鹿の子石・色彩石編4(鹿の子石ということにしよう)

鹿の子石・色彩石編を始めるにあたって、本来は錦石系の
カラフルか玉髄を探そうと思っていた。
以前にそんな石を仁淀川で見た事があったからだ。

d0171959_22450775.jpg
d0171959_22405904.jpg
   水に濡らすとこんな色


まさか鹿の子石系がこんなに早く見つかるとは思ってもいなかったので、
準備不足で確認に時間がかかったが、ネット検索で似たものも多いので
鹿の子石ということにしようということになった。
「鹿の子石ではない」と思う方がいれば教えて~104.png

d0171959_23045015.jpg
底面、それとも側面かな。

d0171959_23072399.jpg
大きさはこんな感じ、なんか水石は重さもよく表示しているが
1キログラムまで計ることが出来るデジタル計量器が重量オーバー
でエラーになったので、1キロ以上です。
カワラタケやサルノコシカケの煎じる量を計っている計量器じゃ
無理でした。水石は面倒だな~。105.png





名前
URL
削除用パスワード
by ugumaru55 | 2019-01-11 23:21 | 天然石・水石・鑑賞石? | Comments(0)