定春君に捧ぐ

   4月16日 11時26分
   黒のレトリバー14歳の定春君が
   天寿を全うしました。

   定春君の事を初めて聞いたのは昨年の秋
   保健所に収容されているガリガリに痩せた老犬が
   殺処分になるという事を知り
   Aさんが引き取ろうと思っているという話を聞いた時でした。
   
   11月からは
   Aさんの家の子として
   定春という名前と共に
   新しい生活が始まりました。

   定春君は、先住犬3頭とも仲良く散歩をし
   沢山美味しい物を食べ
   沢山の愛情を受け幸せな余生をおくっていました。

   ところが、定春君の体調の異変に気がついたAさんが
   病院に連れて行くと
   血管肉腫という大きな病気を抱えているという事がわかりました。

   脾臓を摘出するという大手術を受け
   余命は残りわずかと聞かされたAさんは
   徹夜で血管肉腫について勉強をして
   定春君にとって、何が一番良い方法かと考えました。

   Aさんにとって、初めての老犬
   知識の豊富なAさんでも、未知のことは多かったと思います。
   
   ご家族のみんなが協力し合い
   定春君の看護 先住犬の世話をする日々が続きました。

   もう数日しか持たないだろうと言われてからも
   獣医の予想を見事にはずし、定春君は頑張りました。

   半年足らずの時間でしたが
   Aさんの家の子として生きた時間は
   とても幸せな時間だったと思います。

   これは、人間の勝手な思い込みではなく
   定春君の表情を見れば伝わってきます。
   そして、定春君が教えてくれた沢山の事が
   Aさんやご家族にとっても
   とても大切な宝物として残っていると思います。

   定春君
   遠くで見ていた私にも
   大きな足跡を残してくれてありがとう。

   
d0171959_23381860.jpg
お孫さんにくっついて
    安らいだ表情の定春君
    この写真を観て

    「ずーっと、家族」
    そんな言葉が浮かびました。

d0171959_21043006.jpg
       そして、Aさんが一番好きというこの写真

       桜の花びらを頭に乗せている定春君
d0171959_21074342.jpg
     
 
  私の大好きな写真
      Aさんとのこのショット

Aさんの深い愛情が伝わってきます。

       
       
       
   

   

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-22 23:46 | 日々。 | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編19(寺野のサンゴ化石?)

スターワオーズ編最後のサンゴらしい化石だよ。101.png
フズリナの中に一個だけ入っていたよ、中央部分がしわしわな感じで、
最初はこちらがデュラミナ・ハシモトイかなと思ったのだが、ちょっと
保存が悪そうなので研磨していないよ。

d0171959_12251103.jpg
今度こそ寺野は最後と思っていたので、スターワオーズ編10の
谷川の石がどうなっているのか見に行ったのだが、谷に降りる所の
足場の上に転がっていた石に目が吸い付けられた177.pngBさんフォース発動177.png
よく見るとこの化石が入っていたよ。以前はそこになかったのに、1年の間に
転げてきたようだ。ラッキー!!

しわしわ感がお判りになるだろう。
d0171959_12314656.jpg

水に濡らすと、三葉虫の足のような形の部分があって面白い形。
d0171959_12340194.jpg
周りは全てフズリナだよ。
d0171959_12353850.jpg
この日は寺野の最後を飾って、デュラミナ・ハシモトイと
これが見つかって納得の一日だったよ。110.png

次回はいよいよスターワオーズ編も最終回だよ。わんわんわん。




[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-19 12:48 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編18(寺野のコケムシ?)

前回デュラミナ・ハシモトイみたいな化石と同じ石に
別の化石がいくつも入っていたよ。

こんなころっとした感じのものが147.png
d0171959_23560562.jpg
これもほぼ同じ感じ
d0171959_23580095.jpg


縦断面を研磨すると。
d0171959_00015574.jpg


これは2段重ね。

d0171959_00034694.jpg
横断面はこんな感じでともかく細かい(日光下で撮影)113.png
d0171959_00164126.jpg
スケールをあてると小ささがお判りになるだろう。144.png
d0171959_00062929.jpg
これはLEDライトで水没させて撮影、茶色の点のような丸が0.3mmくらい
d0171959_00133397.jpg
この白い部分は幅2mm、サイズを言わなければクサリサンゴみたい。
d0171959_00324701.jpg
正体はコケムシと思うが、茶色に着色されている部分もあって
結構きれいな化石だ、肉眼では小さすぎてほぼ見えない状態。
そう言えばスターワオーズ編4の穴ぼこがいくつも開いた部分
もよく見たらコケムシのように見える。この辺りはフズリナと
コケムシが多い場所だったのか?162.png162.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-15 00:36 | 化石サンゴ | Comments(0)

母の日

     昨日、宅急便が届いたので
     「また、息子がアマゾンで何か注文したんだろう」と思い

     「荷物が届いてるよ~」と言ったら
     
     「これは、お母さんに・・・」と言うので
     段ボールを開けてみたら


d0171959_14073646.jpg
     「ムムッ、サントリーのマーク116.png


        
d0171959_14074521.jpg
        中身は、ワインでした113.png113.png113.png


        普段は全くお酒を呑みませんが
        生まれつきお酒に強い体質で(^^;)

        呑むときはガッツリ呑みます111.png

        何が好き?と言われると
        ワインかな125.png

        
        夕方になってウグの散歩に行った夫が
        「お母さん、お土産~」と
        くれたのがコレ
d0171959_14075422.jpg
           少し前から流行ってる多肉植物

d0171959_14080511.jpg
            いつも買いに行くお花屋さんに売っていて
            ずっと気になっていたんですが
            買わずじまいだったので
            \(^o^)/ヤッター

            鉢もアンティーク調でステキ162.png162.png162.png

            お二人共
            私の好みをよく知っていてくれて
            有難う110.png

            来年もよろしくね111.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-13 14:28 | 日々。 | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編17(ついに寺野のデュラミナ・ハシモトイ?)

前回のスターワオーズ編16以降サンゴ化石の取り出し・研磨を
やっていたよ。なんせ1個しかないので慎重に削っては写真撮影
をするという工程をすべて手作業(機械でやると削りすぎる危険が
あるよ)でやっていたので随分時間がかかったよ101.png


d0171959_01324082.jpg
中心近くの模様がきれいなので、半分残して研磨したので、
横から見るとこんな感じで中心を頂点に研磨しているよ。146.png

削り始めはこんな感じでピンク部分はない。
d0171959_01345607.jpg
削り進めると周辺の泡状部分も徐々に見えてきた。( ゚Д゚)
d0171959_01402489.jpg
結果がこれ。Σ( ̄□ ̄|||)
結構保存がよくてきれいな化石だ

d0171959_01024361.jpg
直径サイズはこの写真の横15mm、縦12mm、大きさ的にはデュラミナサイズ。
d0171959_01020543.jpg

削り始めた時は白っぽい化石だったが、削り進めるとピンクの部分が
出てきてデュラミナ・ハシモトイっぽくなったのだが、中心部のクモの巣状
の部分が少ないし、なんかデュラミナとは感じが違うような気もする。
どちらにせよこれだけ保存が良ければそれなりの場所に持ち込めば四射サンゴ
デュラミナ・ハシモトイか違うかの同定は容易だろう。

次回も同じ石の他の部分を研磨するよ。




[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-13 01:58 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ番外編31(ナポレオン石?)

久しぶりにBさん(化石サンゴ宝島編参照)から連絡があった。
面白そうなものがあるので一度見てごらんということで行ってみると。147.png

d0171959_21385724.jpg

以前とある山中の谷で偶然みつけたそうだ(出ましたBさん得意の偶然)。
礫岩の一部のようでどこにでもありそうなのだが、なんか気になる石なので
採って帰ったがそのまま放置していたらしい。
水石のブログを見ていたら似たようなものがあったので、
ウグ丸ちゃんのブログのネタにしたらと連絡してくれたのだそうだ。

ネット検索すると
これいったい( ゚Д゚)・・・なんだもんだ ということで江戸時代には
「なんだもんだ」と呼ばれた「ナポレオン石」「時計石」「菊面石」に似ている。
正式には球状閃緑岩というらしいが、よく観察してみると石の組成も
似ているような感じだ。

アップです
d0171959_21504952.jpg

裏側も別の球状になってるような感じ。
d0171959_21513375.jpg

ここが球の中心みたい
d0171959_21572139.jpg

水に濡らしたけどあまり変わった感じではない。
d0171959_22042198.jpg
これが本物の球状閃緑岩なら高知県内で過去に採取されたことは
あるのだろうか?ネット検索では香川県ではありそうだが高知の
記事は無かったよ。116.png
国の天然記念物になっている所もあって、本物なら希少なものらしい。
またまたBさん得意の幻のナポレオン石ということになってしまうのか。144.png

菊花石・山珊瑚(土佐山のデュラミナ・ハシモトイ)・梅林石が土佐の3奇石なら
幻の産地の菊花石、幻の産地のデュラミナ・ハシモトイ、幻のナポレオン石は、
まるで「新土佐の3奇石」みたい。
古い話だが、西郷輝彦・舟木一夫・橋幸夫を御三家、
郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎の3人を新御三家というらしい。

Bさんフォースの師匠だけあって、なんでBさんは滅多にないような物ばかり
見つけてしまうのだろうか。
本家Bさんフォース恐るべし( ^ω^)・・・。



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-10 22:19 | 化石サンゴ | Comments(0)

今日の散歩

  今日は主人の実家まで

  車で片道1時間のドライブに・・・

d0171959_22461510.jpg
  帰りにアンパンマンミュージアムに寄ろうと思ったけど
  凄い車の数で・・・119.png

  「毒ヘビ注意」の看板のある公園に変更

d0171959_16011412.jpg
   ここはほとんど人も居なくて109.png


   
d0171959_16021243.jpg
   お疲れのウグは
   爆睡中💤


d0171959_16031750.jpg
   ついでに昨日の散歩162.png162.png162.png


d0171959_16040597.jpg
   公園のイチョウの木が青々してキレイです173.png


d0171959_16051148.jpg
   カメラ目線でパチリ

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-05-04 16:05 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

ニコン双眼鏡アキュロンT11を修理したよ(その2)

ニコン双眼鏡アキュロンT11を修理することになったのだが、
本編は視野の中心部分だけがちゃんと見えればいいという
非常に特殊な使い方を想定した私の価値観だけでやっているので、
いい子は絶対真似しないでね102.png やってみる人は自己責任でね。

修理の参考になったのは、【星を見る道具の工房】主に理論と技術面と
【賞月観星 双眼鏡品質の完全攻略】ズレ幅を簡易に見つける方法の参考
という2つの記事146.png

光軸というものがずれているというのは20年くらい前に買った安い双眼鏡
で経験していたのですぐに見当がついたけど、どうしてそうなっているのか
何が原因なのか分からず、低倍率では普通に見えたのでズーム機構の高倍率
側で不具合が生じているのかなと思っていた。

先に読んだのが【星を見る道具の工房】だったので、平行器という道具が
あればズレの判定が確実にできることが分かったが、値段も高く、自作方法
も解説されていたが、コスト的に双眼鏡の買い替えが安い。これはお手上げだ。134.png

他のネット記事を探していたら【賞月観星 双眼鏡品質の完全攻略】の
内視法というのがあったので試してみると、( ゚Д゚)これは使えるぞ~103.png
縦方向のズレが一発で確認できる。電柱の番号で確認した感覚と一致する。
内視法を使う前は双眼鏡の左右どちらの筒がいけないのか分からなかったが、
倒れこみ角度が多すぎる左が原因とすぐに手に取るように分かる。
しかも8倍でも光軸がおかしいと簡単に判断できる。賞月観星恐るべし。
ということはプリズムで調整できる可能性が高い。

そこでいよいよ分解することに。アキュロンT11の分解記事はないので、
ここは観察と感と思い切りで行くしかない。166.png
まずは写真中央部分の2個のねじ、外からはここしか見えてないのでまず。
d0171959_19563278.jpg
これだけでは空かないので、NIKONと書いたプレートの下にねじがあるはず。
勿体ないけど、転売するつもりはないので強気で小さなマイナスドライバーで
ベリベリっとはがしてその下から現れたねじ4本をはずす。
d0171959_19250899.jpg
倍率を調整するノブに干渉しないように接眼レンズ側を持ち上げて接眼レンズ
側に引っ張るとカバーが外れる。
d0171959_19260563.jpg
ここまでやって構造を見た感じでは、たぶんプリズムの調整ねじがグレーの
カバーの下にあるとしか思えない。カバーをゆっくり倍率を調整するノブの
側から持ち上げる、なんと両面テープでくっついている(・.・;)・・・。
149.pngちゃっちい、思わず声を上げてしまった。149.png
d0171959_19273164.jpg
思った通りカバーの下にプリズムを調整するイモネジが2個あった
ここは【星を見る道具の工房】が非常に役立った<(_ _)>。
このねじは6角棒レンチが必要だが小さすぎて手持ちでははまりそうにない。
ホームセンターに行くことになった。正確なサイズが不明なので感で
ミリサイズの精密7本組セットを購入、結果は0.89ミリサイズでした。
d0171959_19571053.jpg

d0171959_19405638.jpg
写真のねじ穴が上下調整、もう一方が左右調整だったよ。
内視法を使って上下調整はあっさり終了。
左右は分かりにくいので何回も左右に調整して一番しっくり
くるところでなんとかOK.
後は逆の手順で組み上げるだけだよ。ちょっと注意点は
グレーのカバーをはめるときは、倍率を調整するノブを
24倍側にしてないとカバーが真鍮の金物に干渉して閉まらないよ。

何とかめでたく中心付近はしっかりピントが合うようになりました。
プリズムを動かしたことで若干ピント合わせにコツがいるけど、
実用上は問題ないのでこれ以上追求しないことにしました。
感じではピント調整レンズか対物レンズが曲がっているような
気がするのだが( ^ω^)・・・。

参考にさせて頂きました ご両人にはこの場をお借りして
感謝申し上げます。本当にありがとうございました。103.png
















[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-30 19:52 | サルノコシカケ(体に良いもの) | Comments(0)

ニコン双眼鏡アキュロンT11を修理したよ(その1)

コフキサルノコシカケやカワラタケを採取するときに、古い10倍×25ミリの
双眼鏡を使用していたが、もう少し明るくて倍率の高いものが欲しくなった。

山中でキノコを発見しても、そこに行ってみるとキノコが古くて使えない
こともよくあるため、双眼鏡で事前に確認するためだ。
山中では直線距離が100メートルでも、その間に谷があったり、高低差で
40メートルくらいあったりすることはよくあることで、谷を回り込んだり、
険しい坂を登ったり下ったりすると結構体力を消耗する。
深山幽谷で少しでも体力を温存するために、出来るだけ遠くでキノコの
良否を見分けるための手段と言う訳だ。125.png

私が山中で必要な条件は、
①軽いこと・・・水分等を多く持っていたいので。
②明るいこと・・・暗い森の中の場合もあるので。
③倍率が高いこと・・・なるべく遠くから確認し体力温存。
④見た目の中心付近だけでいいので解像度が高いこと・・・
視界は狭くても構わない、双眼鏡で探すということはなく、
確認する為に10秒程度見るだけなので、周辺視界が少々
歪んでいても中心が鮮明なことが肝心。

そこで購入したのがニコン アキュロンT11という8~24倍に
ズームできる双眼鏡、本来ズーム機は壊れやすく、視界が狭く、
暗い場合が多く今まで敬遠してきたのだが、価格コム等の評価
がいいので騙されたつもりでヤフオクで落札したのだが・・・。

まず8倍で見てみると、思った以上に明るくさすがニコンという感じ。
次に24倍にすると・・・(◎_◎;)、目が点じゃなくて視界がダブって
見える149.png149.png149.png 、まるでパセドウ眼症の複視状態。
いくらブログでパセドウ眼症を書いているからってあんまりだ!!!
遠くの電柱の番号で確認すると上下にかなりと左右にも少しずれている。

同日に珍しく同じ機種が3人から出品されており、評価も多くて
悪い評価の少ないものを選んだのだが、結果的には残念なことに。
8~12倍くらいは問題ないようなので、24倍付近は単眼鏡として使う
つもりだった。

本来双眼鏡の修理は素人がやるものではないというのが通説なので、
修理するつもりではなかったのだが、インターネット検索すると
それなりに鋭い方々が( ^ω^)・・・。
どう見てもプロか双眼鏡愛好者のセミプロクラスが書いている。
どうしようかな~。つづく


どうしようかという間に既にバラバラに・・・。
d0171959_15014225.jpg



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-30 15:03 | サルノコシカケ(体に良いもの) | Comments(0)

花がいっぱい

   昨年の今頃も花の記事をアップしました178.png
   今年もたくさんの花が咲きました110.png
d0171959_13272370.jpg
             キンギョソウ
d0171959_13275851.jpg
             ペチュニア
d0171959_13290560.jpg
             マーガレット


d0171959_13295177.jpg
             キンセンカ
             
d0171959_13302694.jpg
             ラベンダー


d0171959_13312507.jpg
             バーベナ
             
d0171959_13321910.jpg
             またまたキンギョソウ

d0171959_13330467.jpg
             そして・・・

             うぐ丸162.png162.png162.png



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-27 13:34 | 日々。 | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編16(寺野のサンゴ化石2)

スターワオーズ編15で最終回に出来なくなって再度寺野へいったよ。103.png
前回は寒くてよく見ていなかった石を再度見直したら・・・。

d0171959_22020974.jpg
真ん中あたりの白い部分を拡大すると
d0171959_22023656.jpg
サンゴ化石だがお目当手のデュラミナ・ハシモトイとは違う感じ。
隔壁の間隔が狭いように見える。121.png
d0171959_22163053.jpg
周りの岩を割っているとこんなものも出て来たよ、ウニの棘?ウミユリかな~。147.png
サンゴ化石の詳細は、今研磨中なのでもう少し待ってね。105.png

ところで今回寺野へ来る原因の化石はペルム紀ということが確定した。
d0171959_22254605.jpg
前回気付かなかったが、サンゴ化石の面(この写真では左右は真ん中の上端)
小さな白い部分になんとフズリナがある。

d0171959_22260561.jpg
拡大すると例によってぐるぐるが見えたよ。
フズリナはペルム紀の示準化石なので、年代確定出来たよ。102.png
最初からよく見ていれば寺野へ行く必要がなかったのだが、
再度行ったことでサンゴ化石も見つかったので、まあいいか~。つづく

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-24 22:42 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ番外編30(フズリナ、色とりどり)

今回は化石サンゴ番外編30回記念で綺麗な写真を載せちゃうよ。

先日、庭で思わぬ発見をしたよ。101.png

15年以上前に大穴峡で採って来た石なのだが、和柄っぽいので
小さな和庭の寄せ植えの土止にしていたが、原付バイクの駐車場
が必要になって寄せ植えをどけたので長らく庭の隅に転がっていた。

d0171959_19362706.jpg
先日赤いフズリナのことを書いたせいか、突然この石のことを思い出した。177.png
当初小さなきれいな砂粒がいっぱい入っていると思っていたが、あれって
フズリナじゃなかったのかな?ルーペでよーく見てみると。113.png
d0171959_19430263.jpg
全てがフズリナで出来ていて、いろんな色のフズリナが
まるで「5色のフズリナ」!!!(◎_◎;)

このころは化石も持っていなかったし、フズリナは知っていたが
基本的に灰色というイメージが強くこの石のフズリナが小さい
ので、てっきりカラフルな砂粒ぐらいに思っていた。
まるでBさんが赤いウミユリを踏み石にしていたみたいだ。153.png

d0171959_19535098.jpg
        上写真の拡大
d0171959_19553324.jpg
この部分なんかはまるで秋の紅葉狩りのような華やかさ。113.png113.png113.png
川の中に落ちたもみじのようにも見える。
透明の水ようかんに着色したアンを小さく丸めて入れたらこんな感じに
なりそうだ、和菓子屋さんが秋用の菓子のネタにしそうな感じ。


d0171959_20020827.jpg
これなんか、赤い皮に黒いあんこ、黒い皮に白いあんこ、
黒い皮に赤いあんこの大福みたいでしょう。
絵画としてもいけるかも。抽象画家も真似しちゃだめだよ。
d0171959_20061933.jpg
黒白赤の3段大福もあって結構楽しめます。

d0171959_20100442.jpg
真ん中の黄色いのは構造がちょっと見えてるよ。

以前フズリナはつまらんと思っていたが、増々はまってしまいそうです。

174.png174.png174.pngミネラルショーなんかできれいな色の鉱石なんかを集めている人も
      化石をもっと見直してね~。わんわんわんわんわん174.png174.png174.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-19 20:19 | 化石サンゴ | Comments(4)

化石サンゴ26(さざれ石のような黒いデュラミナ・ハシモトイ)

赤いフズリナの場所から下った所にカケス(鳥)の羽が落ちていた。

d0171959_23434308.jpg
ブルーがきれいです。157.png

先日別の場所でヘビも見たし、そろそろ虫類も出てきているので、
今のうちにと谷と鏡川本流の合流点辺りにも行ってみた。
そこで以前きれいな赤い石灰岩を見た事があったからだ。

そこに溜まっている岩の中を見ていると、さざれ石があった。
ここにも流されてきて溜まっているなと思ったが、
なんか引っかかるものがあって再度見直した。
さざれ石とは石灰岩の小石間をつないでいる部分の色がなんか違う。121.png
持って帰って割ったのがこれだが

d0171959_00014438.jpg
d0171959_00184320.jpg
化石サンゴ11(風化したデュラミナ・ハシモトイ)の風化部分を
を見て頂ければ、黄色いように見えると思うが、この石もその黄色
に似ていたのでじっくり見てみるとなんか怪しい。
家で割ってみたら黒いデュラミナ・ハシモトイだったよ。
デュラミナの塊の中からぽろっと取れたかけらを研磨してみたら、

縦断面の裏面
d0171959_00215557.jpg
縦断面
d0171959_00230437.jpg
d0171959_00233237.jpg
横断面
d0171959_00240985.jpg
あるところにはあるものだ。赤くないのが残念なのだが・・・。


[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-14 00:29 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ番外編29(本当に赤いフズリナ)

前回の続きで土佐山都網の谷川に行ってるよ101.png

赤い石灰岩やさざれ石が結構目につく場所だったのだが、
そんな中に1個だけフズリナが入った石灰岩が( ^ω^)・・・

真っ赤なというか、デュラミナ・ハシモトイの暗赤色そのもの、
例えれば、土佐沖の海で取れる血赤サンゴの最高級品は暗い赤だが、
それをもう1段暗くしたような色です。茶色の濃い色とは全く違います。!!
d0171959_22323119.jpg
上の写真で赤い部分の右半分、フズリナが黄色い部分は川で水に削られた面、左は研磨面。
普通のフズリナ石灰岩と違ってフズリナの部分は薄い層状に入っているように見える。


d0171959_22351034.jpg
赤い部分は、ほんの薄い面状。


d0171959_22394619.jpg
研磨面の拡大。普通フズリナの周りが赤いのだが、中まで真っ赤なのが分かるかな。
この赤い実物をお見せできないのが残念、微妙な色で写真では伝わらない~。


d0171959_22400444.jpg
真っ赤な部分の周りはこんな感じで段々白くなっていくよ。

この赤いフズリナはデュラミナ・ハシモトイとはまた違った美しさがある。
もっといっぱいあればいいのだが、ほんのひとかけらだけで残念だけど、
今後又探す楽しみができたかも。102.png

174.png 今年はもうヘビに2回も遭遇したので、次の冬のお楽しみです。174.png

このフズリナの後で、またまたいいものを見つけたのだが、
解析や研磨に時間がかかりそうなので、ネタが切れたころに書こうかな109.png




[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-09 23:04 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ番外編28(赤い石灰岩の故郷)

化石サンゴの消滅産地(桑尾)に行った時に、産地直下の川を
上流へ行ってみることにしたよ。
ここは桑尾地区ではなく都網地区になっているよ。

川は冬時期はほとんど流れていない、結構大きい岩がゴロゴロしているよ。
しかもずーと見上げるような石灰岩でできた崖が川の横に切り立っている。
d0171959_21222712.jpg

「原色化石図鑑」に「この地域の石灰岩は地が暗赤色をしており・・・」
というくだりがあり、以前に赤い石灰岩を紹介したが、産地直下の川が
鏡川に合流する所から鏡川上流では赤い石灰岩はあまり見かけないので、
当初はデュラミナ・ハシモトイの産地から出た石と考えていた。

ところが産地上流でも石灰岩の絶壁が崩れて、いくらでも石灰岩が川に
供給されることが判明した。上記写真の崖地のもっと上流にあった
ラグビーボールくらいの岩の中に結構赤い石灰岩が( ^ω^)。

d0171959_21485521.jpg
こんな大岩の中にも
d0171959_21532225.jpg
d0171959_21542613.jpg
d0171959_21550748.jpg
d0171959_21554177.jpg
こんな感じでいっぱい入っている。

しかも以前に紹介した「さざれ石」もいっぱい転がっている。
d0171959_22012170.jpg
d0171959_22014789.jpg
赤い石灰岩や、さざれ石の故郷はこの辺りだったのかと納得した1日でした。
この後でまた別の発見もあるのだが、それはまた次回にね。わんわんわん。



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-06 22:08 | 化石サンゴ | Comments(0)

ずーーーーーっと親友

     昨日の午後3時に高知を出発して
     お隣の愛媛県の友達に会いに
     行ってきた110.png

     地元にいる共通の友達と
    「○○さんに会ったのは一昨年になるね。
     又みんなで会いたいね。」と話していると
    「いつもこっちに来てもらうばかりも申し訳ないから
     たまには私たちが愛媛に行く?」と

     私よりも4歳若く、行動力のある友達が言ってくれた。

     問題は、お互いの親が病気にならないこと
     特に私はウグの事も気になるし・・・

     親もウグも元気なら行ける(^^)v

     そう言って話が煮詰まり
     いざ愛媛県へ→

     3時に出発して
     愛媛の松山市に着いたのが5時半
     3年ぶりに会う友達は
     いつもの優しい笑顔で迎えてくれた。
     大きな声で話しても他のお客様に迷惑にならないを条件に
     友達が予約してくれていたお店は
     7年前に私たちが松山に行った時と同じお店で
     全部が個室になっている素敵なお店177.png

     お店に入った途端に7年前に来たことが
     2~3年前の事のように思えてきた。

     松山の友達はお酒を飲まないので
     私と若い友達だけが
     ガンガン飲み干し、気がつくと生ビールのジョッキが5杯と
     レモンサワーのジョッキが2杯(≧∇≦)
     それだけ飲んでも私たちは顔すら赤くならない(;^_^A
     土佐(高知)の女は酒飲みだと言われるはずだ111.png

     美味しい料理に舌鼓を打ちながら
     4時間ほどいただろうか
     
     思い起こせば、彼女らと初めて会ったのは
     26年ほど前に
     それぞれが違う職種の夫の転勤先で
     子供の同級生という事で知り合った。

     私の友達は皆、「男前女子」
     曲がったことが嫌い・表裏のない真っ向勝負型・人情にもろく細かな気遣いができる
     きっぷがいい・・・

     まさにこの2人はそのものズバリの友達
     昔は毎日のように会えていたのが
     今は何年に1回しか会えない距離に住んでいる
     62歳になる彼女は、英語の家庭教師をしているが
     その仕事ぶりに頭が下がる
     全身全霊で生徒に向かう彼女の姿を
     離れた場所ながらずっと見てきた私は
     彼女の一所懸命な姿勢を手本に
     「私もそうならなきゃなあ」といつも思っている
     久しぶりに会った彼女は
     歳をとったというけれど
     全然変わらないパワフルな彼女だった110.png

     めったに会わなくても
     ずっとずっと変わらない親友で居てくれてありがとう110.png

     そして、若い友達が行こうと言ってくれなかったら
     実現しなかった今回の小旅行
     連れて行ってくれてありがとう110.png

     一泊して午後1時には帰宅
     家を空けていた時間は22時間という
     あっという間の楽しい時間だった174.png174.png174.png

d0171959_20282384.jpg
      留守中、お利口にしていたウグ
      何事もなく無事で何より162.png162.png162.png

   

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-04-04 20:31 | 日々。 | Comments(2)

今日の散歩

   桜もすっかり散ってしまって
   葉桜になっているところが多く
   「もう、散ってしまったのかあ137.png」と
   思っていたら・・・

d0171959_21592831.jpg
  まだ満開の所がありました171.png171.png171.png

  山に囲まれた寒い場所では
  今が見頃の桜が179.png179.png179.png

d0171959_22010868.jpg
   ひんやり肌寒いくらいの所なので
   ウグにとってはちょうどいい温度174.png

   
d0171959_22022975.jpg
   管理している人の手入れが良いのか???
   花の付きが良くて
   「東京の桜みたいに、花がいっぱいやね(*_*)」と
   ゆっくり花見をさせてもらいました110.png110.png110.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-31 22:07 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

カワラタケを採って来たよ

今日はカワラタケの採集と保存の注意点をちょっとだけ。

カワラタケはこんな感じで木に付いているのだが・・・。113.png
d0171959_19544177.jpg

d0171959_19542241.jpg
カワラタケの大好きな虫(甲虫)がよくくっついてカワラタケを食べているよ。147.png
カワラタケが古くなるとこの虫も食べに来ていないので、厄介な虫だけど
カワラタケが新鮮かどうかの判断材料になるよ。127.png
d0171959_19564469.jpg

2ミリくらいの赤く見える虫で、ガンにも効果のあるカワラタケばかり食べているせいか
食欲旺盛で、いると知らずに採って来たカワラタケをそのままにしているとボロボロになる
まで食べられてしまうよ。それで最初にレンジでチンするのだが、乾いた状態でチンすると
生きていることもあるので、洗浄と虫落としに水洗いしてからチンすると蒸気で蒸される
せいか完全に死滅するよ。採取するときもかなり念入りに虫がいないかチェックはしている
のだが、うまく重なった傘の下などに隠れている場合もあるので、レンジ作業は必須だよ。
d0171959_20053311.jpg
これは先日も紹介したウチワタケ、遠くから見ると一瞬カワラタケかと喜んで近くでがっかりする
こともあるよ。これにはガンへの効果はないらしい。153.png
d0171959_20080731.jpg
これは天気が悪くてすぐに乾燥させられない時の裏技。布団乾燥機とビニール袋を使って
干網に強制的に温風を吹き込んで乾かしています。
唯一の難点は、お部屋にきのこの匂いが充満してしまいます。149.png
d0171959_20131194.jpg
これはスーツケースを使った本来はコフキサルノコシカケを乾かす時の使い方。
大きいコフキサルノコシカケは以前に紹介したことがあるけど60~70㎝くらいあるので、
レンジや干網に入らないし、カワラタケとは別の虫の幼虫が入っていることも多いので
何日もこれで乾燥させることがあるよ。これもお部屋が~・・・( ^ω^)

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-28 20:25 | サルノコシカケ(体に良いもの) | Comments(0)

今日の散歩

 日曜日は天気も良かったので
 午前中のうちに散歩に行きました110.png
d0171959_18265946.jpg
陽光桜という
濃いピンクの桜を見に・・・

d0171959_18283733.jpg
d0171959_18285466.jpg
d0171959_18291457.jpg
汗ばむくらいの温かさ105.png
ウグもゼハゼハ
d0171959_18311068.jpg
171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png171.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-27 18:33 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

化石サンゴスターワオーズ編15(ついに四射サンゴ化石が・・・)

今回がスターワオーズ編の最終回の予定だったけど
ちょっと伸びることになったよ。147.png

実は前回のお話で、帰り支度をして帰ろうとした時、目の前の斜面に2個の石灰岩を見つけたよ。
これで寺野は最後と思っていたので、最後にこれでも見ていくかと寒い中で採取し、洗ってみた。

それがこの石
d0171959_13183423.jpg


一番手前の黒い部分を濡らしてみると・・・。
d0171959_13211293.jpg
2個が連なっているように見える、サイズは下の写真を参照してね
d0171959_13223356.jpg
見た瞬間デュラミナではない四射サンゴと思ったのだが、
暗いし寒いしでじっくり見る余裕もなく、最終回のいい土産ができたぐらいに考えていた。

帰って見た感じで何となくクサリサンゴのシコクエンシスに似てるような形。
シルル紀の石灰岩は例の県条例か何かの岩石規制で採取禁止じゃないか~141.png
ここはペルム紀の地層、すぐ近くでフズリナも採取しているので、
間違いないはずだ、地質図ナビもペルム紀になっているのを再確認したので
まさかここにシルル紀の地層があるはずがないのだが。
d0171959_13401849.jpg
d0171959_13420566.jpg
d0171959_13442387.jpg
元々化石に詳しい訳ではないので、何の化石かよくわからないが、
再度寺野へ行って同じ場所の石灰岩からフズリナ等のペルム紀化石を
探し出して地質時代を確定する必要があると思った。

そんなわけで、スターワオーズ編も最終回には出来ないなということになってしまったよ。174.png


[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-25 14:01 | 化石サンゴ | Comments(0)

今年も🌸を見たよ(^^)v

昨年の4月10日に
住んでる団地の桜を見に行った時
「来年も見に来るよ」と
ブログに書きました171.png

ここ数年のうちに
色々と病気が出てきたウグが
1年後に生きているかどうか・・・
そんな不安が付きまとって

朝、元気に起きてくれることに感謝
ご飯をたくさん食べてくれることに感謝
ウンチをしてくれることに感謝
吠えているいる姿を見て感謝

今年も無事、誕生日を迎えれたこと
そして、今年も一緒に桜を見れたこと
神さま、もっともっと永く一緒に居させてくださいと
願うばかりです162.png

d0171959_20184025.jpg
d0171959_20190464.jpg
強風に吹かれ
顔が変に写っているけど
本当は可愛いんですけどーー(;^_^A

d0171959_20204449.jpg
今年は開花が全国一171.png171.png171.png早かった高知
ついこの間までツボミだったのに
一気に咲きました110.png110.png110.png

d0171959_20224467.jpg
夕方に撮ったので
影が写って綺麗に写っていませんが
週末は満開じゃないかなあ124.png

「来年も、一緒に桜を見に来るよ(^^)v」

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-22 20:24 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

化石サンゴスターワオーズ編14(褶曲した石灰岩)

段々と温かくなってきたので愛媛県の寺野にいったよ。102.png
今回で寺野は最後にしようと決めていた。理由は主に下記3点

①地図に印があった宝島編と違って寺野ということしか分からない
 ペルム紀の地層の場所だろうということは予想できるが広すぎる。105.png
②1955年の論文で北海道大学の方が採取しているが、おそらく
 環境が変わっていると思われる点。昔は田畑で耕作していた段々畑
 状の所がほぼ植林で簡単に行けなくなって、かつ昼間でも暗い場合が多い。137.png
③高知市からは遠く行くのが大変、高知市桑尾なら簡単に行けるが
 さすがに寺野に行くには「よっこらしょ感」がある。145.png

最後にするつもりなので、気の向いた時に行こうと決めていたし、
探す場所はスターワオーズ編3で宝島編の褶曲した石灰岩に酷似
した石灰岩を見つけた所の上流と決めていた。174.png
その場所が寺野の中で一番Bさんフォースがピンときた場所で、かつ
ペルム紀の地層、褶曲した石灰岩もどきも採取されているという理由だった。

本日は快晴だが寒い、しかし桜はもうあちこち咲いていました、
鬼北から城川に入るくらいの所から本当に景色が良くていつも感動します。
この景色もしばらくお別れと思うと名残惜しいです。

現地には11時30分くらいに到着し、谷沿いをミニ登山となった
道が谷側に崩れて道がなくなりかけている所も多く、結構危険135.png

かなり上ったところでついに褶曲した石灰岩を発見した!!!157.png
d0171959_01130461.jpg
やっぱり~。その辺に大小かなり転がっている。但し10メートル四方
くらいの狭い範囲で宝島編の範囲の10分の1もないようだ。

ルンルン気分で拾い集めて谷の水で洗って確認するが化石らしいものが
全く入っていない、そういえば宝島編でもまともに入っていた石は2個
だけだったのを思い出した149.png144.png141.png

ブラシで土を落としながら3時間近く頑張ったが化石と思えるものはなかった。
谷沿いはかなり寒く、冷たい谷川の水で洗うのでさすがにギブアップ。

d0171959_01122056.jpg
お腹も空いたので、あきらめて帰ることにしたよ。残念無念~~~。176.png176.png176.png
結構数はあるんだけどな~。
下の写真は動かせない大岩の周りに小さな分を集めて撮ったものだよ。
d0171959_01134419.jpg
一応もしかすればくらいの分を何個か持ち帰ることにしたよ、期待薄だけどね。

次回スターワオーズ編は最終回にするつもりです。




[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-18 01:34 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ25(桑尾産地5)

地主さんに許可を頂いて産地に行っているよ。109.png

鍾乳洞を出た所にもこんな凸凹もあったよ。
d0171959_23085033.jpg
こんなのを採石の為に砕いたら前回のようなかけらができるのかな~。

産地を後にして、産地直下の谷からちょっと上(5~10メートルくらい)
に登ってみたよ。そこは多分上にある産地で砕いた石が落ちてきたのか
石がゴロゴロしていて、その上に苔がびっしり生えていたよ。
d0171959_23243340.jpg
傾斜30度ぐらいの場所で下から産地を見るように撮影した写真だが、
見渡す限り人間の頭ぐらいの大きさの石が山積み状態です。150.png


d0171959_23281648.jpg
中にはこんな大きな物も、四射サンゴの塊みたいに見えるけど
もちろん化石は入っていないよ。左の方に削岩機で空けたと
思われる穴の跡が縦に入っているよ。

ここから川下で拾ったデュラミナ・ハシモトイの石が落ちてくるんだろうな~。
見た感じではよっぽど川岸が削られるような大水でも出ない限り
この石が落ちてくることはなさそうに見える。
川の大きさから考えてよほどの集中豪雨でもない限りありえないだろう。

結論としては産地は消滅している。残念~~~。141.png142.png145.png149.png



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-13 23:42 | 化石サンゴ | Comments(0)

今日の散歩 日曜日

    日曜日は、昔よく行っていた鉄塔のある山に・・・

d0171959_23523980.jpg
    ここからの眺めは
    海まで見える絶景110.png110.png110.png

    10年位前までは
    度々行ってたのですが
    イノシシの親子を見かけたり
    大嫌いなヘビによく遭遇したり・・・

    この10年くらいは
    全く行ってませんでした(;^_^A

    でも、カワラタケを探しに
    あちこち山を散策している夫が
    「鉄塔の所まで車で行けるようになってるから」と
    道がきれいになって車で行けるというので
    10年ぶりに行ってみることに・・・

d0171959_00001695.jpg
    リードの先に、長ーーーい登山用ロープを繋ぎ
    放してもらってる気分のウグ111.png

    昔は猛スピードで走っていたのに
    今はノロノロノロ119.png

    長いロープで繋がなくても
    居なくなる気配ゼロ

d0171959_00041279.jpg
    昨日、夫が採ってきた
    野生のシイタケ109.png
    まだ残してたみたいです124.png

    
    

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-12 00:08 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

今日の散歩 土曜日

   土曜日は、久しぶりに美術館のある公園に・・・

d0171959_23444947.jpg
   「トイプードル会?」と思うくらい
   色々な色のトイプードルが集まって
   楽しそうに遊んでいました110.png

   でも、「僕には関係ないしー118.png」とばかり
   全く気にもしないで
   マイペース散歩のウグ

d0171959_23474072.jpg
    いろんなワンコの匂いを嗅いで・・・

d0171959_23482199.jpg
    ぼちぼち歩く

d0171959_23492760.jpg
    私の好きな
    青空もパチリ174.png

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-11 23:50 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

Bさんフォースでカワラタケ・・あれれシイタケを採って来たよ

ここの所カワラタケ探しをしているけど、以前と違って
Bさんフォースで簡単にカワラタケに遭遇できるので思った以上に採取できてるよ101.png

先週カワラタケを採りに行くと・・・。あれれこれはひょっとして
d0171959_23370149.jpg
野生のシイタケ157.png
あまり遭遇することはないが(私だけ?)たまには出くわすよ。
一緒に生えているのはカワラタケに似てるけどウチワタケ
うちわのように薄くて硬く色がカワラタケより赤色系に見えるので見分けられるよ。

シイタケは採って帰って天ぷらで食べたけど、さすが野生は肉厚でおいしかったよ。



今日もカワラタケを探しに行ったら、なんかもっと山奥に行きたくなって
しんどい坂を30分ぐらい登ったけどカワラタケはなかったよ。

なんとかカワラタケがないかな~と探していたらまたまたシイタケが(◎_◎;)
しかもたくさん生えている。

大きくなりすぎて傘が開きすぎてるのを残して食べられそうなのを採って来たよ。
d0171959_23551867.jpg
小さな木に栽培用の菌床を打ち込んだぐらい生えてたよ。
野生のシイタケがこんなに生えているのは初めて見たよ。

近所にはシイタケを栽培している所はないのに、風に乗ってここまで
菌糸が飛んできたのだろう、以前にかなり山奥で人里離れた場所でも
野生のシイタケを採ったことがあったが、菌類の飛散力はすごいなと
感心する。150.png
今日も一部を天ぷらにしたが、明日は残りを干しシイタケにしなくっちゃ。
天日に干すとビタミンDが増えるし、うまみ成分も増すそうだ。174.png174.png174.png



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-11 00:19 | サルノコシカケ(体に良いもの) | Comments(0)

Happy birthday ウグ丸 14歳

    今日はウグの14歳の誕生日110.png
d0171959_21281133.jpg
    今日の日が無事迎えられることに感謝162.png
d0171959_21292927.jpg
    「くんくん」

d0171959_21302551.jpg
     ウグの為に、蝶ネクタイを作ってみました111.png

d0171959_21312152.jpg
      リボン風にも・・・


      14年前に5匹兄弟として生まれたウグ
      縁あって我が家の子となり
      この14年の間
      楽しい時も悲しい時も
      ずっと傍にいてくれてありがとう
      162.png162.png162.png
      

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-09 21:38 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

ウグの誕生日プレゼント Aさん 有難うございます。

    9日に14歳の誕生日を迎えるウグに
    大阪のAさんから、たくさーーーーーんのプレゼントを
    頂きました110.png
d0171959_23495814.jpg
    ウグの大好物のブタ鼻も
    こんなに沢山113.png113.png113.png

            
d0171959_23540628.jpg
     三重県のわんわんパラダイスに
     ワンコたちと一緒に旅行に行ってたそうです102.png

d0171959_23565219.jpg
     ジウィピークというフード113.png
     高価なだけあって
     「ナニコレ113.png113.png113.pngメチャクチャおいしい」とばかり
     ウグの目がキラキラ177.png177.png177.png

     Aさんのおかげで、これまで食べたことのない美味しい物
     いっぱい覚えました111.png

d0171959_00010197.jpg
      そして・・・
      ウグ宛に お手紙も書いてくれてました125.png

      この裏には、心温まる文章が書かれていて
      ウグに読んで聞かせながら
      ウルっときました

      今、Aさんのうちのワンコが
      重病にかかっていて
      とても大変な時を迎えています
      そんな中、ウグのことも忘れずに気遣ってくれて
      本当に感謝しています

      Aさん 有難うございます162.png162.png162.png



[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-08 00:11 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

化石サンゴ24(桑尾産地4、こんなところに美しい鍾乳洞が~⁉)

穴の上を見上げると、穴底に差し込む日光の反射で天井がうっすら見えた。
d0171959_23131432.jpg
「こ、こ、これは!!!鍾乳石じゃないか!!!」
ユニットバスのように狭いこんな所が鍾乳洞だったなんて・・・。
写真真ん中あたりに、エンドウのさやのような形状の帯状の鍾乳石が、
この記事を書いていて気づいたのだが、さやの斜め下に文字のような
物がある、単なる落書きかもしれないが、一度確認に行かなくては・・・。

さやの部分の別角度
d0171959_23183016.jpg
暗さに目が慣れると思ったよりも中は広い。
光の当たっていない部分が見えてくると、
( ゚Д゚)(◎_◎;)(◎_◎;)( ゚Д゚)149.png149.png149.png113.png113.png113.png113.png113.png172.png172.png172.png
d0171959_23223430.jpg
こんな素晴らしい景色が・・・・・・。
この部分だけだが一人で見るのが勿体ない。
近くによって別角度から見ると
d0171959_23263464.jpg

高知県は小さな鍾乳洞がたくさんあるけどこんなきれいなのは
小さな鍾乳洞では初めて見たよ。
これって十分観光資源だと思うのだが、だれにも知られずに
ここでひっそりあるだけなんだろうな~。あ~勿体ない。

あ~。これでピンときた、化石サンゴ番外編23の変な石は鍾乳石の断面だったんだ。

[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-06 23:35 | 化石サンゴ | Comments(0)

今日の散歩 

     最近、「今日の散歩」の記事を
     あまり書いていません120.png

     私が犬服を作るのに忙しくて
     なかなか記事を書く時間が無いためで・・・

     でも、週末は天気が悪くない限りは
     夫が必ずどこかへ連れて行ってます109.png

     土曜日は午前中はとても良い天気だったのに
     お昼ごろから急に曇り始めて
     雨が降る前にウグの散歩に行こうと
     珍しく私も一緒に行きました101.png
d0171959_11000205.jpg
     筆山からの眺め
     天気が良かったら綺麗なのになあ112.png

d0171959_11015394.jpg
     毛が伸びてヤマアラシみたいなウグ
     夫は「ウグらしくていい162.png」と
     なぜか、このボーボー頭のウグが好きみたい

d0171959_11035340.jpg
     何やら、立札が・・・
d0171959_11043592.jpg
       確かに・・・
       高知城が見えました105.png


d0171959_11054521.jpg
       ヤブツバキが綺麗に咲いて・・・

d0171959_11063024.jpg
        ソメイヨシノではない
        ???桜が咲いてました179.png179.png179.png

d0171959_11072971.jpg
   私・・・ 「えっ???  筆山って、標高28メートルしかないの(≧∇≦)」

   夫・・・ 「いやいや、118,3メートルやろ118.png

         確かに(-_-;)よく見ると118,3メートルでした119.png

         とんだ勘違い(;'∀')
         目が悪いからという事にしておこうっと129.png


[PR]
# by ugumaru55 | 2018-03-05 11:13 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

うぐとの日々。


by ugumaru55
プロフィールを見る
画像一覧