go go ugumaru!!

化石サンゴ宝島編8(最初の一撃)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を捜しに来ているよ)

この石にサンゴ化石が入っていることに大喜びした3人だったけど
困ったことに気がついたよ。

Bさん:ところでこんな大きい石をどうやって持って帰るつもり?
パパ:今日は下見に来るだけだったんで、小さなリュック1個だけですよ。
Aさん:川を渡るときに重いと危ないから割るしかないな~。
Bさん:置いていくわけにもいかないからそれしかないよね。
    ちょうどパパが前述の作業用ハンマーを持って来てるしね。

ということで全員一致で割ることになった。担当はパパ141.png

Aさん:絶対化石のところを割るなよ!!
パパ:気をつけますけど、化石なんかめったに割らないから
   そんなに言わないでください119.png

パパは、おっかなびっくりハンマーを振り上げて一撃したよ。
力が足りなかったのかちょっとだけ割れたよ。149.png
そのかけらを見た全員の目が釘付けになったよ。(@_@;)(@_@;)

Aさん:この化石は、な、な、なんだ150.png150.png150.png
Bさん:きれいな化石だな!!110.png110.png110.png
パパ:美しすぎます113.png113.png113.png

それがこれ!!新産地の化石サンゴがついにベールを脱いだよ。
d0171959_21142956.jpg
白い中に赤いサンゴ化石がくっきり浮き上がるようで
土佐山のデュラミナ・ハシモトイとは違った趣があったわんわん。
つづく・・・・・




[PR]

化石サンゴ宝島編7(菊のような花模様が・・・)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を捜しに来ているよ)

皆で30センチぐらいの石をルーペで一通り捜したよ。
Aさん:けっこう汚れているし、デコボコしてて化石が入ってるか
    わかりにくいな~116.png
Bさん:なんか赤いところはさっきのところだけみたいやね。119.png
パパ:裏も表も見たけど赤い部分は無い感じですね。見れば見るだけ
   赤い石灰岩とも違うように見えますよね。140.png
Aさん:この白い所って、方解石なのかな、なんなんだろうな?
Bさん:ちょっと双眼の作業用ルーペの倍率高いのを貸してよ。
    じっくり見てみたいから。

ふたたび暗雲が皆を覆っていった。176.png176.png176.png

Aさん:その石は後でゆっくり見るとしてもう少し別を捜して見ないか?
パパ:せっかく赤いところがあるんだからもうちょっと細部まで見ましょうよ。

その時だった。Bさんがポツリと言った。

Bさん:この小さい窪みの中の白い部分に、菊のような形の
    花模様があるような気がするんだけどな~。
Aさん:えー本当!!ちょっと見せて見せて。

これはもうちょっと汚れを落とさないと見えにくいな。
と言いながら、水で拭いてみた後の映像がこれ113.png128.png103.png
d0171959_21095444.jpg


162.png162.png162.pngこいつはサンゴ化石に間違いない~~~!!!!162.png162.png162.png

174.png174.png174.png174.png174.pngしかもうっすら赤いじゃないか174.png174.png174.png174.png174.png

やった~、やった~。

Aさんはもうお祭り状態で、沖縄の踊りカチャーシーでも
踊りだしそうだったよ。わんわんわん わお~~~ん。
つづく・・・・・

4月30日に写真が別の部位を写していたことに気づきました。本物はこれ
d0171959_20250355.jpg
ごめんなさ~い。<(_ _)>。
    



[PR]

化石サンゴ宝島編6(ついに発見かそれとも・・・)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を捜しに行ってるよ)

3人で石を囲んで最初に気づいたのが下記の写真の茶色の部分、
前回のお話の石の写真の右上の部分だよ。

d0171959_19205112.jpg
Aさん:これは泥岩とかにもある風化してさびたように見える部分だな。
    それにこの石全体的に赤褐色じゃないよね。025.gif
パパ:確かに赤褐色じゃないし、これを褶曲したって言うんですか?
(後日わかったことだけど、この石は本来捜していた赤褐色の
  石灰岩じゃない可能性があるよ。)

Bさん:なんかピンときたんだけどな~。054.gif
    気のせいだったのかな~。057.gif057.gif057.gif



ところがここでパパが重要な発見をしたよ。わんわんわん053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
パパ:ここ!!ここ見てください!!!ちょっとピンクじゃないですか。005.gif

真ん中あたりの白い線の下端だよ。
d0171959_19360074.jpg
Aさん:えーどこどこ??これ・・・?土佐山にもこんな似たような違うのが
    あって、ぬか喜びになることが多いからな~。
Bさん:な~んだ、そうなのそんなのがあるの?
Aさん:手っ取り早いから、みんなつい赤い所に目が行くけど、う~ん。
パパ:そういえばうぐまるも前にそんなのに騙されてたな~。

実は化石サンゴ6で僕(うぐまる)も失敗していたよ。はずかしいな~012.gif
Aさん:ともかくもっとじっくりルーペで見なくっちゃ。
ということで、みんなでルーペ状態になったよ・・・つづく

[PR]

化石サンゴ宝島編5(気になる石)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を捜しに行ってるよ)

ちょっと下ったところでBさんが足を止めたよ。
10メートルくらい離れた谷の対岸をじっと見ていたよ。056.gif

Aさん:何かあるの。005.gif
Bさん:なんかあの石が気になるのよね。
Aさん:どれ、どの石よ?
Bさん:あの黒っぽい石なんだけど、石灰岩には見えないな~。021.gif
Aさん、パパ:確かに石灰岩には見えないですね。
Bさんはポケットから双眼鏡を取り出してじっくりと観察をはじめた。
パパ:双眼鏡なんか持ってきてたんですか!!
Bさん:山で薬草を捜すために、いつも山では持ってるよ。
   双眼鏡で見てもなんかわからんけど、気になるんだよね。
   ちょっと行ってみようや。
Aさん:谷を渡るの?長靴なんか持ってないけど。濡れちゃうよ。
    どう見ても石灰岩には見えないけど、行くの?

と言ってる間にBさんは約1.5メートル下の谷におりて、
谷に点在する石を器用に渡って対岸へいったよ。
Bさん:谷の中の石は滑らないから渡ってきてよ。
何とかAさんとパパも対岸へ渡って、みんなで石を囲んで確認が始まったよ。
d0171959_22080803.jpg
これは持ち帰る為に割った後の写真なんで、
見つけた時は全体が割れてない所の色だったよ。


「なんか変な石だな~。」と皆思った。
Aさんは内心「こいつはだめだな」054.gif054.gif054.gifと思った。つづく・・・





[PR]

ドラちゃんに捧ぐ・・・

     ヤフオクに出品している犬服を
     いつも買ってくれているブルドッグのドラちゃんが
     昨日、散歩から帰って急に亡くなったという訃報が・・・

     ちょうど後二日で落札される服があり
     ドラちゃんが亡くなってしまったので・・・という
     メールでした。
     まだ6歳になったばかりだというのに
     飼い主のTさんの気持ちを思うと
     胸が苦しくなりました。
     
     どんな時も側に居て
     心を癒してくれる存在だったでしょう
     「ドラが可愛くて仕方ありません。
      服が出品されると、ドラに買ってあげたくなります。」

     言葉少ない男性のTさんが
     どれほど深い愛情をドラちゃんに注いでいたのか
     その短い文章からひしひしと伝わってきました。
     既に何十枚も服を買っていただいていて
     会った事も見た事もないTさんとドラちゃんですが
     Ugu Companyの服を着て
     散歩をしている姿を想像するだけで嬉しかったのに・・・

     もう、その姿を想像する事が無いのかと思うと
     目頭が熱くなります。

     人と同じように
     家族の一員である動物たちとの別れは辛いです。
     特に人との関係の深い犬や猫は
     喪失感が大きくペットロスになる人も多いようで
     私は必ずなると自覚しています。

     ドラちゃんは、ウグと同じサイズの服を着てましたから
     大きさはだいたい想像がつきます。
     大きな体をTさんにくっつけて
     甘えていたんだろうなあ。
 
     ドラちゃん、また生まれ変わってきたら
     Tさんちのワンコになってくださいね。
     ご冥福、お祈りいたします。
     
     

[PR]

化石サンゴ宝島編4(とにかく石灰岩が見当たらない)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を捜しに行くお話だよ)

褶曲した石灰岩とはどんな感じなのか?
なにしろあまり詳しくない3人なので、全然ピンときていなかったよ。008.gif

褶曲した石のイメージは、こんな感じ。
写真は平らな石で、水石を飾る木台の代わりに
使うつもりで、以前に別の場所で採って来てた石だよ。

d0171959_21305883.jpg
とにかく前話の平坦な場所から谷が2つに分かれていたんで、
ちょっと上流まで行ってみたけど石灰岩はなさそうだったよ。

Aさん:この辺りに石灰岩は全くないわ057.gif057.gif057.gif
パパ:地図の×印はもっと下流だったような気がしますね~。
   こんなことなら地図持って来るんだったな~007.gif
  (下見のつもりなので、地図は家に置いて来ている)
Aさん:やっぱりジュラ紀じゃないもんね~057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif
Bさん:Aは、今日は悲観的やな~。最初に10㎝くらいの石灰岩のかけらが
    転がっていた辺りまで戻ってみようや042.gif

Bさんにうながされて下りだしたけど、
意気消沈という言葉がぴったりな感じで、
辺りをきょろきょろ捜しながら、ふりだしに戻っていったよ。
暗いな、暗いな~・・・・・。つづく









[PR]

お墓参り、行ってきたよ(^^)v

      三連休の初日
      お墓参りに行ってきました045.gif

      黒潮町にある良心市に立ち寄り
      お供えの花を買っていたら
      急にサイレンが鳴り始め
      店の人も慌てて外に出て
      町内放送のアナウンスを聞いていました005.gif

      黒潮町と言えば
      全国一高い津波(確か?38メートル?)がくると
      予想されてる場所なので
      「まさか、津波警報?」と
      私も必死にアナウンスを聞きました。

      すると、○○地区で火災発生、近所の方は
      避難するようにと言うアナウンスでした009.gif

      花を買ってさあ墓参りにと車に乗ると
      お墓がある方から煙が・・・・005.gif

      パトカーや消防車などが
      サイレンを鳴らしながらどんどん集まって来始めたので
      きっと交通規制で足止めされるので
      先に四万十市まで行って
      帰りにお墓参りに行く事に変更しました。


d0171959_13533597.jpg
          四万十川河川敷
          ここは、先代ワンコの与作と
          よく散歩にきたなあ016.gif








d0171959_13572075.jpg
          朝は晴れていたのに
          急に曇って来て
          何だか暗~い風景に写っていますが
          天気が良いと
          青い空と綺麗な水のコントラストが綺麗です058.gif












d0171959_14004631.jpg
        ついつい水に入ろうとするウグ
        さすがにまだ寒いよーー025.gif






d0171959_14022425.jpg
         昨年も同じ所で写真撮ったけど
         「菜の花まつり」やってました043.gif





d0171959_14035597.jpg
       車の中では、お兄ちゃんの膝にもたれてみたり
       真ん中に座ってみたり012.gif

       往復5時間のドライブですが、
       いつも車に乗り慣れてるせいで
       一度も車酔いした事はなく

       この日も御機嫌で乗っていました016.gif

       しかし、シニア犬になったので
       さすがに疲れたのか
       夜は爆睡でしたけどね011.gif
        

[PR]

化石サンゴ宝島編3(地図に印のある山中へ)

四射サンゴ(デュラミナ・ハシモトイ)を捜しに
いよいよ山へ分け入ることになったけど、地図にあったヒントは、×印と
「小谷中に見られるいちじるしく褶曲(しゅうきょく)した赤褐色石灰岩転石中」
という文章だったよ。002.gif

パパ:地図で等高線をみて谷があると思っていたけど、この谷の上流っぽいですね。
Aさん:小さな谷の中に転がっている、赤褐色の石灰岩の中にあったという
   事だけど、著しく褶曲した石灰岩ってどんなんかな~。
Bさん:要するに谷の川の中の石灰岩の石ころを捜せばいいんじゃないの。025.gif

ちょうど谷の横に小道があるんで、とりあえず上ってみることにしたよ。
Aさん:どこにも石灰岩なんてない感じ、川の中も注意してるんだけどな~。057.gif
パパ:なにも入ってない10センチぐらいの割れ石があるだけで大きい岩石
   もないし、石灰岩の層もありませんね、ジュラ紀の感じですよね。057.gif

仕方なくもっと上流まで登ったが、石灰岩は無いように思えた。007.gif
ちょっと平坦な場所に来て川の橋を渡るとき、突然に

Bさん:ちょっとあの石見てよ。
d0171959_23013619.jpg
Aさん:石灰岩じゃないぞ。
Bさん:近くでみてみてよ。
d0171959_23020982.jpg
パパ:礫岩みたいですね。デュラミナ・ハシモトイじゃないですね。042.gif
Bさん:なんか気になるんだけどな~、ちょっとルーペ貸してよ。021.gif
Bさんは川へ降りてルーペで確認してから
Bさん:これウミユリかなんかじゃないかな~。053.gif
なんと(@_@;)、礫の一つにこんなもんが入っていたよ。005.gif
d0171959_23200363.jpg
Aさん:3メートル上からこんなの見えたの?
Bさん:見えるわけがないじゃない、なんか見てみたくなったんだよ。
    手ぶらで帰るよりはなにかあった方がいいじゃない。006.gif
ところがこのあとBさんのもっと超人的な活躍が・・・つづく058.gif058.gif058.gif




[PR]

化石サンゴ宝島編2(目指せ新産地)

宝探し(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイ)に行く日、
前日のお酒が災いしてみんなが集まったのはお昼時だったよ037.gif

Aさん:目的地近辺まで2時間弱はかかりそうだけど、探してたら日が暮れちゃうよ。
    地図の等高線も不鮮明なのにうまくたどり着くかな~021.gif
パパ:25000分の1の地図で確認したからほぼ大丈夫なはずなんですけど。
Bさん:Aは人についていくだけの化石探しをやってたからわからないんだよ。034.gif
(パパはサルノコシカケ探しでBさんはハイキングが好きでよく地図を活用していた)
Aさん:Bはきついな~、ホントのことだけど。007.gif
Bさん:まあ今日は下見みたいなもんだから適当に行くだけでいいんじゃない。
    どんな場所でどんな装備がいるかが分かれば次回にしっかり探せるから。
Aさん:しかしジュラ紀の地層っていうのがイマイチやね057.gif
Bさん:ホントに悲観的なやつだなー。025.gif

ぱぱ:ところで、なんかブログが2ちゃんねる風になってないですかー。
Aさん:You Tubeの動画にしても化石探しなんかは絵にならんだろ~。

そんな会話が続いて、コンビニでスポーツ飲料を買ったりしながら
のんびり行ったら、結局近辺にたどり着いたのは、午後2時を過ぎていたよ。
ほんとに探す暇はあまりないと思ってたんだけど、何と(@_@;)Bさんの超人的とも
思える大活躍で信じられないことが起こったよ。つづく・・・

d0171959_22390956.jpg
写真を追加したよ。
化石用のハンマーはもっていないんで、DIYで使っている1.1kgのハンマーとタガネを持って行ったよ。今回は山での採取になりそうだったので持って行ったけど、子供が泳ぐ可能性のある川では割った石でケガをしたらいけないんで持って行かないよ。わんわんわん053.gif053.gif053.gif


[PR]

化石サンゴ宝島編1(それは1枚の地図から始まった)

053.gifついに四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新シリーズがはじまったよ。003.gif
登場人物 
うぐまる・・・ブログ主(ミックス犬)、正確な情報を心がけているつもりだよ
パパ・・・うぐまる家のお父さん(犬じゃないよ)、化石は素人
Aさん・・・パパの友人化石サンゴ4、13のデュラミナ(ダルハミナ)・
      ハシモトイの持ち主、昔化石をちょっとだけ集めていた
      のでこの3人の中では化石に詳しいよ
Bさん・・・Aさんの古い友人希少な産地の菊花石や赤いウミユリを
      持っているが、それはたまたま見つけただけで化石は全くの素人

化石サンゴ12(赤いウミユリ)にお話は戻るよ。
Aさん:県内に別の産地があるみたいだよ。
パパ:それってどこですか。
Aさん:かなり以前の話だけど、土佐山桑尾の産地の近くにあって、
   赤いのは無いって話だった、赤じゃなきゃ駄目だと行かなかったよ。
パパ:なーんだ042.gif実は変な地図を仕入れたんですけど、そんなの
   知ってるよなんて言われそうであせりました。
Bさん:古い地図やなー、75000分の1じゃない、戦前?
Aさん:×印の場所が分かりにくいな~、(地図にx印が付いていた、パソコンで
   地質図ナビを確認して)けど地質図ナビで見たらその辺は、
   ジュラ紀の地層ですぐ近くにはペルム紀はなさそうやね。
パパ:ネットに地質図ナビなんてのがあるんですか!!
   ぜーんぜん知らんかったわ・・・。
   ジュラ紀の地層じゃこれはガセネタですかね~057.gif
Bさん:案外ほんとかもしれないよ、書き方が真面目な感じだし。056.gif
Aさん:とっくに採りつくされてるんじゃないかな~。057.gif
Bさん:こんな昔には交通手段が少なかったから、よっぽどの
   物好き以外は行ってないんじゃないのかな、
   ひょっとしたらそのまま忘れ去られたのかもしれないよ。056.gif
パパ、Aさん:そんなもんですかね~。002.gif
Bさん:田舎者にしかわからない移動時間の感覚だよ。それより海賊の
   宝探しか埋蔵金の地図みたいで面白そうじゃない。
   みつからない菊花石より夢があっていいんじゃないの!!
  (これで宝島編になったんだよ)
全員:明日そこへ行ってみようぜ。
ということで、菊花石を探すためのミーティングがあっという間に宝探しになっちゃたよ003.gif
Bさん:じゃー明日行くときにウミユリをもってくるよ。
次回へつづく・・・

ウミユリが化石サンゴ番外編じゃなかったのは、新シリーズの
プロローグだったからだよ。
d0171959_00085531.jpg
おまたせしました、真ん中2つの紅白の細い所に注目してね。
くどいようだけど、四射サンゴ(デュラミナ・ハシモトイ)の産地
高知市土佐山桑尾近辺じゃないよ。わんわんわん053.gif053.gif053.gif

[PR]

化石サンゴ13(未加工の化石2)

今日は真面目で面白くないような学問的なお話だよ。002.gif今後じっくり見たくなるかもしれないので、化石サンゴ4の化石をAさんにお願いして撮り直したよ、少しは構造が見やすくなったかな。
d0171959_13042591.jpg
ブログ化石サンゴはデュラミナ・ハシモトイを正しく紹介するコーナーなので、正しい情報を一度整理してみるよ。
正式にはDurhaminidea科Durhamina hasimotoi 読み方は名前を付けた北海道大学のサイトではダーラミナ、多いのがデュラミナ、ダルハミナ、このどれかで呼ばれているよ。ハシモトイはどこも同じだよ。
このサンゴは3回学名が変わった経緯があるよ、コーウェニア→ファンギア→デュラミナ、最後は北海道大学の教授が名前を付けているよ。
基本的に時代はペルム紀(以前の二畳期がペルム紀に名前が変わったよ)の化石だよ。産地は元々、高知県土佐郡土佐山村桑尾だったけど、合併で高知県高知市土佐山桑尾になっているよ。あれもこれも名前が変わっているので色々と勘違いしてる方が多いし、昔に書いた記事はその時は正解だったけど今は分かりにくい場合があるので古いデータを見る時の参考にしてね。
今のところデュラミナ・ハシモトイは土佐山桑尾産のみで、かつ採取されつくして地層からの直接採取は出来ないよ。
**2017年6月24日追記**
この記事の後で連載した化石サンゴ宝島編の化石サンゴがデュラミナ・ハシモトイにほぼ間違いないことがわかったよ。
産地は土佐山桑尾とは全くの別産地だよ。

**ここからは元々書いた記事だよ**
おまけで書くけど、デュラミナ属は他にDurhamina suzukensis(三重県鈴鹿山麓系)、Durhamina kitakamiensis(岩手県大船渡市日頃市町坂本沢、宮城県気仙沼市上八瀬)、Durhamina sp(岐阜県大垣市)これは北海道大学のデータ分、Durhamina (岐阜県大垣市赤坂町金生山)小さな化石の標本室分があるはずだよ。デュラミナ科の珊瑚もいくつかあるみたいだよ。ここはハシモトイのコーナーだからこのおまけは各自で確認してね。

053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
ここからが次回以降のお知らせだよ。
デュラミナ・ハシモトイらしき化石の別産地(土佐山近辺じゃないよ)
での採取記を小出しに連載予定で~す。
ちょっと大きく出るけど、日本中のデュラミナファン必見の連載だよ。
053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif楽しみにしてね~053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif



[PR]

ウグ丸 誕生日おめでとう

    昨日、3月9日は
    ウグの13歳の誕生日でした。

d0171959_07084875.jpg
       ウグが我が家の一員になって
       もう13年も経つのかあ067.gif






d0171959_07104754.jpg





d0171959_07112612.jpg
       すっかりお爺ちゃんになったウグですが
       毛が白いおかげで白髪がわからず
       見た目はあまり変わりません016.gif


       でも、白内障や腰痛   
       血圧を下げる薬も飲んでます。

       ヨボヨボになっても
       寝たきりになっても
       長生きしてほしいです053.gif053.gif053.gif

[PR]

化石サンゴ12(赤いウミユリ)

ウミユリは番外編のカテゴリーだけど今日は化石サンゴになってるよ。006.gif

菊花石探しの相談で僕のパパ(ugumaru)とAさんBさんの3人でお酒を飲んでいたら、
最近デュラミナも認知されてきたのか、どこかでこれは何ですかデュラミナ・
ハシモトイじゃないですかみたいな記事があるという話になった。009.gif

ネットを確認したAさんがugumaruが教えてあげたらいいじゃないと
酔った勢いで無責任発言、008.gif
ugumaru:でも僕は犬だから専門家じゃないし、ほとんど化石も
     持ってないからだめですよ・・・
Aさん:そういえばBさん赤いウミユリを庭の飛び石にしてたよね。
Bさん:ウミユリと気付かずにAさんに贅沢なやつだなと言われたあれか005.gif
ugumaru:ところでAさんデュラミナ・ハシモトイは土佐山以外にあるんですか。
Aさん:どうも県内に別産地があるみたいなんだけど他県にはないはずだよ。
ugumaru:ほんとですか、じゃーこいつはなんでしょうね?
Aさん:そいつはdurhamina kitakamiensis じゃないの、北海道大学の
化石標本データで見た記憶があるよ。デュラミナ属は結構種類があるんだよ。

北海道大学のサイトを確認して
ugumaru:岩手県大船渡市日頃市町坂本沢・白鳥沢の東山麓で産出するって
出てますね、Aさん化石サンゴ持ってるだけのことはありますね~016.gif
Aさん:kitakamiensis はクサリサンゴにも多いから覚えやすいんだよ。
その後今後のことで盛り上がったあと
Bさん:じゃ~今度○○へ行くときにウミユリ持ってくるよ。
で持ってきてくれたのがこれ
d0171959_00322295.jpg
飛び石で結構頻繁に踏んでたんだって 確かに贅沢
d0171959_00331675.jpg
そういえば周りの土佐桜石灰岩が赤いのはあるけど芯とか周り以外は
白いんでウミユリの赤いのは見たことないかも。わんわんわん053.gif053.gif053.gif





[PR]

化石サンゴ番外編16(希少な菊花石4)

前回の続きでBさんの菊花石のお話だよ。
ふらふらになったBさんが、行った日陰にあったものは、
なんと家に置いてきたはずの菊花石がそこに転がっていたのです。005.gif

「いったいどうしたことだ」ひだる神に憑かれたようになるし、
タヌキにでも化かされたのか、天狗にからかわれているのか、
と一瞬わけがわからないような気分だったそうです。025.gif025.gif025.gif

それがこれ。これは見間違えるわけだわ・・・
d0171959_23371068.jpg
結果的にはほぼ同じ大きさの片割れが落ちていたということです。

見せていただいた実物は、丸い石が真ん中で割れている感じです。
他のサイトに菊花石は花芯で割れるという話が載っていましたが、
まさにそんな感じ。
その後何回かそのあたりを探しに行ったのですが、これ以外の
菊花石はなかったそうです。
産地も場所も分かっているのに他に見つからないから、
Bさん曰く「幻の菊花石」だそうです。
ちなみに春になったら、Aさんと一緒に産地へ連れて行って下さる
そうです。053.gif053.gif053.gifたのしみ~。
d0171959_23524826.jpg
ぴったり合わさります。あたりまえか~058.gif058.gif058.gif
世の中にはラッキーな方がいらっしゃるんですね~。



[PR]

ご近所の珍事件、続報

    先日、ご近所で
    アリクイみたいな、見たことのない生物の
    目撃情報から
    動物園に電話をして問い合わせたら
    ハクビシンが疥癬という病気にかかっていただけ011.gif

    そんな笑い話事件が起きた事を
    ブログに書いたのですが、
    その後また、目撃者がいたとかで
    またまた大笑いしました003.gif

    犬の散歩に来ていたおじさんが
    「奥さん、奥さん、僕は凄いものを見てしまいました005.gif
    見て下さい、スマホで写真を撮ったんです。
    ここを散歩していたら、ほら、あのあたりで
    見た事もない生物を見ちゃったんですよ。」

    そう言っておじさんがスマホの画像を見せてくれると
    そこには、先日のハクビシンが写っていて
   
    「ああ、これはハクビシンが疥癬と言う病気にかかって、
    こんな風になってるんだそうですよ018.gif
    実は私も大騒ぎをして、友達が動物園に電話をしてくれて
    わかったんですけどね(^_-)
    でも、本当に何か?未確認生物?って
    思いますよね。」

   おじさんは、「そうなんですかあ(^-^;」と
   笑っていたそうです。

    これからも続々と目撃者が現れるかも011.gif

[PR]

洋服のプレゼント❤頂いちゃいました(^_^)v

   犬服を縫ってくれてる友人が
   ウグにと、素敵な洋服を作ってくれました(^_-)
d0171959_19373318.jpg
   昨夜シャンプーして
   頭の辺りを散髪したウグ053.gif

   とっても可愛い黄色016.gif016.gif016.gif
   よく似合ってます072.gif

[PR]

化石サンゴ11(風化したデュラミナ・ハシモトイ)

久しぶりに土佐山桑尾の山サンゴことデュラミナ・ハシモトイ(四射サンゴ類)
の新着情報で~す。

デュラミナ・ハシモトイ探しに産地直下の川に簡単に行けるのは
今の時期(1月から3月)しかないので、久々にいってみたよ。
なんで今の時期かは最後の方に詳細を書いているよ。
その成果がこれ053.gif053.gif053.gif
d0171959_20284007.jpg
d0171959_20291584.jpg
風化して茶色く変色してるけど割れた面をちょっとだけ研磨すると
黒いデュラミナ・ハシモトイだったよ。化石サンゴ10の黒いものより
わかりやすいかな。
d0171959_20373353.jpg
これが風化面
d0171959_20404829.jpg
d0171959_20375011.jpg
風化面の方がサンゴ化石とわかりやすいですね

今の時期が産地直下に行きやすいのは、
川が枯れていて川沿いに上りやすい。
雑草がないので古い道から小さな橋をわたっても行きやすい。
蛇が出ないし蜘蛛の巣もないので気楽に行ける。
夏場なら対岸から川の中を水に浸かりながら渡って本流との
合流点へ行かないと、冬に行ける道は夏場は雑草で行く気が起きない。
こんな理由です。

風化面を見ていると、ここが地上に露出していたんだろうなと想像されます。
昔は誰でも採取に行けたと聞いていますので、こんなのが層になって続いて
いたんでしょうね。
今ではこんなに小さくて黒いものでさえ採取にはかなりの時間と根気が必要です。
採りつくされたものを探すのってホントに大変です。わんわんわん042.gif042.gif042.gif


[PR]

化石サンゴ番外編15(希少な菊花石3)

今回もBさんの菊花石のお話だよ。053.gif

拾ってきた石が菊花石だとわかって、よく観察してみると027.gif
苔が生えていて地上に出ていたと思われる部分と、地面に埋まっていた
部分があることに気づき、ひょっとすると地面に埋まっていた部分の先に
菊花石の層があるかもと考え、3日ぐらい後で再度拾った場所へ行ったそうです。

こんな感じで上が割れた部分下が露出して苔が生えている部分。
d0171959_21500585.jpg
山道には同じような土砂崩れの場所があり、最初に拾った場所を間違えて
別の場所を探していたそうです。その日は5月上旬で天気がよく日差しは
強かったのですが海抜千メートル超の場所で暑くは無いのに、10分ぐらい
探した時に熱中症になったように体がけだるく、力が入らなくなって042.gif042.gif
まるで「ひだる」に取憑かれたのではないかと思うような状態になったそうです。

「ひだる」とはひだる神のことです詳しく知りたい方はネットで調べてね。
Bさんが小さい頃は、山に行く時は必ずお弁当の1粒のコメでも残しておいて
ひだるに取憑かれたと思ったら食べるように言われたらしいよ。005.gif

d0171959_22013061.jpg
上の写真の右下のアップ
d0171959_22022443.jpg
そこでちょっとはなれた日陰に何とか歩いていって一休みしようとしたところ
そこには、(@_@;)なな なんと・・・次回へつづく。わんわんわん058.gif058.gif


[PR]

「いわくつきの家」あなたは住む?

    貧乏学生Aは、トイレ・お風呂が共同
    6帖一間に小さな炊事場が付いたアパートに
    住んでいた。
    隣の部屋とは、薄い壁一つで仕切られているだけで
    隣の住人が今何をしているかがわかるくらい
    音が筒抜けだった。

    引っ越してすぐの頃は
    「どうやらアベックが住んでいるな?」
    そう思っていたが
    いつの間にか静かになり
    「なーんだ、別れたのか・・・
     でも、静かになっていいや。
     勉強がはかどるしな。」

     会った事もない隣の住人を
     勝手に思い込んでいた。

     しばらくして、真夜中になると
    「○×○×○×・・・・」
     隣の部屋から会話しているような声が
     聞こえてくるようになった。
     「また、よりを戻して帰ってきたのか。
      真夜中に礼儀知らずな奴らだなあ」

     Aは、何を言っているかはわからないが
     ボソボソと聞こえる声に
     イライラしながら勉強をしていた。

     しかし、その真夜中の会話は
     毎晩続き、たまりかねたAは
     壁を「ドンドン」と二回叩いた。
     
     しばらく静かになったが
     また声が聞こえてくる。
     Aは、さっきよりも大きい音が出るよう
     「ドン・ドン」と叩いてみた。
     すると、また静かになる・・・

     「今度こそ静かにするだろう。」

     Aは、すっかり勉強する気を失い
     しばらく布団の上に寝転がり
     天井を仰いでいた。
     すると、今度はシクシク泣き声が聞こえてきた。

     耳をこらして聞いていると
     その泣き声は隣の部屋から・・・
     「今度は泣いてんのか。いい加減にしてくれよ。」

     Aは腹が立ちながらもいつの間にか眠っていた。

     翌朝、目が覚めたAは
     すぐさま大家さんの所に向かい
     隣の話声の苦情を訴えた。

     大家は、「おかしいですね。カギはかかっていないのに
     誰も居ないようですねえ。」
     そう言いながらドアのぶに手をかけ
     部屋の中を覗いた。

     「死、死んでるーー」

     あまりの衝撃に腰をぬかした大家は
     Aに向かって部屋の中を指差した。

     Aは恐る恐る入口から身を乗り出して
     狭い部屋を覗いた。
     
     そこには見た事のない隣の住人と
     その彼女らしき女性の無残な姿が・・・

     その後、警察の調べで
     死後1週間は経っているとわかった。
     Aの部屋に聞こえてきた話声は
     2人が死んだ後に会話をしていた・・・
     と言う事なのだろうか?
    
    
     Aはすぐにアパートを引っ越した。

     この話は知人が大学生時代に友人から聞いた話です。
     こんな怖い経験したら
     一生忘れられませんよね(-_-;)

     家やアパート・・・
     いわくつきの物件はあるようですね。
     息子が大学に入った時に
     不動産屋さんにいろいろな物件を
     見せてもらいました。
     その移動中の車の中で
     「幽霊の出る物件なんてあるんですか・」と
     冗談まがいに聞いてみました。
     すると、
     「実はあるんです。幽霊が出ると言う
     噂のある物件ですけどね(-_-;)
     格安にして、事情も話すのですが、あるお坊さんが
     自分で成仏させるから大丈夫と言って
     借りてくれましたけどね^_^;」

     「へぇーーーー。そうなんですか。
     自分で御経を唱えれるなら怖くないんですかねぇ」
 
     妙に納得して、そのお坊さんが今も住んでるかまでは
     聞きませんでしたけどね^_^;
     それにしても、色々な物件
     あるんですね


[PR]

春はすぐそこ

d0171959_21135253.jpg
         今年は金魚草やパンジーも
         綺麗に咲いてるので
         買い足す花も無かったのですが
         ラナンキュラスが好きな友達が
         ラナンキュラスを買いに行こうと
         誘ってくれたので一緒に花屋さんへ・・・056.gif056.gif056.gif


         ラナンキュラスは切り花にして
         一輪ざしにさしても可愛いですよね016.gif

        株が大きくなって華やかなネモフィラは
        そろそろ散りかけてるアリッサムの替わりに056.gif056.gif056.gif

        梅の花も咲き始め
        春はすぐそこまできてるような012.gif


     

[PR]

日曜日の散歩

     寒さのせいか?
     ちょっと腰や後ろ足の調子が悪く
     あまり長く歩きたがらないウグ002.gif

     散歩は短め
     恒例の「ブタ鼻を買いに」011.gif

d0171959_21011004.jpg
     いつもウキウキしながら
     お店に入るのに
     今日は何だかへっぴり腰008.gif

     どうやら、以前来た時に
     お店のワンコ(フレブルちゃん)が
     ウグを見てワンワン吠えたので
     「ここは、フレブルちゃんの家なんだ」と
     ウグは思っているみたいです011.gif




d0171959_21063313.jpg
         お店の前の歩道には
         いろんなワンコの臭いがするらしく
         臭いを嗅いでばかりで散歩になりません008.gif

         腰痛が悪化しないよう
         散歩は少しにして
         家に帰って腰のマッサージ066.gif

          マッサージをしてあげると
          調子いいみたいです053.gif053.gif053.gif












[PR]

化石サンゴ番外編14(希少な菊花石2)

今回から化石サンゴ番外編はBさんの菊花石のお話だよ。
お父さんのお友達Aさんにお願いしていたら、Bさんが快く
取材に応じてくれたよ。019.gif019.gif019.gif

Bさんは香美市の出身で、母親の神経痛の薬草になるオオツヅラフジを
探しに香美市の山中に行ったそうです。042.gif
山道に上側から土砂が崩れてきている場所があり、
土砂の中に花のような模様の石が転がっていたそうです。016.gif016.gif
d0171959_23150537.jpg
裏側は牙菊状になってるよ
d0171959_23143724.jpg
Bさんは菊花石の知識は無かったのですが、小さい頃にBさんの
おじいさんが言った言葉を思い出したそうです。039.gif
「菊のような模様の石があったら値打ちがあるんだけれど、
めったにない、川に行ったら探してみるけど見つけたことが無い」
たぶん昭和40年代の石ブームの頃なのでしょう。
Bさんのおっしゃるには、祖父は他の人が川で菊花石を拾った
ことがあるので探していたのではないかとのことでした。
d0171959_23161515.jpg
おじいさんの言葉を思い出したBさんは石を家に持って帰って、
インターネットで調べて菊花石だと気付いたそうです。(@_@;)
次回へつづくよ。わんわんわん053.gif053.gif053.gif




[PR]

バレンタインデー❤でも、その前に・・・

   14日はバレンタインデー053.gif053.gif053.gif
   しかし、それまでに何かあった?

   そうそう、12日は結婚記念日016.gif016.gif016.gif

   でも、既に何回目の結婚記念日なのか???
   覚えていません011.gif

   そう言えば、私の結婚式の日も
   「雪が積もっていて来るのが大変だった。」と
   友達が言ってました。
   こんな寒い時期に結婚したんだ005.gif
   あの頃は若かったなあ012.gif(当たり前だけど・・・)
  
   しみじみ~
   

[PR]

南国土佐も雪ですよ~(2017年)

    昨日、洗濯物を取り込むのに
    ベランダにでたら、
    何やら白い粉が舞っていて005.gif

    「何これ?」と思ったら雪でした018.gif

    でも、お日さまは出てるし
    これじゃ積もったりはしないなと・・・

    夕方になり陽が沈むと
    どんどん降り始め
    アッと言う間に雪が積もりました012.gif

    夜の散歩で公園に行くと
    うっすら積もった雪が
    街燈に照らされて
    とってもキレイでした053.gif053.gif053.gif
    
    朝寝坊したので
    雪はすっかり溶けていて
    陽の当らない場所に少し残っているだけ008.gif
    一度でいいから
    「かまくら」作ってみたいなあ016.gif



d0171959_13005958.jpg
          公園に雪が残ってました018.gif








d0171959_13015917.jpg
       庭に置いてあるベンチにも
       少しだけ・・・







d0171959_13024939.jpg
        ほっこり
        日向ぼっこするウグ丸






[PR]

夫がインフルエンザ

   先週金曜日から
   何だか寒気がするとか言って
   体調悪そうだった夫が
   土曜日の朝に38,8度という
   高熱を出しました008.gif

   すぐに近くの病院に行き
   検査をしてもらったら
   「普通の風邪ですね」と・・・
   翌日の日曜日も高熱が出て
   解熱剤を飲むと一時的に熱が下がるが
   薬がきれてくると
   また熱が上がる007.gif
   そんな繰り返し

   それでも月曜日の朝には
   37、4度だったので仕事にでました。
   すると、「もう一度検査したらインフルエンザだったので
   今から点滴をして家に帰る。」との電話が042.gif

   「えーーーーーっ?インフルエンザ?」

   そう言えば、息子が小さかった頃
   高熱が出たから急いで病院に行って
   インフルエンザの検査をしてもらったら
   「インフルエンザの反応は出てませんね」と言われ
   数日経っても良くならないので再診してもらうと
   「インフルエンザの反応が出ています。
   あまり早い時間に検査をすると、反応が出ない場合もありますから」と
   言われた事がありました009.gif

   今回の夫も同じ
   検査したのが早かったって事です(‥;)
   香港A型だとか015.gif

   幸い、いまのところ家族には移っていません006.gif

   夫が寝ている横にピッタリくっついて
   一緒に寝ていたウグも大丈夫のようです043.gif

[PR]

怖ーーイ話 「白い球」

   小さな田舎町に住む悟は
   辺りが暗くなり星がきれいに輝き始めたのを
   庭に出てぼんやり眺めていた。

   すると、遠くの山の方に白い球のような物が・・・

   「なんだろう?」
   そう思いながらジッとその球を見ていると
   それはどうやら灯りのような?光を放ちながら
   ゆらゆら揺れながら動いている。

   そして、その白い球は次第に悟の家の方に移動してきた。

   悟はその白い球が何なのか?
   目で確かめたいと、急いで竹垣の方に駆け出した。
   悟の家の庭には道路に面した部分に
   20メートルほどの幅の竹垣がある。
   高さは人の背丈ほどあるため
   そのままでは外が見えない。
   悟は何とかしてその白い球を見ようと
   竹垣の隙間から身を乗り出して
   覗いた。

   「こ、これは、隣の婆さんじゃないか」

   山からゆらゆらと飛んできた白い球は
   何と、隣に住む婆さんが宙に浮いて
   スルスルスルーっと飛んでいたのだった。
   悟の目の前を、こちらに気付く様子もなく
   自分の家に入って行った。

   悟は、あまりの恐怖で
   転げるように家の中に逃げ込み

   ガタガタ震えながら、自分が見た事を思い出していた。
   「今日は隣の婆さんの葬式だ。山で光って見えていた白い球は
    婆さんの墓がある場所だ・・・」
   墓から婆さんの魂が帰ってきていた・・・とでも言うのであろうか???

[PR]

アクティビティな生活かあ

   先日甲状腺ホルモンの検査をしたら
   やや亢進気味という事で
   先生が、「○○さん、しんどいでしょ?」と
   脈を計っていましたが、
   「私、鈍感なので自覚がありません(‥;)」と
   答えました。

   「あまり、アクティビティな生活をしていないと
   言ってましたね。そのせいかなあ?」

   ・・・アクティビティな生活かあm(-_-)m

   一日中何かしら動いている気はするけど
   家事にしてもウグの散歩にしても
   スローペースだし
   移動はほぼ車だし015.gif
   とてもアクティビティではないなあ(-。-;)

   これがガンガン動き回っていたら
   きっとゼハゼハ息切れするんだろうなあ^_^;
   自分で手首の脈を計ってもわかるくらい
   脈は早いのに・・・
   横になりたいと思う事もない(@_@;)
   どれだけ鈍感なの076.gif

   今日は久しぶりに千葉の入院仲間から
   「元気~(^_^)v」と電話があった
   私よりかなり年上で
   病気の大先輩
   初めて入院した時に隣のベッドだった人016.gif
   私が上京した時や入院する時は
   他の入院仲間を連れて会いに来てくれます(^_-)-☆
   そんなおばちゃんはこの病気についても
   貴重な経験者なので
   わからない事はいつも聞いてます。
   薬の量がまた増えたことを話すと
   「私なんか、もう何十年もその繰り返しだよ006.gif
   でもね、今は仕事も忙しいし、
   孫のお世話もしなきゃいけないし、
   主人が肺がんになっちゃってね・・・
   昨年は大変だったの(‥;)
   また落ち着いたらみんなで会おうね(^_-)」と
   明るくパワフルなおばちゃんの声を聞いて
   「凄いなあ、この人は・・・」
   ただただ感心するばかりです012.gif
   アクティビティな生活目指し頑張るか(^^)v

[PR]

ご近所で、珍事件(@_@;)

   ご近所の奥さんと井戸端会議をしていたら
   1人の奥さんが
   「昨日、私、すごい物見たで。」と言うので
   みんなが、「何?何?」と興味深々005.gif

   「庭に置いてある猫が入る為のハウスを覗いたら
    体の大きさが猫くらいで、しっぽはネズミみたいで、
    体中に毛が無くて、肌色で・・・
    目は糸のように細くて、口がこんなに長い生き物。
    アリクイみたいな口ながよ。

    それで、慌てて携帯で写メを撮ったけど
    充電ができてなくて・・・
    急いで充電してから、また写メを撮ったのに
    今度は、ズームしすぎて、その生き物じゃなく
    お皿しか写ってないけど、これ見て!!」と
    携帯の画像を見せてくれました018.gif

    私たち世代は未だにガラケーの人も多く
    写メなど撮り慣れてないので
    急いだ時はこの奥さんみたいになります011.gif
    確かに、ニャンコのご飯の入ったお皿が
    どアップで写っているだけで・・・
    もう一枚の画像にかすかに何かが写っているようなので
    その暗い画像を、ルーペを持ってきて
    かわりばんこに検証しました011.gif

    「あっ、ここに何か毛みたいな物が写っている」
    「どこどこ?ほんと(@_@;)」

    「あっ、それ毛布が写っいるだけ(‥;)」・・・
     などと、ワイワイ言いながら
     今度は、それが何かに話題が移って・・・

     「アリクイって、動物園しかおらんろ?」
     「じゃあ、動物園から抜け出してきた?」
     「動物園からアリクイが脱走したなんてニュースは
      聞かんでね。」
    
     「でも、最近はいろんな動物を飼ったりする人もいるし・・・
     ワニやニシキヘビが・・・なんてニュースもあるしね」
     アリクイなんて、暖かい地方の生き物やろ?
     こんな所にいたら死ぬんじゃない・」

     話はどんどんエスカレートし、
     動物園に電話してみようと言う事に・・・(^-^;

     代表して私が電話を・・・011.gif

     「もしもし、つかぬ事を伺いますが、そちらにアリクイは
      いますか?

     ○○○に住んでる者なのですが、
     実は昨日、庭に置いてある猫が休むハウスの中に
     大きさが猫くらいで、しっぽがネズミみたいで・・・」と
     特徴を話しました。
     すると、相手の方(獣医さんかな?)が
     「お話を伺った限りでは、タヌキが疥癬(かいせん)と言う皮膚病にかかって
     いるんだと思います。」


     「タヌキですかあーー(@_@;)
     でも、目は糸のように細く、口がアリクイみたいに長いんですよ」

     思いがけない答えに驚きました005.gif005.gif005.gif

     「アリクイは都会の方では個人で飼っている人もいるようですが
      とても高額で手に入りにくいので考えにくいですね。
      今、タヌキの中で疥癬と言う病気が流行っているという
      報告がありますので、おそらくタヌキ?口が長いと言う事から
      ハクビシンかもしれません。
      尻尾や体の毛が無くなっていて、腫れがひどいと
      目も細くなりますから・・・
      猫に移らないように、そのハウスの中身は一緒にしないように。
      もし、移っても動物病院に行って注射をすれば治りますから。」

      「そうですかあ026.gif納得です。
       有難うございました。」

      みんなで、「疥癬にかかったハクビシン045.gifそうかあ・・・
      電話してみて良かったね(*^^)v
      物凄く、納得012.gif

      こうして、アリクイ出現の珍事件は幕を閉じました023.gif


[PR]

カワラタケとコフキサルノコシカケでお茶を作ったよ

今日はカワラタケとコフキサルノコシカケを使ったお茶を
短時間で作って見るよ(自分流)056.gif

手順
①キノコをカットしたり削ったりして成分が出やすくする。
 結構手間(カワラタケ)と力(コフキサルノコシカケ)がいるよ。042.gif
 今回は撮影用に作ったけど、まとめて作っておいてそれを使っているよ。
d0171959_16335421.jpg
d0171959_16342437.jpg
ナイフで削るのは結構力が必要だよ!!だからいつもお父さんに頼んでいるよ060.gif
d0171959_16351340.jpg
d0171959_16353764.jpg

②普段より多めの水でそのまま煮出す。
 カットすることで、水に浸る面積が増える
 から、水に浸して20分ぐらい置いておく
といった手順は省くことができるよ003.gif

いつも使っている薬用土瓶(直火可で10年以上使ってるよ)
d0171959_16360171.jpg

③いつも作っている水の量よりちょっと多めで、一気に沸騰させて煮出す。
 温度が高くて、削ったりカットした分早く抽出されるので短時間で出来上がり。

 全部抽出されているかは、一度土瓶から保存容器に抽出液を移して、残ったカワラタケ
 やコフキサルノコシカケに水を入れて、再度煎じて見るとお茶の色がほとんど出なければ
 ほぼ抽出できているよ。2度目の分も色が出ていれば飲めるけど、お茶の出がらしみたいで
 味が水っぽくなるよ053.gif
d0171959_16361549.jpg
出来上がりはこんな感じ。カワラタケのみの場合よりも色が濃い~。


058.gif058.gif058.gif慣れてくるとお茶の色で、煎じるのはこの辺でいいかが分かる様になるよ。058.gif058.gif058.gif


サルノコシカケを採りに行った山中で怪奇現象に出会った話を
怖ーーい話サルノコシカケ編で紹介しています。本当の話で怖いです。
一度見てね~。


[PR]

高知の方言も、色々ありまして・・・

     ご存知のように、高知県は東西に長く
     端から端まで車で移動すると
     6時間以上かかります。

     それだけ離れている訳ですから
     当然、言葉も随分違います。

     私の生まれ故郷の四万十市(旧中村市)は
     県西部にあたり
     いわゆる「土佐弁」とはかなり違います。

     たとえば・・・
     「○○してる」を土佐弁で言うと

     「○○ちゅう」と言うのに対して

     「○○しちょう」と言います。

      土佐弁の語尾に

     「~やきー」と付けるのに対しては

     「~けん」と言います。

      最も違いがわかるのは、

      イントネーション005.gif

      土佐弁が関西弁に近いイントネーションに対し
      関東に近いイントネーションです。

      我が家では、土佐弁に近い夫と
      幡多弁(高知県西部)の私のコラボ060.gif
      ごちゃごちゃです011.gif

      土佐弁で代表的な、「なめたら いかんぜよ」などの
      「○○ぜよ」は
      今はほとんど使いませんけどね011.gif

      
     

[PR]