<   2018年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ニコン双眼鏡アキュロンT11を修理することになったのだが、
本編は視野の中心部分だけがちゃんと見えればいいという
非常に特殊な使い方を想定した私の価値観だけでやっているので、
いい子は絶対真似しないでね102.png やってみる人は自己責任でね。

修理の参考になったのは、【星を見る道具の工房】主に理論と技術面と
【賞月観星 双眼鏡品質の完全攻略】ズレ幅を簡易に見つける方法の参考
という2つの記事146.png

光軸というものがずれているというのは20年くらい前に買った安い双眼鏡
で経験していたのですぐに見当がついたけど、どうしてそうなっているのか
何が原因なのか分からず、低倍率では普通に見えたのでズーム機構の高倍率
側で不具合が生じているのかなと思っていた。

先に読んだのが【星を見る道具の工房】だったので、平行器という道具が
あればズレの判定が確実にできることが分かったが、値段も高く、自作方法
も解説されていたが、コスト的に双眼鏡の買い替えが安い。これはお手上げだ。134.png

他のネット記事を探していたら【賞月観星 双眼鏡品質の完全攻略】の
内視法というのがあったので試してみると、( ゚Д゚)これは使えるぞ~103.png
縦方向のズレが一発で確認できる。電柱の番号で確認した感覚と一致する。
内視法を使う前は双眼鏡の左右どちらの筒がいけないのか分からなかったが、
倒れこみ角度が多すぎる左が原因とすぐに手に取るように分かる。
しかも8倍でも光軸がおかしいと簡単に判断できる。賞月観星恐るべし。
ということはプリズムで調整できる可能性が高い。

そこでいよいよ分解することに。アキュロンT11の分解記事はないので、
ここは観察と感と思い切りで行くしかない。166.png
まずは写真中央部分の2個のねじ、外からはここしか見えてないのでまず。
d0171959_19563278.jpg
これだけでは空かないので、NIKONと書いたプレートの下にねじがあるはず。
勿体ないけど、転売するつもりはないので強気で小さなマイナスドライバーで
ベリベリっとはがしてその下から現れたねじ4本をはずす。
d0171959_19250899.jpg
倍率を調整するノブに干渉しないように接眼レンズ側を持ち上げて接眼レンズ
側に引っ張るとカバーが外れる。
d0171959_19260563.jpg
ここまでやって構造を見た感じでは、たぶんプリズムの調整ねじがグレーの
カバーの下にあるとしか思えない。カバーをゆっくり倍率を調整するノブの
側から持ち上げる、なんと両面テープでくっついている(・.・;)・・・。
149.pngちゃっちい、思わず声を上げてしまった。149.png
d0171959_19273164.jpg
思った通りカバーの下にプリズムを調整するイモネジが2個あった
ここは【星を見る道具の工房】が非常に役立った<(_ _)>。
このねじは6角棒レンチが必要だが小さすぎて手持ちでははまりそうにない。
ホームセンターに行くことになった。正確なサイズが不明なので感で
ミリサイズの精密7本組セットを購入、結果は1.27ミリサイズでした。
d0171959_19571053.jpg

d0171959_19405638.jpg
写真のねじ穴が上下調整、もう一方が左右調整だったよ。
内視法を使って上下調整はあっさり終了。
左右は分かりにくいので何回も左右に調整して一番しっくり
くるところでなんとかOK.
後は逆の手順で組み上げるだけだよ。ちょっと注意点は
グレーのカバーをはめるときは、倍率を調整するノブを
24倍側にしてないとカバーが真鍮の金物に干渉して閉まらないよ。

何とかめでたく中心付近はしっかりピントが合うようになりました。
プリズムを動かしたことで若干ピント合わせにコツがいるけど、
実用上は問題ないのでこれ以上追求しないことにしました。
感じではピント調整レンズか対物レンズが曲がっているような
気がするのだが( ^ω^)・・・。

参考にさせて頂きました ご両人にはこの場をお借りして
感謝申し上げます。本当にありがとうございました。103.png
















[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-30 19:52 | 双眼鏡 | Comments(0)
コフキサルノコシカケやカワラタケを採取するときに、古い10倍×25ミリの
双眼鏡を使用していたが、もう少し明るくて倍率の高いものが欲しくなった。

山中でキノコを発見しても、そこに行ってみるとキノコが古くて使えない
こともよくあるため、双眼鏡で事前に確認するためだ。
山中では直線距離が100メートルでも、その間に谷があったり、高低差で
40メートルくらいあったりすることはよくあることで、谷を回り込んだり、
険しい坂を登ったり下ったりすると結構体力を消耗する。
深山幽谷で少しでも体力を温存するために、出来るだけ遠くでキノコの
良否を見分けるための手段と言う訳だ。125.png

私が山中で必要な条件は、
①軽いこと・・・水分等を多く持っていたいので。
②明るいこと・・・暗い森の中の場合もあるので。
③倍率が高いこと・・・なるべく遠くから確認し体力温存。
④見た目の中心付近だけでいいので解像度が高いこと・・・
視界は狭くても構わない、双眼鏡で探すということはなく、
確認する為に10秒程度見るだけなので、周辺視界が少々
歪んでいても中心が鮮明なことが肝心。

そこで購入したのがニコン アキュロンT11という8~24倍に
ズームできる双眼鏡、本来ズーム機は壊れやすく、視界が狭く、
暗い場合が多く今まで敬遠してきたのだが、価格コム等の評価
がいいので騙されたつもりでヤフオクで落札したのだが・・・。

まず8倍で見てみると、思った以上に明るくさすがニコンという感じ。
次に24倍にすると・・・(◎_◎;)、目が点じゃなくて視界がダブって
見える149.png149.png149.png 、まるでパセドウ眼症の複視状態。
いくらブログでパセドウ眼症を書いているからってあんまりだ!!!
遠くの電柱の番号で確認すると上下にかなりと左右にも少しずれている。

同日に珍しく同じ機種が3人から出品されており、評価も多くて
悪い評価の少ないものを選んだのだが、結果的には残念なことに。
8~12倍くらいは問題ないようなので、24倍付近は単眼鏡として使う
つもりだった。

本来双眼鏡の修理は素人がやるものではないというのが通説なので、
修理するつもりではなかったのだが、インターネット検索すると
それなりに鋭い方々が( ^ω^)・・・。
どう見てもプロか双眼鏡愛好者のセミプロクラスが書いている。
どうしようかな~。つづく


どうしようかという間に既にバラバラに・・・。
d0171959_15014225.jpg



[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-30 15:03 | 双眼鏡 | Comments(0)

花がいっぱい

   昨年の今頃も花の記事をアップしました178.png
   今年もたくさんの花が咲きました110.png
d0171959_13272370.jpg
             キンギョソウ
d0171959_13275851.jpg
             ペチュニア
d0171959_13290560.jpg
             マーガレット


d0171959_13295177.jpg
             キンセンカ
             
d0171959_13302694.jpg
             ラベンダー


d0171959_13312507.jpg
             バーベナ
             
d0171959_13321910.jpg
             またまたキンギョソウ

d0171959_13330467.jpg
             そして・・・

             うぐ丸162.png162.png162.png



[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-27 13:34 | 日々。 | Comments(6)
スターワオーズ編15で最終回に出来なくなって再度寺野へいったよ。103.png
前回は寒くてよく見ていなかった石を再度見直したら・・・。

d0171959_22020974.jpg
真ん中あたりの白い部分を拡大すると
d0171959_22023656.jpg
サンゴ化石だがお目当手のデュラミナ・ハシモトイとは違う感じ。
隔壁の間隔が狭いように見える。121.png
d0171959_22163053.jpg
周りの岩を割っているとこんなものも出て来たよ、ウニの棘?ウミユリかな~。147.png
サンゴ化石の詳細は、今研磨中なのでもう少し待ってね。105.png

ところで今回寺野へ来る原因の化石はペルム紀ということが確定した。
d0171959_22254605.jpg
前回気付かなかったが、サンゴ化石の面(この写真では左右は真ん中の上端)
小さな白い部分になんとフズリナがある。

d0171959_22260561.jpg
拡大すると例によってぐるぐるが見えたよ。
フズリナはペルム紀の示準化石なので、年代確定出来たよ。102.png
最初からよく見ていれば寺野へ行く必要がなかったのだが、
再度行ったことでサンゴ化石も見つかったので、まあいいか~。つづく

[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-24 22:42 | 化石サンゴ | Comments(0)
今回は化石サンゴ番外編30回記念で綺麗な写真を載せちゃうよ。

先日、庭で思わぬ発見をしたよ。101.png

15年以上前に大穴峡で採って来た石なのだが、和柄っぽいので
小さな和庭の寄せ植えの土止にしていたが、原付バイクの駐車場
が必要になって寄せ植えをどけたので長らく庭の隅に転がっていた。

d0171959_19362706.jpg
先日赤いフズリナのことを書いたせいか、突然この石のことを思い出した。177.png
当初小さなきれいな砂粒がいっぱい入っていると思っていたが、あれって
フズリナじゃなかったのかな?ルーペでよーく見てみると。113.png
d0171959_19430263.jpg
全てがフズリナで出来ていて、いろんな色のフズリナが
まるで「5色のフズリナ」!!!(◎_◎;)

このころは化石も持っていなかったし、フズリナは知っていたが
基本的に灰色というイメージが強くこの石のフズリナが小さい
ので、てっきりカラフルな砂粒ぐらいに思っていた。
まるでBさんが赤いウミユリを踏み石にしていたみたいだ。153.png

d0171959_19535098.jpg
        上写真の拡大
d0171959_19553324.jpg
この部分なんかはまるで秋の紅葉狩りのような華やかさ。113.png113.png113.png
川の中に落ちたもみじのようにも見える。
透明の水ようかんに着色したアンを小さく丸めて入れたらこんな感じに
なりそうだ、和菓子屋さんが秋用の菓子のネタにしそうな感じ。


d0171959_20020827.jpg
これなんか、赤い皮に黒いあんこ、黒い皮に白いあんこ、
黒い皮に赤いあんこの大福みたいでしょう。
絵画としてもいけるかも。抽象画家も真似しちゃだめだよ。
d0171959_20061933.jpg
黒白赤の3段大福もあって結構楽しめます。

d0171959_20100442.jpg
真ん中の黄色いのは構造がちょっと見えてるよ。

以前フズリナはつまらんと思っていたが、増々はまってしまいそうです。

174.png174.png174.pngミネラルショーなんかできれいな色の鉱石なんかを集めている人も
      化石をもっと見直してね~。わんわんわんわんわん174.png174.png174.png

[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-19 20:19 | 化石サンゴ | Comments(4)
赤いフズリナの場所から下った所にカケス(鳥)の羽が落ちていた。

d0171959_23434308.jpg
ブルーがきれいです。157.png

先日別の場所でヘビも見たし、そろそろ虫類も出てきているので、
今のうちにと谷と鏡川本流の合流点辺りにも行ってみた。
そこで以前きれいな赤い石灰岩を見た事があったからだ。

そこに溜まっている岩の中を見ていると、さざれ石があった。
ここにも流されてきて溜まっているなと思ったが、
なんか引っかかるものがあって再度見直した。
さざれ石とは石灰岩の小石間をつないでいる部分の色がなんか違う。121.png
持って帰って割ったのがこれだが

d0171959_00014438.jpg
d0171959_00184320.jpg
化石サンゴ11(風化したデュラミナ・ハシモトイ)の風化部分を
を見て頂ければ、黄色いように見えると思うが、この石もその黄色
に似ていたのでじっくり見てみるとなんか怪しい。
家で割ってみたら黒いデュラミナ・ハシモトイだったよ。
デュラミナの塊の中からぽろっと取れたかけらを研磨してみたら、

縦断面の裏面
d0171959_00215557.jpg
縦断面
d0171959_00230437.jpg
d0171959_00233237.jpg
横断面
d0171959_00240985.jpg
あるところにはあるものだ。赤くないのが残念なのだが・・・。


[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-14 00:29 | 化石サンゴ | Comments(2)
前回の続きで土佐山都網の谷川に行ってるよ101.png

赤い石灰岩やさざれ石が結構目につく場所だったのだが、
そんな中に1個だけフズリナが入った石灰岩が( ^ω^)・・・

真っ赤なというか、デュラミナ・ハシモトイの暗赤色そのもの、
例えれば、土佐沖の海で取れる血赤サンゴの最高級品は暗い赤だが、
それをもう1段暗くしたような色です。茶色の濃い色とは全く違います。!!
d0171959_22323119.jpg
上の写真で赤い部分の右半分、フズリナが黄色い部分は川で水に削られた面、左は研磨面。
普通のフズリナ石灰岩と違ってフズリナの部分は薄い層状に入っているように見える。


d0171959_22351034.jpg
赤い部分は、ほんの薄い面状。


d0171959_22394619.jpg
研磨面の拡大。普通フズリナの周りが赤いのだが、中まで真っ赤なのが分かるかな。
この赤い実物をお見せできないのが残念、微妙な色で写真では伝わらない~。


d0171959_22400444.jpg
真っ赤な部分の周りはこんな感じで段々白くなっていくよ。

この赤いフズリナはデュラミナ・ハシモトイとはまた違った美しさがある。
もっといっぱいあればいいのだが、ほんのひとかけらだけで残念だけど、
今後又探す楽しみができたかも。102.png

174.png 今年はもうヘビに2回も遭遇したので、次の冬のお楽しみです。174.png

このフズリナの後で、またまたいいものを見つけたのだが、
解析や研磨に時間がかかりそうなので、ネタが切れたころに書こうかな109.png




[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-09 23:04 | 化石サンゴ | Comments(0)
化石サンゴの消滅産地(桑尾)に行った時に、産地直下の川を
上流へ行ってみることにしたよ。
ここは桑尾地区ではなく都網地区になっているよ。

川は冬時期はほとんど流れていない、結構大きい岩がゴロゴロしているよ。
しかもずーと見上げるような石灰岩でできた崖が川の横に切り立っている。
d0171959_21222712.jpg

「原色化石図鑑」に「この地域の石灰岩は地が暗赤色をしており・・・」
というくだりがあり、以前に赤い石灰岩を紹介したが、産地直下の川が
鏡川に合流する所から鏡川上流では赤い石灰岩はあまり見かけないので、
当初はデュラミナ・ハシモトイの産地から出た石と考えていた。

ところが産地上流でも石灰岩の絶壁が崩れて、いくらでも石灰岩が川に
供給されることが判明した。上記写真の崖地のもっと上流にあった
ラグビーボールくらいの岩の中に結構赤い石灰岩が( ^ω^)。

d0171959_21485521.jpg
こんな大岩の中にも
d0171959_21532225.jpg
d0171959_21542613.jpg
d0171959_21550748.jpg
d0171959_21554177.jpg
こんな感じでいっぱい入っている。

しかも以前に紹介した「さざれ石」もいっぱい転がっている。
d0171959_22012170.jpg
d0171959_22014789.jpg
赤い石灰岩や、さざれ石の故郷はこの辺りだったのかと納得した1日でした。
この後でまた別の発見もあるのだが、それはまた次回にね。わんわんわん。



[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-06 22:08 | 化石サンゴ | Comments(0)

ずーーーーーっと親友

     昨日の午後3時に高知を出発して
     お隣の愛媛県の友達に会いに
     行ってきた110.png

     地元にいる共通の友達と
    「○○さんに会ったのは一昨年になるね。
     又みんなで会いたいね。」と話していると
    「いつもこっちに来てもらうばかりも申し訳ないから
     たまには私たちが愛媛に行く?」と

     私よりも4歳若く、行動力のある友達が言ってくれた。

     問題は、お互いの親が病気にならないこと
     特に私はウグの事も気になるし・・・

     親もウグも元気なら行ける(^^)v

     そう言って話が煮詰まり
     いざ愛媛県へ→

     3時に出発して
     愛媛の松山市に着いたのが5時半
     3年ぶりに会う友達は
     いつもの優しい笑顔で迎えてくれた。
     大きな声で話しても他のお客様に迷惑にならないを条件に
     友達が予約してくれていたお店は
     7年前に私たちが松山に行った時と同じお店で
     全部が個室になっている素敵なお店177.png

     お店に入った途端に7年前に来たことが
     2~3年前の事のように思えてきた。

     松山の友達はお酒を飲まないので
     私と若い友達だけが
     ガンガン飲み干し、気がつくと生ビールのジョッキが5杯と
     レモンサワーのジョッキが2杯(≧∇≦)
     それだけ飲んでも私たちは顔すら赤くならない(;^_^A
     土佐(高知)の女は酒飲みだと言われるはずだ111.png

     美味しい料理に舌鼓を打ちながら
     4時間ほどいただろうか
     
     思い起こせば、彼女らと初めて会ったのは
     26年ほど前に
     それぞれが違う職種の夫の転勤先で
     子供の同級生という事で知り合った。

     私の友達は皆、「男前女子」
     曲がったことが嫌い・表裏のない真っ向勝負型・人情にもろく細かな気遣いができる
     きっぷがいい・・・

     まさにこの2人はそのものズバリの友達
     昔は毎日のように会えていたのが
     今は何年に1回しか会えない距離に住んでいる
     62歳になる彼女は、英語の家庭教師をしているが
     その仕事ぶりに頭が下がる
     全身全霊で生徒に向かう彼女の姿を
     離れた場所ながらずっと見てきた私は
     彼女の一所懸命な姿勢を手本に
     「私もそうならなきゃなあ」といつも思っている
     久しぶりに会った彼女は
     歳をとったというけれど
     全然変わらないパワフルな彼女だった110.png

     めったに会わなくても
     ずっとずっと変わらない親友で居てくれてありがとう110.png

     そして、若い友達が行こうと言ってくれなかったら
     実現しなかった今回の小旅行
     連れて行ってくれてありがとう110.png

     一泊して午後1時には帰宅
     家を空けていた時間は22時間という
     あっという間の楽しい時間だった174.png174.png174.png

d0171959_20282384.jpg
      留守中、お利口にしていたウグ
      何事もなく無事で何より162.png162.png162.png

   

[PR]
by ugumaru55 | 2018-04-04 20:31 | 日々。 | Comments(2)

うぐとの日々。


by ugumaru55