんか違う。121.png
持って帰って割ったのがこれだが

d0171959_00014438.jpg
d0171959_00184320.jpg
化石サンゴ11(風化したデュラミナ・ハシモトイ)の風化部分を
を見て頂ければ、黄色いように見えると思うが、この石もその黄色
に似ていたのでじっくり見てみるとなんか怪しい。
家で割ってみたら黒いデュラミナ・ハシモトイだったよ。
デュラミナの塊の中からぽろっと取れたかけらを研磨してみたら、

縦断面の裏面
d0171959_00215557.jpg
縦断面
d0171959_00230437.jpg
d0171959_00233237.jpg
横断面
d0171959_00240985.jpg
あるところにはあるものだ。赤くないのが残念なのだが・・・。


[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-14 00:29 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ19(思わぬところにデュラミナが・・・)


化石サンゴ番外編27の赤い石灰岩の場所に行った時、真っ先に見つけた化石があったのだが

ぱっと見は大穴峡の四射サンゴに似ていて、ネタがないときにでも出そうと思っていた。

今寒くて採取活動は休止状態なので、写真を撮るとなんか大穴峡のとは違う感じ、ん~~。131.png


d0171959_21164998.jpg
左が大穴峡、右が今回(石の大きさは長辺20センチくらい)どこに化石があるのって感じ。


d0171959_21194894.jpg
右の石の上部若干オレンジががった白い部分長径10ミリ、実物でもわかりにくい。


d0171959_21260355.jpg

d0171959_21264817.jpg
なんか大穴峡の四射サンゴと違う感じ???
d0171959_21274418.jpg
d0171959_21280981.jpg

中心部の軸構造がクモの巣状で、セプターの感じは、え~~~これってデュラミナ・ハシモトイ113.png149.png103.png172.png
こんな大穴峡の下流でデュラミナ・ハシモトイが見つかるなんて採った本人も信じられん。
実は河原に降りて約5分ぐらい、気になるような石の3個目に見た石に入っていた。
肉眼では化石とは見えないが、なんか気になる石でルーペでじっくり見たら化石が1個見えた。
ルーペで見てもデュラミナとは思わなかったが、写真にしてやっと気が付いた。

Bさんフォースを使いだして、化石にたどり着く時間が非常に短かくなった。越知町の坂折川
のハチノスサンゴも日暮れにすぐ見つかったが、これもあっという間で、川での化石探しが
こんなに簡単になるとは( ^ω^)・・・つづく

[PR]
by ugumaru55 | 2018-01-20 22:00 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ15(日本古生物標本横断データベース)

日本古生物標本横断データベースというものがある。
デュラミナの情報を調べるために以前見た時には
高知県の産地の参考になるものはなかった。

ところが今日久しぶりに検索して Σ( ̄□ ̄|||)
なんと、横倉山自然の森博物館の標本データが
追加されているではないか!!!

平田コレクションに産地もしっかり出てる。
土佐山桑尾、土佐山都網、梼原町越知面
やっぱりこの3箇所しかないのか( ^ω^)・・・。


3箇所にちなんでではないですが出す写真もないので、一応未発表分の玉でも
見てください、先日BAL・土佐山のタイピンをアップしましたが、その元は
こんな感じだと思います。珊瑚構造も見えてそれなりに楽しめます。
d0171959_21203637.jpg


ちなみに、データベースを検索したい方は

http://jpaleodb.org/hierarchy/index.php?Kingdom=Animalia&Phylum=

Cnidaria&Class=Anthozoa&Order=indet&Family=Durhaminidae&Genus=Durhamina

でいけるはずです。



前のと同じ分の別角度写真で

d0171959_21290093.jpg

やっぱり佐藤さんの加工品は美しいですね157.png157.png157.png


[PR]
by ugumaru55 | 2017-10-01 21:34 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ14(BAL・土佐山の商品変更)

今日は久しぶりに化石サンゴこと、四射サンゴ 
デュラミナ・ハシモトイの情報だよ。162.png

化石サンゴが購入できる手段の1つのBAL・土佐山
(以前にも紹介している)の商品がガラッと変わったよ。Σ( ̄□ ̄|||)
d0171959_15564237.jpg
以前と同じなのはシンボルの大きい石だけで、
後は全てタイピン(タイタックタイプ)に変わっていたよ。
d0171959_15580531.jpg
こんな感じ。ピンボケでごめんね_(_^_)_。

d0171959_15582968.jpg
さすがに真っ赤なものはあまりないけど、いい色の物が多い。157.png


現在採集活動してもこのレベルを探すのは厳しいので、
興味がある方はこの際1個買っておいてもいいのかな。
段々と残った装飾品も無くなっていくはずだから、
値段くらいの価値は十分にあると思うよ。174.png174.png174.png

化石の自己採取が趣味の方でも、とりあえずデュラミナ・ハシモトイ
の標本を持っていない人は、化石を安価にキープ出来るラストチャンス
のような気がするんだけどな~。わんわんわん。


[PR]
by ugumaru55 | 2017-09-30 16:15 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ13(未加工の化石2)

今日は真面目で面白くないような学問的なお話だよ。002.gif今後じっくり見たくなるかもしれないので、化石サンゴ4の化石をAさんにお願いして撮り直したよ、少しは構造が見やすくなったかな。
d0171959_13042591.jpg
ブログ化石サンゴはデュラミナ・ハシモトイを正しく紹介するコーナーなので、正しい情報を一度整理してみるよ。
正式にはDurhaminidea科Durhamina hasimotoi 読み方は名前を付けた北海道大学のサイトではダーラミナ、多いのがデュラミナ、ダルハミナ、このどれかで呼ばれているよ。ハシモトイはどこも同じだよ。
このサンゴは3回学名が変わった経緯があるよ、コーウェニア→ファンギア→デュラミナ、最後は北海道大学の教授が名前を付けているよ。
基本的に時代はペルム紀(以前の二畳期がペルム紀に名前が変わったよ)の化石だよ。産地は元々、高知県土佐郡土佐山村桑尾だったけど、合併で高知県高知市土佐山桑尾になっているよ。あれもこれも名前が変わっているので色々と勘違いしてる方が多いし、昔に書いた記事はその時は正解だったけど今は分かりにくい場合があるので古いデータを見る時の参考にしてね。
今のところデュラミナ・ハシモトイは土佐山桑尾産のみで、かつ採取されつくして地層からの直接採取は出来ないよ。
**2017年6月24日追記**
この記事の後で連載した化石サンゴ宝島編の化石サンゴがデュラミナ・ハシモトイにほぼ間違いないことがわかったよ。
産地は土佐山桑尾とは全くの別産地だよ。
**2018年6月5日追記**
化石サンゴスターワオーズ編で愛媛県でも見つかったよ。

**ここからは元々書いた記事だよ**
おまけで書くけど、デュラミナ属は他にDurhamina suzukensis(三重県鈴鹿山麓系)、Durhamina kitakamiensis(岩手県大船渡市日頃市町坂本沢、宮城県気仙沼市上八瀬)、Durhamina sp(岐阜県大垣市)これは北海道大学のデータ分、Durhamina (岐阜県大垣市赤坂町金生山)小さな化石の標本室分があるはずだよ。デュラミナ科の珊瑚もいくつかあるみたいだよ。ここはハシモトイのコーナーだからこのおまけは各自で確認してね。

053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
ここからが次回以降のお知らせだよ。
デュラミナ・ハシモトイらしき化石の別産地(土佐山近辺じゃないよ)
での採取記を小出しに連載予定で~す。
ちょっと大きく出るけど、日本中のデュラミナファン必見の連載だよ。
053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif楽しみにしてね~053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif



[PR]
by ugumaru55 | 2017-03-12 15:12 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ11(風化したデュラミナ・ハシモトイ)

久しぶりに土佐山桑尾の山サンゴことデュラミナ・ハシモトイ(四射サンゴ類)
の新着情報で~す。

デュラミナ・ハシモトイ探しに産地直下の川に簡単に行けるのは
今の時期(1月から3月)しかないので、久々にいってみたよ。
なんで今の時期かは最後の方に詳細を書いているよ。
その成果がこれ053.gif053.gif053.gif
d0171959_20284007.jpg
d0171959_20291584.jpg
風化して茶色く変色してるけど割れた面をちょっとだけ研磨すると
黒いデュラミナ・ハシモトイだったよ。化石サンゴ10の黒いものより
わかりやすいかな。
d0171959_20373353.jpg
これが風化面
d0171959_20404829.jpg
d0171959_20375011.jpg
風化面の方がサンゴ化石とわかりやすいですね

今の時期が産地直下に行きやすいのは、
川が枯れていて川沿いに上りやすい。
雑草がないので古い道から小さな橋をわたっても行きやすい。
蛇が出ないし蜘蛛の巣もないので気楽に行ける。
夏場なら対岸から川の中を水に浸かりながら渡って本流との
合流点へ行かないと、冬に行ける道は夏場は雑草で行く気が起きない。
こんな理由です。

風化面を見ていると、ここが地上に露出していたんだろうなと想像されます。
昔は誰でも採取に行けたと聞いていますので、こんなのが層になって続いて
いたんでしょうね。
今ではこんなに小さくて黒いものでさえ採取にはかなりの時間と根気が必要です。
採りつくされたものを探すのってホントに大変です。わんわんわん042.gif042.gif042.gif


[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-23 21:08 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ10(黒い化石サンゴ)

化石サンゴもとうとう10回になったよ053.gif
四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイ 土佐山化石珊瑚 土佐山桑尾の山珊瑚 ハシモトサンゴ
などの名前で検索して頂いているようです。
当初は化石珊瑚の紹介で書いてみるつもりが、まさか採集にまでトライして10回になるとは・・・・

今日は親切な読者が黒いデュラミナ・ハシモトイがある事を教えて下さったので、
今回の記事になったよ056.gif056.gif

先日化石サンゴ8と9で紹介した石は、割った石の一部だったけど、
大きい方の裏側をルーペで見ていたら  ななな なーんと!!!(@_@;)
d0171959_21264646.jpg
写真では分かりにくいかな。


やった~。真ん中あたりに黒っぽく見える部分が黒い化石サンゴだったよ003.gif003.gif007.gif007.gif

なんか石全体が黒い化石サンゴみたいな感じ・・・
これが全部赤だったら良かったのにと嬉しいような、悲しいような 複雑な気分だけど
単純にうれしいな058.gif058.gif058.gif
今後土佐山の川で黒っぽい石灰岩を見つけたら、全部ルーペで見たくなりそうで怖い

情報を教えてくれた読者の「化石サンゴ」さん どうもありがとうございました わんわんわん わお~ん

[PR]
by ugumaru55 | 2016-10-31 21:41 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ9(白いデュラミナ・ハシモトイ)

コメントに、白い化石サンゴ(四射サンゴ、デュラミナ・ハシモトイ)
の話題があったんで、化石サンゴ8の石の裏面を研磨してみたよ006.gif

研磨している部分で白や透明に見えるところが化石サンゴだよ056.gif


d0171959_20173418.jpg
右の方の白い部分の中くらいのところがちょっとだけ薄いオレンジ色なのがわかるかなー002.gif

もっと深く研磨すればオレンジ色がくっきりすると思うけど、
白い部分が削れてなくなっちゃうからこれぐらいにしたよ027.gif

黒い色の化石サンゴもあるらしいけど、想像がつかないな~  わんわんわん058.gif058.gif058.gif



[PR]
by ugumaru55 | 2016-10-16 20:30 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ8(デュラミナ・ハシモトイの採集品)

ひさしぶりに四射サンゴ、デュラミナ・ハシモトイ(化石珊瑚、土佐山の山サンゴ)の記事だよ003.gif
いつも散歩に行く大穴峡のもうちょっと上流の化石サンゴの産地の下の谷で見つけたあやしい石を
家に持って帰って割ってみたら、ちょっとそれらしいものが出てきたよ056.gif
ルーペで見たらデュラミナ・ハシモトイみたいだったんで研磨してみたよ059.gif

やったー!!!
やっと川で本物にめぐりあえたよ。003.gif003.gif003.gif

色もあんまり赤くないし、お父さんのお友達のみたいな形のいいものじゃないけど
一応本物の土佐山の山サンゴだったよ。
d0171959_22170471.jpg
ピンクの部分の長さは約2㎝だよ。

下側の部分が歯のような石と同化してるみたいで面白いよ。

もっと赤くて形のいいのが見つけられないかなー わんわんわん053.gif053.gif053.gif

[PR]
by ugumaru55 | 2016-10-12 22:34 | 化石サンゴ | Comments(2)

うぐとの日々。


by ugumaru55
プロフィールを見る
画像一覧