go go ugumaru!!

<   2018年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

今日の散歩

   桜もすっかり散ってしまって
   葉桜になっているところが多く
   「もう、散ってしまったのかあ137.png」と
   思っていたら・・・

d0171959_21592831.jpg
  まだ満開の所がありました171.png171.png171.png

  山に囲まれた寒い場所では
  今が見頃の桜が179.png179.png179.png

d0171959_22010868.jpg
   ひんやり肌寒いくらいの所なので
   ウグにとってはちょうどいい温度174.png

   
d0171959_22022975.jpg
   管理している人の手入れが良いのか???
   花の付きが良くて
   「東京の桜みたいに、花がいっぱいやね(*_*)」と
   ゆっくり花見をさせてもらいました110.png110.png110.png

[PR]

カワラタケを採って来たよ

今日はカワラタケの採集と保存の注意点をちょっとだけ。

カワラタケはこんな感じで木に付いているのだが・・・。113.png
d0171959_19544177.jpg

d0171959_19542241.jpg
カワラタケの大好きな虫(甲虫)がよくくっついてカワラタケを食べているよ。147.png
カワラタケが古くなるとこの虫も食べに来ていないので、厄介な虫だけど
カワラタケが新鮮かどうかの判断材料になるよ。127.png
d0171959_19564469.jpg

2ミリくらいの赤く見える虫で、ガンにも効果のあるカワラタケばかり食べているせいか
食欲旺盛で、いると知らずに採って来たカワラタケをそのままにしているとボロボロになる
まで食べられてしまうよ。それで最初にレンジでチンするのだが、乾いた状態でチンすると
生きていることもあるので、洗浄と虫落としに水洗いしてからチンすると蒸気で蒸される
せいか完全に死滅するよ。採取するときもかなり念入りに虫がいないかチェックはしている
のだが、うまく重なった傘の下などに隠れている場合もあるので、レンジ作業は必須だよ。
d0171959_20053311.jpg
これは先日も紹介したウチワタケ、遠くから見ると一瞬カワラタケかと喜んで近くでがっかりする
こともあるよ。これにはガンへの効果はないらしい。153.png
d0171959_20080731.jpg
これは天気が悪くてすぐに乾燥させられない時の裏技。布団乾燥機とビニール袋を使って
干網に強制的に温風を吹き込んで乾かしています。
唯一の難点は、お部屋にきのこの匂いが充満してしまいます。149.png
d0171959_20131194.jpg
これはスーツケースを使った本来はコフキサルノコシカケを乾かす時の使い方。
大きいコフキサルノコシカケは以前に紹介したことがあるけど60~70㎝くらいあるので、
レンジや干網に入らないし、カワラタケとは別の虫の幼虫が入っていることも多いので
何日もこれで乾燥させることがあるよ。これもお部屋が~・・・( ^ω^)

[PR]

今日の散歩

 日曜日は天気も良かったので
 午前中のうちに散歩に行きました110.png
d0171959_18265946.jpg
陽光桜という
濃いピンクの桜を見に・・・

d0171959_18283733.jpg
d0171959_18285466.jpg
d0171959_18291457.jpg
汗ばむくらいの温かさ105.png
ウグもゼハゼハ
d0171959_18311068.jpg
171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png

[PR]

化石サンゴスターワオーズ編15(ついに四射サンゴ化石が・・・)

今回がスターワオーズ編の最終回の予定だったけど
ちょっと伸びることになったよ。147.png

実は前回のお話で、帰り支度をして帰ろうとした時、目の前の斜面に2個の石灰岩を見つけたよ。
これで寺野は最後と思っていたので、最後にこれでも見ていくかと寒い中で採取し、洗ってみた。

それがこの石
d0171959_13183423.jpg


一番手前の黒い部分を濡らしてみると・・・。
d0171959_13211293.jpg
2個が連なっているように見える、サイズは下の写真を参照してね
d0171959_13223356.jpg
見た瞬間デュラミナではない四射サンゴと思ったのだが、
暗いし寒いしでじっくり見る余裕もなく、最終回のいい土産ができたぐらいに考えていた。

帰って見た感じで何となくクサリサンゴのシコクエンシスに似てるような形。
シルル紀の石灰岩は例の県条例か何かの岩石規制で採取禁止じゃないか~141.png
ここはペルム紀の地層、すぐ近くでフズリナも採取しているので、
間違いないはずだ、地質図ナビもペルム紀になっているのを再確認したので
まさかここにシルル紀の地層があるはずがないのだが。
d0171959_13401849.jpg
d0171959_13420566.jpg
d0171959_13442387.jpg
元々化石に詳しい訳ではないので、何の化石かよくわからないが、
再度寺野へ行って同じ場所の石灰岩からフズリナ等のペルム紀化石を
探し出して地質時代を確定する必要があると思った。

そんなわけで、スターワオーズ編も最終回には出来ないなということになってしまったよ。174.png


[PR]

今年も🌸を見たよ(^^)v

昨年の4月10日に
住んでる団地の桜を見に行った時
「来年も見に来るよ」と
ブログに書きました171.png

ここ数年のうちに
色々と病気が出てきたウグが
1年後に生きているかどうか・・・
そんな不安が付きまとって

朝、元気に起きてくれることに感謝
ご飯をたくさん食べてくれることに感謝
ウンチをしてくれることに感謝
吠えているいる姿を見て感謝

今年も無事、誕生日を迎えれたこと
そして、今年も一緒に桜を見れたこと
神さま、もっともっと永く一緒に居させてくださいと
願うばかりです162.png

d0171959_20184025.jpg
d0171959_20190464.jpg
強風に吹かれ
顔が変に写っているけど
本当は可愛いんですけどーー(;^_^A

d0171959_20204449.jpg
今年は開花が全国一171.png171.png171.png早かった高知
ついこの間までツボミだったのに
一気に咲きました110.png110.png110.png

d0171959_20224467.jpg
夕方に撮ったので
影が写って綺麗に写っていませんが
週末は満開じゃないかなあ124.png

「来年も、一緒に桜を見に来るよ(^^)v」

[PR]

化石サンゴスターワオーズ編14(褶曲した石灰岩)

段々と温かくなってきたので愛媛県の寺野にいったよ。102.png
今回で寺野は最後にしようと決めていた。理由は主に下記3点

①地図に印があった宝島編と違って寺野ということしか分からない
 ペルム紀の地層の場所だろうということは予想できるが広すぎる。105.png
②1955年の論文で北海道大学の方が採取しているが、おそらく
 環境が変わっていると思われる点。昔は田畑で耕作していた段々畑
 状の所がほぼ植林で簡単に行けなくなって、かつ昼間でも暗い場合が多い。137.png
③高知市からは遠く行くのが大変、高知市桑尾なら簡単に行けるが
 さすがに寺野に行くには「よっこらしょ感」がある。145.png

最後にするつもりなので、気の向いた時に行こうと決めていたし、
探す場所はスターワオーズ編3で宝島編の褶曲した石灰岩に酷似
した石灰岩を見つけた所の上流と決めていた。174.png
その場所が寺野の中で一番Bさんフォースがピンときた場所で、かつ
ペルム紀の地層、褶曲した石灰岩もどきも採取されているという理由だった。

本日は快晴だが寒い、しかし桜はもうあちこち咲いていました、
鬼北から城川に入るくらいの所から本当に景色が良くていつも感動します。
この景色もしばらくお別れと思うと名残惜しいです。

現地には11時30分くらいに到着し、谷沿いをミニ登山となった
道が谷側に崩れて道がなくなりかけている所も多く、結構危険135.png

かなり上ったところでついに褶曲した石灰岩を発見した!!!157.png
d0171959_01130461.jpg
やっぱり~。その辺に大小かなり転がっている。但し10メートル四方
くらいの狭い範囲で宝島編の範囲の10分の1もないようだ。

ルンルン気分で拾い集めて谷の水で洗って確認するが化石らしいものが
全く入っていない、そういえば宝島編でもまともに入っていた石は2個
だけだったのを思い出した149.png144.png141.png

ブラシで土を落としながら3時間近く頑張ったが化石と思えるものはなかった。
谷沿いはかなり寒く、冷たい谷川の水で洗うのでさすがにギブアップ。

d0171959_01122056.jpg
お腹も空いたので、あきらめて帰ることにしたよ。残念無念~~~。176.png176.png176.png
結構数はあるんだけどな~。
下の写真は動かせない大岩の周りに小さな分を集めて撮ったものだよ。
d0171959_01134419.jpg
一応もしかすればくらいの分を何個か持ち帰ることにしたよ、期待薄だけどね。

次回スターワオーズ編は最終回にするつもりです。




[PR]

化石サンゴ25(桑尾産地5)

地主さんに許可を頂いて産地に行っているよ。109.png

鍾乳洞を出た所にもこんな凸凹もあったよ。
d0171959_23085033.jpg
こんなのを採石の為に砕いたら前回のようなかけらができるのかな~。

産地を後にして、産地直下の谷からちょっと上(5~10メートルくらい)
に登ってみたよ。そこは多分上にある産地で砕いた石が落ちてきたのか
石がゴロゴロしていて、その上に苔がびっしり生えていたよ。
d0171959_23243340.jpg
傾斜30度ぐらいの場所で下から産地を見るように撮影した写真だが、
見渡す限り人間の頭ぐらいの大きさの石が山積み状態です。150.png


d0171959_23281648.jpg
中にはこんな大きな物も、四射サンゴの塊みたいに見えるけど
もちろん化石は入っていないよ。左の方に削岩機で空けたと
思われる穴の跡が縦に入っているよ。

ここから川下で拾ったデュラミナ・ハシモトイの石が落ちてくるんだろうな~。
見た感じではよっぽど川岸が削られるような大水でも出ない限り
この石が落ちてくることはなさそうに見える。
川の大きさから考えてよほどの集中豪雨でもない限りありえないだろう。

結論としては産地は消滅している。残念~~~。141.png142.png145.png149.png



[PR]

今日の散歩 日曜日

    日曜日は、昔よく行っていた鉄塔のある山に・・・

d0171959_23523980.jpg
    ここからの眺めは
    海まで見える絶景110.png110.png110.png

    10年位前までは
    度々行ってたのですが
    イノシシの親子を見かけたり
    大嫌いなヘビによく遭遇したり・・・

    この10年くらいは
    全く行ってませんでした(;^_^A

    でも、カワラタケを探しに
    あちこち山を散策している夫が
    「鉄塔の所まで車で行けるようになってるから」と
    道がきれいになって車で行けるというので
    10年ぶりに行ってみることに・・・

d0171959_00001695.jpg
    リードの先に、長ーーーい登山用ロープを繋ぎ
    放してもらってる気分のウグ111.png

    昔は猛スピードで走っていたのに
    今はノロノロノロ119.png

    長いロープで繋がなくても
    居なくなる気配ゼロ

d0171959_00041279.jpg
    昨日、夫が採ってきた
    野生のシイタケ109.png
    まだ残してたみたいです124.png

    
    

[PR]

今日の散歩 土曜日

   土曜日は、久しぶりに美術館のある公園に・・・

d0171959_23444947.jpg
   「トイプードル会?」と思うくらい
   色々な色のトイプードルが集まって
   楽しそうに遊んでいました110.png

   でも、「僕には関係ないしー118.png」とばかり
   全く気にもしないで
   マイペース散歩のウグ

d0171959_23474072.jpg
    いろんなワンコの匂いを嗅いで・・・

d0171959_23482199.jpg
    ぼちぼち歩く

d0171959_23492760.jpg
    私の好きな
    青空もパチリ174.png

[PR]

Bさんフォースでカワラタケ・・あれれシイタケを採って来たよ

ここの所カワラタケ探しをしているけど、以前と違って
Bさんフォースで簡単にカワラタケに遭遇できるので思った以上に採取できてるよ101.png

先週カワラタケを採りに行くと・・・。あれれこれはひょっとして
d0171959_23370149.jpg
野生のシイタケ157.png
あまり遭遇することはないが(私だけ?)たまには出くわすよ。
一緒に生えているのはカワラタケに似てるけどウチワタケ
うちわのように薄くて硬く色がカワラタケより赤色系に見えるので見分けられるよ。

シイタケは採って帰って天ぷらで食べたけど、さすが野生は肉厚でおいしかったよ。



今日もカワラタケを探しに行ったら、なんかもっと山奥に行きたくなって
しんどい坂を30分ぐらい登ったけどカワラタケはなかったよ。

なんとかカワラタケがないかな~と探していたらまたまたシイタケが(◎_◎;)
しかもたくさん生えている。

大きくなりすぎて傘が開きすぎてるのを残して食べられそうなのを採って来たよ。
d0171959_23551867.jpg
小さな木に栽培用の菌床を打ち込んだぐらい生えてたよ。
野生のシイタケがこんなに生えているのは初めて見たよ。

近所にはシイタケを栽培している所はないのに、風に乗ってここまで
菌糸が飛んできたのだろう、以前にかなり山奥で人里離れた場所でも
野生のシイタケを採ったことがあったが、菌類の飛散力はすごいなと
感心する。150.png
今日も一部を天ぷらにしたが、明日は残りを干しシイタケにしなくっちゃ。
天日に干すとビタミンDが増えるし、うまみ成分も増すそうだ。174.png174.png174.png



[PR]