化石サンゴ番外編18(大穴峡の四射サンゴ)

久しぶりに化石サンゴ系の記事だよ。

夏休みの宿題で化石探しをしている良い子のみんなや
その父兄の方々暑いので熱中症には気をつけてねー。174.png174.png174.png

いつものウグ丸散歩に大穴峡に行ったら変な模様の石が・・・。
大きいので直径10ミリ、小さい方は7~8ミリだよ。
d0171959_22272471.jpg
これってサンゴの化石みたい。157.png
ワーゲノフィルムみたいな四射サンゴ
d0171959_22292520.jpg
ある時はあるんだな~。
d0171959_22305720.jpg
残念だけどデュラミナ・ハシモトイじゃないよ。134.png


縦断面です。
d0171959_22323360.jpg
拡大してもわかりにくい。141.png
d0171959_22423372.jpg
d0171959_22392726.jpg

散歩中に何か勝手に目についたよ。Bさんフォース???166.png
夏休みの宿題に採取に来ても簡単には見つからないので念のため。153.png

大穴峡は泳ぎに来た方が楽しいよ。わんわんわん。162.png162.png162.png

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-31 22:43 | 化石サンゴ | Comments(2)

怖ーーい話サルノコシカケ編3(藪の中の何か)

サルノコシカケを採りに山中に入ると、
どうしてこんなにいろんなものに遭遇するのだろうか・・・。119.png

その日は大豊町南大王から鉢が森方面に向かってサルノコシカケ探しに行った。
冬の寒い時期で、つららが下がっていた。
林道を車で行く予定だったが、途中道が崩れていたので徒歩になった。

香美市香北町への林道を上ると、頂上に近い峠付近には、
無線中継所の廃墟があり、いつ見ても気持ちが悪い。122.png
「夜来るような場所じゃないな」などと思いつつ廃墟を横目で見ながら
サルノコシカケを探したが、結局お目当てのサルノコシカケにはお目にかかれなかった。

仕方がないので、帰ることにした。
帰り道の途中、木が密集して薄暗い場所にさしかかった時だった。
突然道の右手の藪がガサガサっと小さな音を立てた。144.png
きっとキジとかヤマドリのような大型の野鳥がいるんだろうと思った。

次の瞬間、藪が大きく揺れるとそこから真っ黒い大きな塊が
3メートル先の道路に現れた。(@ ̄□ ̄@;)!!149.png149.png149.png149.png149.png








ゲー!!!!!超大きいイノシシじゃないか。
こんなところで鉢合わせかよ~。丸腰じゃないか・・・。149.png149.png149.png

ばっちりイノシシと目が合った。134.png
イノシシも な、な、なんでこんなところに人間が~!!!みたいな顔をして、
まるで競走馬が走っているようなドドドドドっていう
凄い足音を出して、一目散に道路を走って逃げて行った。( ゚д゚)146.pngぽか~ん。
足音が聞こえているくらいだから結構冷静。

ばったり出会ってもけっこう襲っては来ないもんだ、162.png162.png162.png
逃げた方には車が止めてあるので、嫌でもイノシシが逃げた方へ行くしかない
あまりいい気持ちはしなかったが、不思議に怖いとは感じなかった。

ちょっと怖さに鈍感すぎるのだろうか・・・・。















[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-25 22:18 | 怖ーーい話 | Comments(0)

今日の散歩

     朝はカンカン照りの天気だったのに
     午後になり通り雨が降ったり・・・139.png

     この暑さで家の前を通る人も少なく
     吠えるお仕事のないウグは
     エアコンの効いた部屋で夜みたいにずっと寝ているので
     さて、どこかに連れて行かないと・・・119.png

     ・・・と言うことで
     すぐ近くにある谷に連れて行ってきました101.png

d0171959_16385478.jpg
     「ホタルの保護区域」という立札があって
     山から流れてくる水のせいで
     ここだけ別世界110.png
     涼しい風が吹いていました




d0171959_16411707.jpg
            ちっとも嬉しそうにない顔で写っていますが
            水の中を歩いて気持ちよさそうにしてました111.png

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-23 16:43 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

世界に一つだけのTシャツ

    犬服のお客様で、
    今ではすっかりお客様と出品者の域を越え
    歳の離れたお友達のようなAさんが
    素敵なプレゼントを下さいました(^^)v

    これまでも沢山色々な物を頂いたのですが
    これはこれは凄いものです162.png162.png162.png

    
d0171959_20524627.jpg
            ネイビーのTシャツに
            ウグの写真がプリントされてます113.png




d0171959_20542951.jpg
           こちらの赤いTシャツは
           夫の分です(^_-)-☆



            もったいないので、特別な時だけ着ようと思ってます110.png110.png110.png

            しかし、特別な時っていつ???

            ずっと大切にしまーす(^^)v

            世界に一つだけのTシャツ

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-22 20:59 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

今日の散歩

  昨日は、夫の実家に
  お中元を持って行きました101.png

  夫の父親は92歳ですが
  頭はシャキッとしていて
  ウグが行くのをいつも楽しみにしてくれるので
  往復2時間かけて
  ウグも連れて行きました105.png

  
d0171959_19463101.jpg
    「テクノパーク」で途中休憩127.png




d0171959_19481371.jpg
        しかし・・・
        至る所にこの看板が(≧∇≦)




d0171959_19495377.jpg
d0171959_20195665.jpg
          確か?
          前に来た時は「マムシ注意」と書いている看板が
          目についたのに・・・

          どくへび注意の方が
          わかりやすいからかな?


       
d0171959_19531514.jpg
d0171959_19533630.jpg
           「ダメダメ118.png
            そういう茂みはヘビがいるかも」

           
d0171959_19551960.jpg
             とにかく私はヘビの事が気になり
             落ち着かないので
             場所を替えて
             「アンパンマンミュージアム」に・・・

             休日だからか、県外ナンバーの車も多く
             小さいお子さんを連れた人がたくさんいました101.png

             年に数回しか行かないのに
             やっぱり親戚ってわかるのか???
             「うん、ここおじいちゃんちだよね110.png」とばかり
             リラックスモード111.png111.png111.png
             

             「ウグ丸、よくきたね~。
              いい犬じゃ、いい犬じゃ112.png」と

              おじいちゃんに喜んでもらえご満悦ーーのウグでした162.png162.png162.png
            





           

  

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-17 20:05 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

今日の散歩

    梅雨の間、全然行けなかった近くの川に
    
    行ってきました101.png

    大学生らしき20人ほどの人が

    バーベキューをしているのを横目に・・・

d0171959_21305381.jpg
    昨年の夏には
    毎週のように川に行ってジャブジャブ入っていたのに

    久しぶりに行くと
    何だか足元がぎこちない動き131.png
    

    昨年できていたことが
    今年はできないかも・・・
    わかってはいるけど、悲しいです120.png

    今度は小石ではなく砂地みたいな場所を探して
    ウグが歩きやすい所を探してみます(^^)v



[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-15 21:38 | うぐまるのこと。 | Comments(0)

いつものウグ

d0171959_21091321.jpg
          目が光って怖い顔ですが105.png

          下から「ウグーー」と呼ぶと
          二階の階段の踊り場からひょっこり顔を出して
         「何でしょう?」という顔でこちらを見ています109.png

          その様子が面白くて
         「家政婦は見た」とかいうドラマで
          ドアの隙間から家政婦が覗いているのに似てると
          家族の間でウケてます104.png


d0171959_21092521.jpg
          しばらく首だけ出した状態で階段下を覗いていますが
          次に、一段だけ降りて
          またしばらくこちらを見ています111.png

          「ウグちゃん、起きたの~162.png美味しいもん食べようか」
          ・・・の言葉につられて
          やっとリビングにやってきます105.png




d0171959_21083545.jpg
           そして、子犬の時からやめられない
           指しゃぶり111.png111.png111.png

           朝起きた時や、夜寝る時など
           甘えたくなると指しゃぶりをしたがります

           夫の親指をハグハグ126.png

          
         

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-10 21:29 | うぐまるのこと。 | Comments(2)

バネ指手術 その後

   中指の手術をして
   かれこれ二か月ほど経ちました

   包丁でカボチャも切れるし
   生活に支障は無くなりました101.png

   でも、違和感というか・・・
   全く元通りとはいえません

   気にし始めると
   違和感が増すので
   できるだけ気にせず忘れているのがいいような111.png

   それよりも、左手の人差し指に
   カクン、カクンとバネ指の症状が(≧∇≦)

   まだ手術はしたくないので
   できるだけ使わないようにしなくては・・・(;^_^A

[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-09 22:42 | バネ指 | Comments(0)

化石サンゴ スターワオーズ編8(川津南地区はゴロゴロ)

前回道路にゴロゴロしているって書いたので、
今日はそのゴロゴロをお見せしま~す。

前回拾った場所から20メートルくらい離れた道路上の
泥土の中にも石灰岩がいっぱいあったよ。
それらしい石を2個採取して帰って洗ってみると113.png

層孔虫の風化面が
d0171959_00301608.jpg

こっちにも
d0171959_00310185.jpg
d0171959_00312875.jpg
上の分の中ほどの拡大


d0171959_00314731.jpg
左上の拡大


d0171959_00320890.jpg
まるで象形文字みたいで面白いよ。


こんなにも道路にゴロゴロ転がっているなんて、城川町の実力恐るべし。
河原にクサリサンゴがゴロゴロ転がっている越知町は並外れた凄さってことだね。
都会の人には考えられない環境なんだろうな~。

174.png174.png174.pngおしらせ174.png174.png174.png
化石サンゴスターワオーズ編は夏場に採取にいけないため、
ネタ切れになりましたので、冬場までお休みします。
化石サンゴ番外編等は引き続き掲載します。


[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-08 01:10 | 化石サンゴ | Comments(2)

怖ーーい話サルノコシカケ編2(山中の何か)

古い映画だが、アーノルドシュワルツェネッガー主演のプレデター
の初回作をご存じだろうか。
ジャングルで、シュワルツェネッガーの部隊が、気配はするが見えない敵
(地球人狩りに来ている異星人プレデター)に襲われる話なのだが、そん
な映画のような思いをしたことがある。

徳島県と高知県香美市の県境に三嶺(みうね、さんれい)という割に
有名な山がある(最近は鹿の食害で有名かも)。
ここにもサルノコシカケを探しに行った。高知県側の光石登山口から
オカメ岩に上っていく昔からの登山道の途中にサルノコシカケはあった。
ここは比較的地面から高い場所にサルノコシカケがあって、手が届きに
くいため、その日は少々の収穫で山を下っていた。

急な斜面から平坦な場所に出た、もう少しで平坦だが川の横で片側が
川へ向かって崖になった場所が続く難所にかかろうとしたときだった。
殺気と言うのだろうか、背後に何かがいるような独特の気配がした。
ちょうどプレデターに背後の樹上から見られているような感じ、
あるいはデスノートの死神が背後に浮かんでいるような感じと言っても
いいだろう。

背筋がぞ~として、鳥肌が立った。久々に超ヤバい149.png149.png149.png
後ろを振り返りたいが、振り返っても何も見えないのはわかっている。
「なんでこんなものに出会ったんだ」と言う思い、
「ここで振り返ったらやられるな」という思いが次々と浮かんでくる。
知らん顔で歩いたら離れていくかなと思ったが、
歩いても気配が離れていくように感じられない。
このまま歩いていたらこのすぐ先の崖で突き落とされるような気がした。
後ろに付かれた場所も最悪 Σ(゚д゚lll)ガーン
(追加)後ろを振り返り振り返り歩いた場合、振り返った方向に
進行方向が変わりやすく、足元をよく見なくなる、またあせって
早足になるとしっかり1歩ずつ体重をかけて歩けない等崖で足を
踏み外す危険が高くなる。


仕方がないので、祓の祝詞を唱えたところなんとか崖の手前で
離れていったように思えた。しばらくは後ろを振り返らず足元に
気を付けて崖地を通り抜けた。

あ~あ今日はヤバかった。きっと山で遭難する人の何%かは、
気付かずにやられるんだろうなと思える体験だった。
前回の怖ーーい話「山中の霊??」は見えてたけど
今回の体験はその100倍は怖かった。

実際体験しないとわからない。
文章で伝えるのが難しい体験であるが、雰囲気だけでも
わかって頂ければいいと思う。

得体の知れない何かがあなたを狙っているかもしれない。
登山や山に一人で行く方は気をつけてね。川や海にもいるんだろうな~。









[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-05 23:53 | 怖ーーい話 | Comments(0)