カテゴリ:日々。( 80 )

またまた、犬服で素敵なご縁💛

    犬服を作り始めて
    沢山の素敵なご縁に恵まれました110.png

    そして、今回また新たに素敵なご縁に恵まれ
    犬服を作るのは大変だけど
    それを上回る喜びを感じることができることに
    感謝、感謝です162.png162.png162.png
d0171959_07044336.jpg
        まこちゃん179.png
        ラブラドールミックス犬

d0171959_07060548.jpg
        はなちゃん179.png
        ラブラドール犬


d0171959_07072050.jpg
         私が作った服を着てくれて・・・
         某携帯CMのスリーショットを真似て
         見事なまでにポーズを決めてる「お三人=お三犬」177.png



d0171959_07135993.jpg
        お買い上げいただいた服を
        どのようなわんちゃんが着てくれているのか?
        いつもは想像するしかないのですが
        こうして、写真を送っていただくと
        実感できてとても嬉しいです110.png

        そして、サイズが合っているかどうか
        どこをどう改善すれば良いか
        とても参考になります109.png

        既製品にはないオリジナルサイズの服を作るのが
        Ugu Companyの特徴ですから
        わんちゃんにとって着心地の良いものを作るには
        細かな修正を重ねていくことが大事です。
        同サイズを出品する時には
        この画像をお借りして、モデル犬として掲載させてもらっています110.png


        このわんちゃん達の飼い主さんは
        個人で保護犬活動をされていて
        それはそれは熱心な活動をされています。
        このような方が居てくれるおかげで
        沢山の命が救われています。

        犬服が結んでくれた素晴らしい方とのご縁177.png177.png177.png
        大切にしたいです110.png

[PR]
by ugumaru55 | 2017-04-10 07:33 | 日々。 | Comments(0)

ドラちゃんに捧ぐ・・・

     ヤフオクに出品している犬服を
     いつも買ってくれているブルドッグのドラちゃんが
     昨日、散歩から帰って急に亡くなったという訃報が・・・

     ちょうど後二日で落札される服があり
     ドラちゃんが亡くなってしまったので・・・という
     メールでした。
     まだ6歳になったばかりだというのに
     飼い主のTさんの気持ちを思うと
     胸が苦しくなりました。
     
     どんな時も側に居て
     心を癒してくれる存在だったでしょう
     「ドラが可愛くて仕方ありません。
      服が出品されると、ドラに買ってあげたくなります。」

     言葉少ない男性のTさんが
     どれほど深い愛情をドラちゃんに注いでいたのか
     その短い文章からひしひしと伝わってきました。
     既に何十枚も服を買っていただいていて
     会った事も見た事もないTさんとドラちゃんですが
     Ugu Companyの服を着て
     散歩をしている姿を想像するだけで嬉しかったのに・・・

     もう、その姿を想像する事が無いのかと思うと
     目頭が熱くなります。

     人と同じように
     家族の一員である動物たちとの別れは辛いです。
     特に人との関係の深い犬や猫は
     喪失感が大きくペットロスになる人も多いようで
     私は必ずなると自覚しています。

     ドラちゃんは、ウグと同じサイズの服を着てましたから
     大きさはだいたい想像がつきます。
     大きな体をTさんにくっつけて
     甘えていたんだろうなあ。
 
     ドラちゃん、また生まれ変わってきたら
     Tさんちのワンコになってくださいね。
     ご冥福、お祈りいたします。
     
     

[PR]
by ugumaru55 | 2017-03-23 00:19 | 日々。 | Comments(0)

ご近所の珍事件、続報

    先日、ご近所で
    アリクイみたいな、見たことのない生物の
    目撃情報から
    動物園に電話をして問い合わせたら
    ハクビシンが疥癬という病気にかかっていただけ011.gif

    そんな笑い話事件が起きた事を
    ブログに書いたのですが、
    その後また、目撃者がいたとかで
    またまた大笑いしました003.gif

    犬の散歩に来ていたおじさんが
    「奥さん、奥さん、僕は凄いものを見てしまいました005.gif
    見て下さい、スマホで写真を撮ったんです。
    ここを散歩していたら、ほら、あのあたりで
    見た事もない生物を見ちゃったんですよ。」

    そう言っておじさんがスマホの画像を見せてくれると
    そこには、先日のハクビシンが写っていて
   
    「ああ、これはハクビシンが疥癬と言う病気にかかって、
    こんな風になってるんだそうですよ018.gif
    実は私も大騒ぎをして、友達が動物園に電話をしてくれて
    わかったんですけどね(^_-)
    でも、本当に何か?未確認生物?って
    思いますよね。」

   おじさんは、「そうなんですかあ(^-^;」と
   笑っていたそうです。

    これからも続々と目撃者が現れるかも011.gif

[PR]
by ugumaru55 | 2017-03-01 18:34 | 日々。 | Comments(0)

「いわくつきの家」あなたは住む?

    貧乏学生Aは、トイレ・お風呂が共同
    6帖一間に小さな炊事場が付いたアパートに
    住んでいた。
    隣の部屋とは、薄い壁一つで仕切られているだけで
    隣の住人が今何をしているかがわかるくらい
    音が筒抜けだった。

    引っ越してすぐの頃は
    「どうやらアベックが住んでいるな?」
    そう思っていたが
    いつの間にか静かになり
    「なーんだ、別れたのか・・・
     でも、静かになっていいや。
     勉強がはかどるしな。」

     会った事もない隣の住人を
     勝手に思い込んでいた。

     しばらくして、真夜中になると
    「○×○×○×・・・・」
     隣の部屋から会話しているような声が
     聞こえてくるようになった。
     「また、よりを戻して帰ってきたのか。
      真夜中に礼儀知らずな奴らだなあ」

     Aは、何を言っているかはわからないが
     ボソボソと聞こえる声に
     イライラしながら勉強をしていた。

     しかし、その真夜中の会話は
     毎晩続き、たまりかねたAは
     壁を「ドンドン」と二回叩いた。
     
     しばらく静かになったが
     また声が聞こえてくる。
     Aは、さっきよりも大きい音が出るよう
     「ドン・ドン」と叩いてみた。
     すると、また静かになる・・・

     「今度こそ静かにするだろう。」

     Aは、すっかり勉強する気を失い
     しばらく布団の上に寝転がり
     天井を仰いでいた。
     すると、今度はシクシク泣き声が聞こえてきた。

     耳をこらして聞いていると
     その泣き声は隣の部屋から・・・
     「今度は泣いてんのか。いい加減にしてくれよ。」

     Aは腹が立ちながらもいつの間にか眠っていた。

     翌朝、目が覚めたAは
     すぐさま大家さんの所に向かい
     隣の話声の苦情を訴えた。

     大家は、「おかしいですね。カギはかかっていないのに
     誰も居ないようですねえ。」
     そう言いながらドアのぶに手をかけ
     部屋の中を覗いた。

     「死、死んでるーー」

     あまりの衝撃に腰をぬかした大家は
     Aに向かって部屋の中を指差した。

     Aは恐る恐る入口から身を乗り出して
     狭い部屋を覗いた。
     
     そこには見た事のない隣の住人と
     その彼女らしき女性の無残な姿が・・・

     その後、警察の調べで
     死後1週間は経っているとわかった。
     Aの部屋に聞こえてきた話声は
     2人が死んだ後に会話をしていた・・・
     と言う事なのだろうか?
    
    
     Aはすぐにアパートを引っ越した。

     この話は知人が大学生時代に友人から聞いた話です。
     こんな怖い経験したら
     一生忘れられませんよね(-_-;)

     家やアパート・・・
     いわくつきの物件はあるようですね。
     息子が大学に入った時に
     不動産屋さんにいろいろな物件を
     見せてもらいました。
     その移動中の車の中で
     「幽霊の出る物件なんてあるんですか・」と
     冗談まがいに聞いてみました。
     すると、
     「実はあるんです。幽霊が出ると言う
     噂のある物件ですけどね(-_-;)
     格安にして、事情も話すのですが、あるお坊さんが
     自分で成仏させるから大丈夫と言って
     借りてくれましたけどね^_^;」

     「へぇーーーー。そうなんですか。
     自分で御経を唱えれるなら怖くないんですかねぇ」
 
     妙に納得して、そのお坊さんが今も住んでるかまでは
     聞きませんでしたけどね^_^;
     それにしても、色々な物件
     あるんですね


[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-15 21:29 | 日々。 | Comments(0)

春はすぐそこ

d0171959_21135253.jpg
         今年は金魚草やパンジーも
         綺麗に咲いてるので
         買い足す花も無かったのですが
         ラナンキュラスが好きな友達が
         ラナンキュラスを買いに行こうと
         誘ってくれたので一緒に花屋さんへ・・・056.gif056.gif056.gif


         ラナンキュラスは切り花にして
         一輪ざしにさしても可愛いですよね016.gif

        株が大きくなって華やかなネモフィラは
        そろそろ散りかけてるアリッサムの替わりに056.gif056.gif056.gif

        梅の花も咲き始め
        春はすぐそこまできてるような012.gif


     

[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-14 21:23 | 日々。 | Comments(0)

バレンタインデー❤でも、その前に・・・

   14日はバレンタインデー053.gif053.gif053.gif
   しかし、それまでに何かあった?

   そうそう、12日は結婚記念日016.gif016.gif016.gif

   でも、既に何回目の結婚記念日なのか???
   覚えていません011.gif

   そう言えば、私の結婚式の日も
   「雪が積もっていて来るのが大変だった。」と
   友達が言ってました。
   こんな寒い時期に結婚したんだ005.gif
   あの頃は若かったなあ012.gif(当たり前だけど・・・)
  
   しみじみ~
   

[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-11 18:33 | 日々。 | Comments(0)

南国土佐も雪ですよ~(2017年)

    昨日、洗濯物を取り込むのに
    ベランダにでたら、
    何やら白い粉が舞っていて005.gif

    「何これ?」と思ったら雪でした018.gif

    でも、お日さまは出てるし
    これじゃ積もったりはしないなと・・・

    夕方になり陽が沈むと
    どんどん降り始め
    アッと言う間に雪が積もりました012.gif

    夜の散歩で公園に行くと
    うっすら積もった雪が
    街燈に照らされて
    とってもキレイでした053.gif053.gif053.gif
    
    朝寝坊したので
    雪はすっかり溶けていて
    陽の当らない場所に少し残っているだけ008.gif
    一度でいいから
    「かまくら」作ってみたいなあ016.gif



d0171959_13005958.jpg
          公園に雪が残ってました018.gif








d0171959_13015917.jpg
       庭に置いてあるベンチにも
       少しだけ・・・







d0171959_13024939.jpg
        ほっこり
        日向ぼっこするウグ丸






[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-11 13:05 | 日々。 | Comments(0)

夫がインフルエンザ

   先週金曜日から
   何だか寒気がするとか言って
   体調悪そうだった夫が
   土曜日の朝に38,8度という
   高熱を出しました008.gif

   すぐに近くの病院に行き
   検査をしてもらったら
   「普通の風邪ですね」と・・・
   翌日の日曜日も高熱が出て
   解熱剤を飲むと一時的に熱が下がるが
   薬がきれてくると
   また熱が上がる007.gif
   そんな繰り返し

   それでも月曜日の朝には
   37、4度だったので仕事にでました。
   すると、「もう一度検査したらインフルエンザだったので
   今から点滴をして家に帰る。」との電話が042.gif

   「えーーーーーっ?インフルエンザ?」

   そう言えば、息子が小さかった頃
   高熱が出たから急いで病院に行って
   インフルエンザの検査をしてもらったら
   「インフルエンザの反応は出てませんね」と言われ
   数日経っても良くならないので再診してもらうと
   「インフルエンザの反応が出ています。
   あまり早い時間に検査をすると、反応が出ない場合もありますから」と
   言われた事がありました009.gif

   今回の夫も同じ
   検査したのが早かったって事です(‥;)
   香港A型だとか015.gif

   幸い、いまのところ家族には移っていません006.gif

   夫が寝ている横にピッタリくっついて
   一緒に寝ていたウグも大丈夫のようです043.gif

[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-09 22:15 | 日々。 | Comments(0)

怖ーーイ話 「白い球」

   小さな田舎町に住む悟は
   辺りが暗くなり星がきれいに輝き始めたのを
   庭に出てぼんやり眺めていた。

   すると、遠くの山の方に白い球のような物が・・・

   「なんだろう?」
   そう思いながらジッとその球を見ていると
   それはどうやら灯りのような?光を放ちながら
   ゆらゆら揺れながら動いている。

   そして、その白い球は次第に悟の家の方に移動してきた。

   悟はその白い球が何なのか?
   目で確かめたいと、急いで竹垣の方に駆け出した。
   悟の家の庭には道路に面した部分に
   20メートルほどの幅の竹垣がある。
   高さは人の背丈ほどあるため
   そのままでは外が見えない。
   悟は何とかしてその白い球を見ようと
   竹垣の隙間から身を乗り出して
   覗いた。

   「こ、これは、隣の婆さんじゃないか」

   山からゆらゆらと飛んできた白い球は
   何と、隣に住む婆さんが宙に浮いて
   スルスルスルーっと飛んでいたのだった。
   悟の目の前を、こちらに気付く様子もなく
   自分の家に入って行った。

   悟は、あまりの恐怖で
   転げるように家の中に逃げ込み

   ガタガタ震えながら、自分が見た事を思い出していた。
   「今日は隣の婆さんの葬式だ。山で光って見えていた白い球は
    婆さんの墓がある場所だ・・・」
   墓から婆さんの魂が帰ってきていた・・・とでも言うのであろうか???

[PR]
by ugumaru55 | 2017-02-02 23:34 | 日々。 | Comments(0)

ご近所で、珍事件(@_@;)

   ご近所の奥さんと井戸端会議をしていたら
   1人の奥さんが
   「昨日、私、すごい物見たで。」と言うので
   みんなが、「何?何?」と興味深々005.gif

   「庭に置いてある猫が入る為のハウスを覗いたら
    体の大きさが猫くらいで、しっぽはネズミみたいで、
    体中に毛が無くて、肌色で・・・
    目は糸のように細くて、口がこんなに長い生き物。
    アリクイみたいな口ながよ。

    それで、慌てて携帯で写メを撮ったけど
    充電ができてなくて・・・
    急いで充電してから、また写メを撮ったのに
    今度は、ズームしすぎて、その生き物じゃなく
    お皿しか写ってないけど、これ見て!!」と
    携帯の画像を見せてくれました018.gif

    私たち世代は未だにガラケーの人も多く
    写メなど撮り慣れてないので
    急いだ時はこの奥さんみたいになります011.gif
    確かに、ニャンコのご飯の入ったお皿が
    どアップで写っているだけで・・・
    もう一枚の画像にかすかに何かが写っているようなので
    その暗い画像を、ルーペを持ってきて
    かわりばんこに検証しました011.gif

    「あっ、ここに何か毛みたいな物が写っている」
    「どこどこ?ほんと(@_@;)」

    「あっ、それ毛布が写っいるだけ(‥;)」・・・
     などと、ワイワイ言いながら
     今度は、それが何かに話題が移って・・・

     「アリクイって、動物園しかおらんろ?」
     「じゃあ、動物園から抜け出してきた?」
     「動物園からアリクイが脱走したなんてニュースは
      聞かんでね。」
    
     「でも、最近はいろんな動物を飼ったりする人もいるし・・・
     ワニやニシキヘビが・・・なんてニュースもあるしね」
     アリクイなんて、暖かい地方の生き物やろ?
     こんな所にいたら死ぬんじゃない・」

     話はどんどんエスカレートし、
     動物園に電話してみようと言う事に・・・(^-^;

     代表して私が電話を・・・011.gif

     「もしもし、つかぬ事を伺いますが、そちらにアリクイは
      いますか?

     ○○○に住んでる者なのですが、
     実は昨日、庭に置いてある猫が休むハウスの中に
     大きさが猫くらいで、しっぽがネズミみたいで・・・」と
     特徴を話しました。
     すると、相手の方(獣医さんかな?)が
     「お話を伺った限りでは、タヌキが疥癬(かいせん)と言う皮膚病にかかって
     いるんだと思います。」


     「タヌキですかあーー(@_@;)
     でも、目は糸のように細く、口がアリクイみたいに長いんですよ」

     思いがけない答えに驚きました005.gif005.gif005.gif

     「アリクイは都会の方では個人で飼っている人もいるようですが
      とても高額で手に入りにくいので考えにくいですね。
      今、タヌキの中で疥癬と言う病気が流行っているという
      報告がありますので、おそらくタヌキ?口が長いと言う事から
      ハクビシンかもしれません。
      尻尾や体の毛が無くなっていて、腫れがひどいと
      目も細くなりますから・・・
      猫に移らないように、そのハウスの中身は一緒にしないように。
      もし、移っても動物病院に行って注射をすれば治りますから。」

      「そうですかあ026.gif納得です。
       有難うございました。」

      みんなで、「疥癬にかかったハクビシン045.gifそうかあ・・・
      電話してみて良かったね(*^^)v
      物凄く、納得012.gif

      こうして、アリクイ出現の珍事件は幕を閉じました023.gif


[PR]
by ugumaru55 | 2017-01-30 19:33 | 日々。 | Comments(2)

うぐとの日々。


by ugumaru55
プロフィールを見る
画像一覧