go go ugumaru!!

ugumaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:化石サンゴ( 56 )

化石サンゴ スターワオーズ編(予告)

A long time ago, in far away Sirokawa Ehime …..

d0171959_22485245.jpg

STAR WOWS

スター ワオーズ

d0171959_22485245.jpg

                        新たなる情報が

                 古い北海道大学の

              論文中から発見された。

           地名のみで地図は全くない

愛媛県城川町のどこかでかつて

       採取された化石の写生画と共に。

      ウグ丸とウグ丸パパは、嗅覚と

Bさんフォースを頼りにどこに

あるとも知れないファンギア

Spを求めて旅立った。


              


[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-26 22:49 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編21(宝島編最終回化石の考察)

宝島編最終回

化石サンゴ宝島編のデュラミナ・ハシモトイらしき化石についての考察

d0171959_00174786.jpg

この写真は、今まで出してない部分だよ。



今回は、非常に硬い話になるので、その気で見てください。

以前の記事でも一部書いたことがありますが、今回の考察で年代が必要であるため、再度記載します。

デュラミナ・ハシモトイは3度名前が付いていますが、1941年コーウェニア・ハシモトイ、1950年ファンギア・ハシモトイ、1965年デュラミナ・ハシモトイと変わっています。

 1955年の論文で、ファンギア・ハシモトイと紹介された岩手県大船渡市坂本沢のものは、1965年にデュラミナ・キタカミエンシスとして名前が変更になっています。(北海道大学のデータベースからデュラミナ・キタカミエンシスの写真と1955年の論文をご覧いただければ、同一の写真が論文ではファンギア・ハシモトイとして載っているので確認いただけると思います。)

今回、宝島編の発端となった地図は、1957年に描かれたものであり、書いた方は(H氏とする)、主にフズリナ化石をあちこちで採取し、地質の年代を調べていたようで、その中でたまたま今回の産地でデュラミナの化石を発見したと思われます。その論文中でファンギア・ハシモトイとして紹介しています。1957年であれば、H氏は土佐山のデュラミナ・ハシモトイを見たことがあるはずで、地図を描いた時点では同一のものと判断したと思われます。ただ前述のようにファンギアと呼ばれていた時代は、全てがハシモトイと分類されていたことから、現在のデュラミナ・ハシモトイと同じであったかは、H氏が採集したものがどのようなものだったか資料がなく比べようがありませんが、推測として、採取場所が同じであることから同じものと思われます。(2017年6月24日の宝島編22を見てね、H氏が採取した化石が見つかったよ)

ハシモトイ、キタカミエンシス、スズケンシスの違いは主に直径と大隔壁の数で、ハシモトイ直径1518ミリ、大隔壁3036、キタカミエンシス直径1214ミリ、大隔壁2230、スズケンシス直径811ミリ、大隔壁2126となっているようです。

宝島編の化石は、大隔壁が30本はありそうで、これよりデュラミナ・ハシモトイの可能性が高いと考えていますが、ヤッチェンギアのようによく似た化石も存在することから、今後採取した岩の中から保存の良いものが発見できればと考えています。2回目の採取品も今後詳しく調べる必要があり、フズリナ等の別のものという可能性も高くそこも含めて調べようと思っています。宝島編は今回で終了しますが、今後研磨等を通じて新しい発見があればこのブログで報告したいと思います。


硬いお話で肩がこったよ。わんわんわん174.png174.png174.png


[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-22 00:20 | 化石サンゴ | Comments(4)

化石サンゴ宝島編20(Bさんの秘法その3)

ジェダイマスターBさんの見つけ方教室3(題まで変わってるよ)

特に記入がない時はBさんの話だよ。


その壱 無意識からのサインの自分の感じ方を見つけること

「感じる」、「気になる」、「見え方が違う」などが主にサインと思っている。

日常生活で、なんかそんな気がしてうまくいったことがあったら、偶然とかまぐれ当たり

で済まさずに無意識からのサインではないかと思って、その成功・失敗例を覚えておく。

その積み重ねで「何となく」が当たる時、外れる時の感じ方が分かるようになってくる。

Aさん:今回の化石探しで4回立ち止まった中で一番これって感じたのはどれ。

Bさん:やっぱりデュラミナ?の石を見つけた時だね。

パパ:どんな感じだったんですか?

Bさん:「見え方が違う」パターンかな。自分の中では一番確率が高いサインで

   視線が吸い付けられるように感じたり、そこだけが視覚の中で浮かび上がった

ように見えたよ。今回の石は表面にいっぱい化石が出ていたからかもしれないね。

このパターンは色々あって、光っているように見える、くっきり見える、

景色なら美しく見える、あったかい場所のように見えるなんかがあるよ。


その弐 出来ると信じること

かなり以前のNHKの番組で、3センチ角の紙に簡単な絵を描いたものをくしゃくしゃ

にして丸めてから、絵を見ていない子供の手に握らせ、書いている絵を想像して描いて

もらうっていうことをやっていたけど、驚くほど当たっていた。

1人が出来ると次々と出来る子が続出し、その場にいた4割から6割くらいの子供が

出来たそうだ。子供は純真だからみんな出来ると信じるからそうなるとのことだった。

Aさん:そんな番組をNHKが放映してたなんて驚きだな。

パパ:それって手に視覚があるってことですか!!

Bさん:平成2年ぐらいの番組だったから詳細は忘れちゃったけど、映像が頭の中に

浮かんでくるとか、目の前に別のスクリーンが現れるとか言っていたような・・。

    それで妻に頼んで紙に書いて作ってもらったら最初の1回は出来たんだよ。

    そのあとはうまくいかなかったけどね。とにかく信じることは大切だね。

    (奥さんに確認したら、そんなことあったわねって言ってました)

Aさん、パパ:それってやっぱりスターウォーズのフォースじゃない。

       「ルーク、フォースを信じろ」って耳元に聞こえてくるんだよね。


その参 場所やイメージを決めつけない

今回なら「褶曲した赤い石灰岩」のフレーズがあって、ついつい自分の中で持ってる

石灰岩(白っぽい)のイメージに引っ張られてしまったし、2回目では最初に見つけた

沢の上流はありそうだっていうことでAさんとパパも沢に行ったと思うけど、意識が

一定の事柄に集中していると、無意識のサインが届きにくくなるよ。心理学者多湖輝

(故人)だったと思うけど「頭の中に水路が出来て他のことが見えにくくなる」みた

いなことを言ってたと思うけど、その通りだと思う。母の使う薬草つづらが

最近は鹿の食害なのか、以前はよくあった場所になくなっていることが多くて、

ここは絶対あるはずだと当てにして行った所が空振りで、がっくりしての帰り道で、

行くときは気づかなかったつづらが道を横切っているのを見つけて、来るときも見

えていたはずなのにどうして気づかなかったのかな?と考えると、やっぱり必ずあると思っ

ていた場所に意識がいっているので、気が付かなかったように思える。

Aさん:そういえば今回は俺が行った2回とも「ガックリ、暗いな~」の後で

逆転の「そんな気がする」で発見だもんね~。

パパ:ほかになんかアドバイスはないですか?

Bさん:しいて言うなら探すときにボーっと見ることかな。一点を見るように探す

    よりも広範囲を見やすいような気がするよ。あと第一印象は大事だね。

Aさん:やっぱり俺には無理だな~、純真さも無いだろうし。目の前でBの技を

    見ても出来そうにない感じだもんね。

パパ:この間は、まぐれ当たりかなと思ったんですけど。

Bさん:パパは練習していれば出来そうな感じなんだけど。もう少し自信を持って

    いいと思うよ。

パパ:じゃ~これからもご指導をお願いします。ジェダイマスターB


d0171959_18364363.jpg
保存がいい部分がないのでなんの化石か判定し難い感じ。


ウグ丸:Bさんの秘法はこれでおしまいだよ。

僕もチューバッカウグ丸に名前を変えようかな。わんわんわん。


[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-14 18:39 | 化石サンゴ | Comments(2)

化石サンゴ宝島編19(Bさんの秘法その2)

Bさんの見つけ方その2だよ。

Bさんの結論は非常にシンプル

174.png174.png174.pngみんなは見えているんだけど、認識できていないだけ162.png162.png162.png

目で見た、視野内の光の情報は全て脳に伝わっているとしても、必要な

情報以外は使われていないと思われる。しかし無意識ではある程度記憶・認識

しているのではないか、その情報は「気になる」「感じるような気がする」

というような形で意識に送られているのではないか。

いつも思い出す元兵士の例で言うと、狙っている敵は目で見ているので、

こちら側からも相手の目は最低でも見えているはず。無意識は視野の一部に

見えている敵の姿を見つけて髪の毛が逆立つというサインを出すのではないか。

そう思えば夜間にパトカーが何となくわかってもつじつまが合うじゃない。

ただ無意識からのサインのは、人によって感じ方が違うのではないか、

Bさんの場合は「気になる」「感じるような気がする」という感覚だが、

それは個人差があるのではないかということです。


d0171959_12252996.jpg

道から沢を見た写真だが沢を見つけるだけでもわかりにくい。

その中から化石の入った石を1個指定して見つけるのは信じられなかったのだが。




パパ:Bさんは化石サンゴ宝島編10で沢の上流に行っても仕方がない

   ような気がするって言いましたけど、どうしてそう思ったんですか。

   上流は見えなかったはずですけど。

Aさん:確かに段差で上流は見えるはずがなかったぞ。

    2回目の時に再度確認したから間違いないよ。

Bさん:例によってそんな気がしただけだけど、無理矢理に理論づければ、

    石は自家発光しないから、光を反射してみえてるわけだけど、比較的

距離が近い場所なら反射した光がまた近くのものに反射して、微量でも

    届いているのじゃないかな、無意識は微細なものも認識するのかもしれないね。

    地中に埋まっているものは探せた記憶がないからね。タケノコ掘る時は

    分からないもんね。

パパ:そういえばどこかの化石ブログに異様に見つけるのが上手な人がいる

   っていう記事があったけど、Bさんの方法を体得してるのかもしれませんね。

Bさん:これは超能力とは違うので、そんな人はたくさんいるような気がするね。

パパ:Bジェダイマスター様その使い方を詳しく教えてください。

Bさん:それじゃ~次回トレーニング?方法を教えるよ。

つづく


[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-13 12:30 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編18(Bさんの秘法その1)

新産地への3回目のトライで褶曲した赤い石灰岩の大岩が見つかって、
宝島編14の疑問もBさんの化石の見つけ方のみになったよ。

先日1回目の祝杯をあげてなかったので、ウグ丸宅で3人で集まったよ。
そこでBさんに疑問をぶつけてみた。
パパ:結局Bさんが立ち止まった4か所すべてで何かが見つかったんですけど
   いったいどうしてそんなことができるんですか。
Bさん:何となく気になるとか、そんな風に思えるときは確認するようにしているよ。
Aさん:感じるのか~・・・。それってまるでスターウォーズのフォースじゃないか!!
Bさん:パパも2回目の時に何となく気になって川を探したんだろう。
パパ:Bさんがそんなことを言ったので、その通りにしてみたらたまたま見つかったんですよ。
Bさん:Aには素質がないけど、パパは素質があるのかもしれないね。
Aさん:まるでヨーダかオビワンケノビとルークスカイウォーカーの会話みたいに
    なってきたな~。それじゃ~俺は
間髪を入れずBさんが突っ込んだ
Bさん:AはC3PO、ワイワイ大騒ぎをするけどほとんど役に立ってない。
パパ:それはかわいそうです、ハンソロ船長にしてください。
Bさん:そんないい役なの?
パパ:ウグ丸がなついてるんで、ウグ丸はチューバッカに似てるでしょう、だから。
Aさん:もうちょっとでキンキラのロボットにされるとこだったよ。でも俺はBの
    フォースは使えそうにないからね。ハンソロ船長でいいよ。

そんな会話が続いたあと、Bさんがまじめな話を始めた。


d0171959_00284749.jpg
d0171959_00283875.jpg
こんな感じで沢の上流には似たような石がたくさんあるけど化石は入ってないよ。


Bさんの話が長くなるけど重要なエピソードもあるので我慢して読んでね。
Bさんは母の神経痛に効くつづら(オオツヅラフジ)をよく山へ探しに行くのだが
何となくこの辺りにありそうだなと思った時にその辺りで取れることがあり、
そんな時過去に室戸市へ仕事で行った時に出会った老人のことを思い出すそうだ。

その老人は第2次世界大戦の時に、南方の島へ日本軍の兵士として行き、激戦の末
その島での生き残りは20人程度だったらしい、「よく生きて帰られましたね。」
と言ったところ次の話をしてくれた。

偵察に行って、頭の毛が急に逆立ったらどこかに敵の狙撃兵がいて、こちらを鉄砲で
狙っているので絶対にそこで伏せて動いてはいけない。狙撃兵がいるときは見えてなくても
必ず額の上の髪の毛が逆立つんだ。

それを聞いた時は、この人は超能力者なのかなと思ったそうだが、その後フロイトや
ユングの心理学で無意識や潜在意識という考え方を知って、これではないかと
考えるようになったそうだ。
つづく









[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-12 01:42 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編17(化石は入ってなさそうな水石+α)

宝島編3回目の採集に行ってるけど今回の目的は水石だよ。
目的の水石は1回目の石を見つけた沢をかなり上った所にあったよ。
今回は時間もあったので、再度沢の石を見て見逃した化石がないか
確かめるつもりで(但し見るだけ)行ったよ。

褶曲した赤い石灰岩の大岩も見つけたし、水石は場所も分かっている
んで、沢に着いたときは化石探しは気合が入ってなかったよ。

水石はこれ、苔がいい感じに付いていて、形も変わっていて面白い。
d0171959_20051120.jpg
d0171959_20054996.jpg
なんか怪獣みたいだね。
d0171959_20222818.jpg
化石が入っている石と同じ感じだけど、化石はたぶん入ってないよ。

化石の方は小さい石に入っているのが2個あったよ。
写真ではわかりにくいかもしれないけど、宝島編1(左側の石)、
宝島編13(右側の石に1個だけうっすらと)に似たものがあったんで紹介するよ。
もちろん採って帰ってないんで、場所が分かる人は採取可能だよ。
d0171959_20150593.jpg
沢にイモリがいたよ、井森美幸じゃないよ。まだ水が冷たくって
動きが鈍かったんで、おなかの真っ赤な部分の写真を撮ったよ。


たすけて~。
d0171959_20193751.jpg


それでは皆さん連休は有意義に過ごしてね。わんわんわん・・・。つづく


[PR]
by ugumaru55 | 2017-05-02 20:24 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編16(宝島編7の記事の訂正)

最近非常に多忙で新産地の化石も採って来たままで放りっぱなし
になっていたが、やっとゆっくり見てみると( ゚Д゚)・・・。149.png149.png149.png

あれ~、化石サンゴ宝島編7の写真。ごめんなさ~い。
記事を書くときに、現地で見た時となんか感じがちがうな~
菊の花のように思えたのにな~と思ったけど、似たようなものが
多すぎて別のところの写真を載せていたことに気付いたよ<(_ _)>。

お父さんこんなところに菊のような模様があるよ。
d0171959_20224861.jpg

間違ってるよ!!
d0171959_20230642.jpg

これが本物です。菊のような感じでしょう。
d0171959_20250355.jpg

なんせ多忙な中で記事を書いていたので許してね162.png162.png162.png


[PR]
by ugumaru55 | 2017-04-30 20:26 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編15(褶曲した石灰岩を発見)

新産地へ3回目のトライ(ただしお目当ては水石)
今回は水石目当てなんでAさん、Bさんは興味の対象外なんで、パパ単独行。

今日は一人で来たので、ゆっくりマイペースで探せた。
2回目に採石した場所から谷の中を流れに沿って上っていくと。
ついに褶曲した石灰岩という表現がぴったりの大岩を見つけたよ。
遠くからでは確認しにくかったが、近くで見ると2回目のトライの
時に見つけた石に表面が似ていたので発見できたよ。

神秘的な感じの場所だよ。
d0171959_21443897.jpg
トレッキングポールと比較していただければ分かり易いと思うけど、
直径1.5メートルぐらいの岩だよ。
d0171959_21445308.jpg

褶曲した感じと個人的には思うのだが(アップです)
d0171959_21451573.jpg

今日は水石採取が目的なのでじっくり探す気分ではなかったこともあるが
表面から軽く見た感じでは赤い化石部分は見つからなかった。
地図に印を付け後世に残した方は、遠い過去にどんな景色と
どんな化石を見たのだろうか・・・・・。(2017.6.24追記その化石が横倉山自然
の森博物館に保管されていることが確認されました。詳しくは宝島編22をみてね)

この石があった場所で驚いたのは、Bさんが足を止めて「この石は非常に気になるけど
これは違うように思える」と言った石が道端に転がっていたが、その石の視線の先の
谷川の中にこの石が見えていたことが判明した。
 
1回目のトライの時、Bさんは4回立ち止まったったが、
その場所では、すべて何かが発見できている。Bさん恐るべし。
つづく



[PR]
by ugumaru55 | 2017-04-27 22:34 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編14(疑問)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地を探求中)
2回目は化石の採集を半ばあきらめかけていたのに、何とか新しい化石を確保出来て、
拾いものをしたような気分で帰ったよ。101.png

帰ってから1回目の石と比較してみると、2回目の石は表面だけでなく化石の周りや
全体としても明らかに赤褐色で当初の情報に近い物と思われたよ。
1回目に化石があったのでそこが地図の×印の場所だと思い込んでいたけど、
2回目の場所こそが情報の場所ではないかと思い地図を詳細に検証した結果、
2回目の発見場所が地図に近いことが判明したよ。

今残っている疑問
その1 
仮にこれがデュラミナ・ハシモトイだった場合、なんで地質図のジュラ紀の
場所にペルム紀の化石があったのか?
地質図で見てみると、1キロメートル程度西までペルム紀の地質があるので、
小さい岩石なら混ざって存在するのではないか?

その2
著しく褶曲した石灰岩とは本当に採取したものなのか?
なんかイメージが違うような気が・・・。

その3
なんでBさんは、簡単に見つけてしまうのか?

元の母岩(割っても残った大きな岩)の部分
d0171959_21234505.jpg
3番目の疑問は後日Bさんに聞くとして、2番目の疑問はもう一度行って、本来の地図の
場所(そのあたりと思われる場所はまだ探してなかった)を探すしかないと思った。

2回目に行った時に1回目の沢で形のいい水石(鑑賞石)を見つけており、
それも採石してきたかったので、3回目に単身挑戦することにした。つづく・・・。


  




[PR]
by ugumaru55 | 2017-04-25 21:41 | 化石サンゴ | Comments(0)

化石サンゴ宝島編13(正体不明の赤い化石)

(四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイの新産地?へ2回目のトライ中)

赤い石を割ってみると

1回目 Aさん:何かわかりにくいな~。
    パパ:よくある、はずれみたいですね。145.png
d0171959_20423007.jpg

1回目の割れた片側 Aさん:ウミユリ? パパ:??? 131.png
d0171959_20425357.jpg


何かわかりにくいので再度割ってみた  Aさん:デュラミナかな~。102.png
d0171959_20432653.jpg


2回目の割れた片側
パパ:四射サンゴが枝分かれして増えてるところじゃないでしょうね?
Aさん:確かデュラミナ属は途中から枝分かれして伸びているような記憶が・・・
d0171959_20434374.jpg
折角の化石を下手に割って台無しにしてしまいそうで、
これ以上は割らずにじっくり化石部分にどうトライするか考えなくっちゃ。
ということになったよ・・・つづく




[PR]
by ugumaru55 | 2017-04-17 21:34 | 化石サンゴ | Comments(0)