go go ugumaru!!

怖ーーい話サルノコシカケ編3(藪の中の何か)

サルノコシカケを採りに山中に入ると、
どうしてこんなにいろんなものに遭遇するのだろうか・・・。119.png

その日は大豊町南大王から鉢が森方面に向かってサルノコシカケ探しに行った。
冬の寒い時期で、つららが下がっていた。
林道を車で行く予定だったが、途中道が崩れていたので徒歩になった。

香美市香北町への林道を上ると、頂上に近い峠付近には、
無線中継所の廃墟があり、いつ見ても気持ちが悪い。122.png
「夜来るような場所じゃないな」などと思いつつ廃墟を横目で見ながら
サルノコシカケを探したが、結局お目当てのサルノコシカケにはお目にかかれなかった。

仕方がないので、帰ることにした。
帰り道の途中、木が密集して薄暗い場所にさしかかった時だった。
突然道の右手の藪がガサガサっと小さな音を立てた。144.png
きっとキジとかヤマドリのような大型の野鳥がいるんだろうと思った。

次の瞬間、藪が大きく揺れるとそこから真っ黒い大きな塊が
3メートル先の道路に現れた。(@ ̄□ ̄@;)!!149.png149.png149.png149.png149.png








ゲー!!!!!超大きいイノシシじゃないか。
こんなところで鉢合わせかよ~。丸腰じゃないか・・・。149.png149.png149.png

ばっちりイノシシと目が合った。134.png
イノシシも な、な、なんでこんなところに人間が~!!!みたいな顔をして、
まるで競走馬が走っているようなドドドドドっていう
凄い足音を出して、一目散に道路を走って逃げて行った。( ゚д゚)146.pngぽか~ん。
足音が聞こえているくらいだから結構冷静。

ばったり出会ってもけっこう襲っては来ないもんだ、162.png162.png162.png
逃げた方には車が止めてあるので、嫌でもイノシシが逃げた方へ行くしかない
あまりいい気持ちはしなかったが、不思議に怖いとは感じなかった。

ちょっと怖さに鈍感すぎるのだろうか・・・・。















[PR]

今日の散歩

     朝はカンカン照りの天気だったのに
     午後になり通り雨が降ったり・・・139.png

     この暑さで家の前を通る人も少なく
     吠えるお仕事のないウグは
     エアコンの効いた部屋で夜みたいにずっと寝ているので
     さて、どこかに連れて行かないと・・・119.png

     ・・・と言うことで
     すぐ近くにある谷に連れて行ってきました101.png

d0171959_16385478.jpg
     「ホタルの保護区域」という立札があって
     山から流れてくる水のせいで
     ここだけ別世界110.png
     涼しい風が吹いていました




d0171959_16411707.jpg
            ちっとも嬉しそうにない顔で写っていますが
            水の中を歩いて気持ちよさそうにしてました111.png

[PR]

世界に一つだけのTシャツ

    犬服のお客様で、
    今ではすっかりお客様と出品者の域を越え
    歳の離れたお友達のようなAさんが
    素敵なプレゼントを下さいました(^^)v

    これまでも沢山色々な物を頂いたのですが
    これはこれは凄いものです162.png162.png162.png

    
d0171959_20524627.jpg
            ネイビーのTシャツに
            ウグの写真がプリントされてます113.png




d0171959_20542951.jpg
           こちらの赤いTシャツは
           夫の分です(^_-)-☆



            もったいないので、特別な時だけ着ようと思ってます110.png110.png110.png

            しかし、特別な時っていつ???

            ずっと大切にしまーす(^^)v

            世界に一つだけのTシャツ

[PR]

今日の散歩

  昨日は、夫の実家に
  お中元を持って行きました101.png

  夫の父親は92歳ですが
  頭はシャキッとしていて
  ウグが行くのをいつも楽しみにしてくれるので
  往復2時間かけて
  ウグも連れて行きました105.png

  
d0171959_19463101.jpg
    「テクノパーク」で途中休憩127.png




d0171959_19481371.jpg
        しかし・・・
        至る所にこの看板が(≧∇≦)




d0171959_19495377.jpg
d0171959_20195665.jpg
          確か?
          前に来た時は「マムシ注意」と書いている看板が
          目についたのに・・・

          どくへび注意の方が
          わかりやすいからかな?


       
d0171959_19531514.jpg
d0171959_19533630.jpg
           「ダメダメ118.png
            そういう茂みはヘビがいるかも」

           
d0171959_19551960.jpg
             とにかく私はヘビの事が気になり
             落ち着かないので
             場所を替えて
             「アンパンマンミュージアム」に・・・

             休日だからか、県外ナンバーの車も多く
             小さいお子さんを連れた人がたくさんいました101.png

             年に数回しか行かないのに
             やっぱり親戚ってわかるのか???
             「うん、ここおじいちゃんちだよね110.png」とばかり
             リラックスモード111.png111.png111.png
             

             「ウグ丸、よくきたね~。
              いい犬じゃ、いい犬じゃ112.png」と

              おじいちゃんに喜んでもらえご満悦ーーのウグでした162.png162.png162.png
            





           

  

[PR]

今日の散歩

    梅雨の間、全然行けなかった近くの川に
    
    行ってきました101.png

    大学生らしき20人ほどの人が

    バーベキューをしているのを横目に・・・

d0171959_21305381.jpg
    昨年の夏には
    毎週のように川に行ってジャブジャブ入っていたのに

    久しぶりに行くと
    何だか足元がぎこちない動き131.png
    

    昨年できていたことが
    今年はできないかも・・・
    わかってはいるけど、悲しいです120.png

    今度は小石ではなく砂地みたいな場所を探して
    ウグが歩きやすい所を探してみます(^^)v



[PR]

いつものウグ

d0171959_21091321.jpg
          目が光って怖い顔ですが105.png

          下から「ウグーー」と呼ぶと
          二階の階段の踊り場からひょっこり顔を出して
         「何でしょう?」という顔でこちらを見ています109.png

          その様子が面白くて
         「家政婦は見た」とかいうドラマで
          ドアの隙間から家政婦が覗いているのに似てると
          家族の間でウケてます104.png


d0171959_21092521.jpg
          しばらく首だけ出した状態で階段下を覗いていますが
          次に、一段だけ降りて
          またしばらくこちらを見ています111.png

          「ウグちゃん、起きたの~162.png美味しいもん食べようか」
          ・・・の言葉につられて
          やっとリビングにやってきます105.png




d0171959_21083545.jpg
           そして、子犬の時からやめられない
           指しゃぶり111.png111.png111.png

           朝起きた時や、夜寝る時など
           甘えたくなると指しゃぶりをしたがります

           夫の親指をハグハグ126.png

          
         

[PR]

バネ指手術 その後

   中指の手術をして
   かれこれ二か月ほど経ちました

   包丁でカボチャも切れるし
   生活に支障は無くなりました101.png

   でも、違和感というか・・・
   全く元通りとはいえません

   気にし始めると
   違和感が増すので
   できるだけ気にせず忘れているのがいいような111.png

   それよりも、左手の人差し指に
   カクン、カクンとバネ指の症状が(≧∇≦)

   まだ手術はしたくないので
   できるだけ使わないようにしなくては・・・(;^_^A

[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編8(川津南地区はゴロゴロ)

前回道路にゴロゴロしているって書いたので、
今日はそのゴロゴロをお見せしま~す。

前回拾った場所から20メートルくらい離れた道路上の
泥土の中にも石灰岩がいっぱいあったよ。
それらしい石を2個採取して帰って洗ってみると113.png

層孔虫の風化面が
d0171959_00301608.jpg

こっちにも
d0171959_00310185.jpg
d0171959_00312875.jpg
上の分の中ほどの拡大


d0171959_00314731.jpg
左上の拡大


d0171959_00320890.jpg
まるで象形文字みたいで面白いよ。


こんなにも道路にゴロゴロ転がっているなんて、城川町の実力恐るべし。
河原にクサリサンゴがゴロゴロ転がっている越知町は並外れた凄さってことだね。
都会の人には考えられない環境なんだろうな~。

174.png174.png174.pngおしらせ174.png174.png174.png
化石サンゴスターワオーズ編は夏場に採取にいけないため、
ネタ切れになりましたので、冬場までお休みします。
化石サンゴ番外編等は引き続き掲載します。


[PR]

怖ーーい話サルノコシカケ編2(山中の何か)

古い映画だが、アーノルドシュワルツェネッガー主演のプレデター
の初回作をご存じだろうか。
ジャングルで、シュワルツェネッガーの部隊が、気配はするが見えない敵
(地球人狩りに来ている異星人プレデター)に襲われる話なのだが、そん
な映画のような思いをしたことがある。

徳島県と高知県香美市の県境に三嶺(みうね、さんれい)という割に
有名な山がある(最近は鹿の食害で有名かも)。
ここにもサルノコシカケを探しに行った。高知県側の光石登山口から
オカメ岩に上っていく昔からの登山道の途中にサルノコシカケはあった。
ここは比較的地面から高い場所にサルノコシカケがあって、手が届きに
くいため、その日は少々の収穫で山を下っていた。

急な斜面から平坦な場所に出た、もう少しで平坦だが川の横で片側が
川へ向かって崖になった場所が続く難所にかかろうとしたときだった。
殺気と言うのだろうか、背後に何かがいるような独特の気配がした。
ちょうどプレデターに背後の樹上から見られているような感じ、
あるいはデスノートの死神が背後に浮かんでいるような感じと言っても
いいだろう。

背筋がぞ~として、鳥肌が立った。久々に超ヤバい149.png149.png149.png
後ろを振り返りたいが、振り返っても何も見えないのはわかっている。
「なんでこんなものに出会ったんだ」と言う思い、
「ここで振り返ったらやられるな」という思いが次々と浮かんでくる。
知らん顔で歩いたら離れていくかなと思ったが、
歩いても気配が離れていくように感じられない。
このまま歩いていたらこのすぐ先の崖で突き落とされるような気がした。
後ろに付かれた場所も最悪 Σ(゚д゚lll)ガーン
(追加)後ろを振り返り振り返り歩いた場合、振り返った方向に
進行方向が変わりやすく、足元をよく見なくなる、またあせって
早足になるとしっかり1歩ずつ体重をかけて歩けない等崖で足を
踏み外す危険が高くなる。


仕方がないので、祓の祝詞を唱えたところなんとか崖の手前で
離れていったように思えた。しばらくは後ろを振り返らず足元に
気を付けて崖地を通り抜けた。

あ~あ今日はヤバかった。きっと山で遭難する人の何%かは、
気付かずにやられるんだろうなと思える体験だった。
前回の怖ーーい話「山中の霊??」は見えてたけど
今回の体験はその100倍は怖かった。

実際体験しないとわからない。
文章で伝えるのが難しい体験であるが、雰囲気だけでも
わかって頂ければいいと思う。

得体の知れない何かがあなたを狙っているかもしれない。
登山や山に一人で行く方は気をつけてね。川や海にもいるんだろうな~。









[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編7(川津南地区)

オモダニ地蔵は標高の高いところにあるのだが、その辺りも
草が茂ってきているので、冬が来るまで化石探しは止めることにした。
今後の為にこのあたりの道をあちこち行ってみて参考にするつもりで、
一番フォースを感じたような気がした川津南地区に再度行ってみた。

川の上流を見てみようと、ちょっと山の方へ入ってみた。
山道なので、道路上に崩れてきた土砂や石が落ちて来ている。
上流の谷まで行ったが、特に採ってくるようなものは見当たらない。
引き返すしかない場所だったので行った道を戻っていた。

崩れてきていた石を見ると石灰岩だったので、車を降りてみてみると。
なんと層孔虫らしきものがありそうではないか。

       帰って洗ってみると。
d0171959_22111406.jpg
地質館の標本よりいい感じに思える。
こんなのが道路でゴロゴロしていると思うと、城川町の産地としての実力恐るべし。
追伸、1個でゴロゴロはないでしょ~って突っ込まれそうなので、次回はゴロゴロも出します。

d0171959_22110182.jpg
Bさんフォースの免許皆伝も近いかな~。わんわんわん



[PR]

怖ーーイ話サルノコシカケ編1 「山中の霊?」

当ブログの「サルノコシカケ」をご覧になっていただければ、

ガンに効果のあると言われるキノコを採りに行っていたことと、

深山幽谷へ単身またはうぐ丸と同行で行っていたことが分かると思います。

主に日本3大秘境と呼ばれる「かずら橋」で有名な徳島県

の祖谷地方と高知県の県境の辺りで採取していました。

ある日、徳島県との県境にある京柱峠から高知県香美市物部へ

山越えする途中の原生林へサルノコシカケ採集に行ったのですが・・・



当日は、朝早くから原生林へ登って、正午には沢山の

サルノコシカケが採れたので早々に山から下ることになった。

サルノコシカケが重くて、リュックが肩に食い込んだ。

いつも以上に足元に気を付けながら山を下った。

狭く急で、人1人しか通れない曲がりくねった山道をしばらく下ったところで、

ちょっと道が広くて3040メートル先まで見渡せる緩い傾斜の斜面に入った。

足元を気にしつつ歩きながらちらっと下る方を見ると、中年男性が1人登って来るのが見えた。

薄い青色のジーンズ、チェックで茶色の長袖シャツ、メガネをかけていた。

いかにも登山が趣味のように思えた。

道が広い場所で、まだ15メートルは距離があったので、

すれ違う時に道を少し譲り合えばいいと思った。

視線を足元に落とした瞬間、胸の辺りを何かが通り抜けたように感じた。

あれっと思い、すぐ前を見るとさっきの男性がいない。

ぱっと後ろを振り向いたが1015メートルの登り坂にも人影はなかった。

( ゚Д゚) 再度前後を見たが男性は忽然と消えていた。149.png149.png149.png149.png149.png

もちろん道の左右に隠れるような場所は無かった。


思い返せば最初に見た時、何か色が薄いというか透けて見えたように思えた。

霊だったのだろうかと思ったが、不思議に怖いという感覚はなかった。

この山で遭難し亡くなった方がいるとの話を聞いたことはない。

登山好きで、この山へ登ることを楽しみにしていたが、

その思いを果たせずに亡くなった方の霊が頂上を目指して

登って来ていたとでも言うのだろうか・・・・・。149.png

今でも思い出すたびに、何かが体を通り抜けていく独特の感触がよみがえるのだが。


[PR]

可愛い四姉妹

    以前にもご紹介した保護犬活動をされている方から
    可愛いお写真を送って頂いたので・・・113.png

d0171959_20504602.jpg
    向かって左から

   162.pngはなちゃん 162.pngききちゃん 162.pngまこちゃん 162.pngここちゃん

    このワンちゃん達は、みんな血のつながりのないワンちゃん達で
    元々は保護犬として
    保護されたそうです。
    この方に保護されるまでは
    辛い経験をしたワンちゃんですが
    今は沢山の愛情を受け
    幸せいっぱいに暮らしています。
    こうして揃ってカメラを向いてる姿を見ると
    まるで四姉妹のようです110.png
    
    
    この方は、私よりかなり年下ですが
    とてもしっかりした賢い方で
    一回り近く年上の私の方が
    色々な事を教えて頂いています(;^_^A

    今では、出品者と落札者の枠を越えて
    親しくしていただいていて・・・

    これも「わんこ繋がり」でのご縁だなあと
    改めて感謝の気持ちが湧いてきます110.png

    

[PR]

化石サンゴ宝島編22(その後)

化石サンゴ宝島編のことで新しい情報があったので報告するよ

先日、いつも当ブログを見て頂いている「化石サンゴさん」から
宝島編の発端となったデュラミナ・ハシモトイは、宝島の古地図を作製した
時に採取した標本が現存しているとの連絡がありました。\(^o^)/

確認したところファンギア・ハシモトイではなくデュラミナ・ハシモ
トイとなっていました。
過去の記事に土佐山でしか産出しないと書いていたので、早く修正しなくては(-_-;)



写真にするとわかりにくいが縦断面
d0171959_16544430.jpg
宝島編2回目に採取した石を洗っていたらいかにもデュラミナと判別できる
部分がありました、季節的に山には入れないのでこれから過去に採取して
放置している石を徐々にクリーニングしようと思っていますので、新発見
があれば又「その後」として紹介しようと思っています。わんわんわん。





[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編6(オモダニ地蔵)

愛媛県城川町へデュラミナ・ハシモトイの新産地探索に行ってるよ

城川地質館へ行ってショッキングだったこと。
①自分の無知
ファンギアの論文だけ見て城川町にいったので、シルル紀の床板サンゴ類が
過去に産出していたことを全く知らなかったこと。
化石は素人なので許してね。
②城川町では、クサリサンゴは幻に、ハチノスサンゴは最近確認されていない。
(最近って、いつが最後なの?)地質館のホームページに書いてるよ。
 Bさんがいたら、すぐに見つけて「幻のシリーズ第3弾」になりそう。
 越知町の川には転がってるのに、ここは産出量が少なかったのか?
 探してるのはペルム紀の化石だから関係ないけどね。
③窪野のシルル紀石灰岩が愛媛県の天然記念物に指定されている関係か、
窪野地区では採取禁止。消滅産地なのに石灰岩が採取禁止とは。

あ~~~~。( ゚Д゚)それって新聞で大騒ぎの「岩石規制」149.png149.png149.png
間違いました。岩盤規制???

愛媛県って、岩盤規制に風穴を開けようとしているのに、消滅産地の
石灰岩に採取規制ってなんか変、こっちも解除してほしい。
越知町では採取に来た記念に、化石がなくても記念に石灰岩を
拾っていくらしいが、城川町じゃ記念に石も拾えないじゃないか。

ちなみに愛媛県への獣医学部新設は、本当に獣医師が偏在していて、
四国に少ないのなら賛成。

そんなことで地質館を出て、寺野で以前石灰岩を採取した
ペルム紀の地層がある登山道の現状確認に行った、すでに草ボウボウで
冬が来るまでさようなら~!でした。

もともとBさんフォースで寺野はピンと来ていなかったので、
第一印象が非常に良かった川津南の山の稜線に縦走にいったよ。

d0171959_23091332.jpg
このお地蔵さんにお祈りして、稜線直下の道路を縦走したけど
石灰岩はなかったよ。でもオオミズアオっていうグリーンで大きな
蛾(きれいだよ)がなぜかいっぱいいたよ。
この近くに坂本龍馬脱藩の道もあって、自然観察と歴史探訪に
なっちゃた。つづく




[PR]

今日の散歩

     今日は、車で20分ほどの山にある公園へ・・・

     
d0171959_18324107.jpg
     新宮の森公園174.png




     自然に生えてる木の森って感じで
     なーーんにもないけど
     お散歩コースとしてはいい感じ110.png

   
d0171959_18352841.jpg
       9時過ぎに行ったので
       早くも暑くて・・・
       木陰を探して歩いたよ105.png




d0171959_18365681.jpg
          記念植栽とやらで
          どこかの小学校が
          山アジサイを植えてたよ



d0171959_18384069.jpg
          普通のアジサイよりも小さめで
          可憐な花が咲いてたよ179.png


          ウグが、最近少し食欲が落ちてるようで
          痩せてきたような気がして・・・

          心配なので体重を計ったら
          500グラムほど減ってた(;^_^A

          いつもなら体重が減った方が嬉しいんだけど
          「良かったあ104.png500グラムだけで」(;^_^A
          ・・・と思うこの頃


          今日は、「父の日」

          私の父ではないけど
          日頃の感謝の気持ちを込めて
          ウグとお揃いのセーフティTシャツを作ったよ111.png


d0171959_18402234.jpg
          
         着るにはちょっと勇気がいるかな127.png

[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編5(城川地質館)

これから先の時期は、ヘビや虫の影響で山野での活動を休む予定なので、
その前に最後と思って城川町に行ったよ。
今回は時間も半日くらい出来たのでゆっくり色々できるかな。

d0171959_21331903.jpg
先日気になったけど寄ってる時間がなかった地質館へ・・・。
何か情報が得られないかと思ったけど、デュラミナに関する資料はないようで、
学芸員さんも常駐していないので、情報に関してはちょっと残念。
でも前から一度見てみたかった本に、思いもよらず出合ったよ。


d0171959_21531439.jpg
「小さな化石の標本室」というサイトの横井先生(先生でもDrの方だよ)が自費出版
している「日本の化石」という本。
デュラミナ・ハシモトイで画像検索すると、以前は横井先生と佐川地質館の写真しかカラーの
画像はなかったので、(別途に四射サンゴで画像検索すると佐川町のKさんの素晴らしい写真
もあるのだが)他の化石も含めて拝見していたので、出版されているということは知っていた
のですが、ここで現物にめぐり合うとは・・・。

原色写真で素晴らしい内容です。しかも地質館に寄贈されていて、化石に興味のある人々に
参考にしてもらいたいという気持ちが伝わってくるように思いました。
デュラミナ・ハシモトイもサイトの写真とは違うのが載ってました。さすがです!!

これをゆっくり見ていたら先へ進めないのでそこそこにして化石探索に行ったよ。つづく。


[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編4(寺野石灰岩)

寺野での前回の続きだよ。

買い物に行く途中で、雨も降って来たのでこの日の探索は
石灰岩1個でおしまいになった。

今回採取した石は、前回のシリーズ宝島編の褶曲した石灰岩
に非常に似ていたので、期待して洗浄し、ルーペで確認した。


これははずれですね。
d0171959_22401715.jpg
これもデュラミナじゃないよ。
d0171959_22461394.jpg


結局、赤いのはデュラミナではなさそうでがっかりしたよ。

でも論文に化石の色は出てなかったので、赤くなければ探しにくいと
思ってたけど、こんな部分が赤いのなら、デュラミナがあれば赤くて
見つけやすい可能性が高くなったので、これは今後探す参考になった
かもしれないよ。

一部にこんなところもあったけど、この穴ぼこは何なんだろうか?
d0171959_22463027.jpg
層孔虫?  次回へ続く。




[PR]

今日の散歩

明日は雨176.pngらしいので
今夜のうちに、どこかに散歩に連れて行こうと
出かけたのは・・・

桂浜にでも行くか・・・と思ったけれど
既に曇っていて、月や星も見られそうにない131.png

暗そうな所は、蛇やムカデに遭遇する危険性もある(≧∇≦)

・・・となると、
夜行くいつもの公園126.png
d0171959_22591838.jpg
ここは、昼間いろんなワンコが散歩してるらしく
ウグが、嗅いだことのないワンコのオシッコの匂いをクンクンする111.png

今朝と夕方の散歩は
家の近くをちょっと歩いただけで
「もう帰る」と言って
「具合でも悪いのかなあ」と心配していたけど
こうして、いつもと違う場所に連れてくると
いくらでも歩いて帰ろうとしない115.png
喜ぶ姿を見ると、またどこかに連れて行ってあげなくちゃ110.pngって思うんです。
d0171959_23044141.jpg
結婚式場の建物は
年中キラキラ177.png177.png177.png

[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編3(寺野へ)

前回は景色に誘われて川津南地区へ行ったのだが、今回は犬服の
布を調達に松山市方面へ行くついでに、ちょっと寄ってみたよ。
1時間くらい余分な時間がかかるけどわざわざ来るよりも経済的だが、
時間の余裕がないのが・・・。

寺野の遠景
d0171959_22215722.jpg
寺野にきて驚き(◎_◎;)というか私が無知というか、城川地質館があるのに
気が付いた(寄っていく暇はない)。

悪いことに雨まで降ってきて、のんびり化石を探せる感じではなかった。
せっかくなのでその辺りを一回りして、Bさんの言う気になる場所がないか
チェックしたのだが、なんかピンとこない感じ。しかも石灰岩が見当たらない。

やっぱり師匠のBさんがいないとだめなのかな?などと思いつつ、ペルム紀の
地層があるはず(地質図でチェックしていた)の南側というか東というか
一番奥の方へ行ってみたが石灰岩は見当たらない。車を回していて、川の
対岸に山へ上がる道が見えた。なんか気になる感じキター!!!

で、そこへ行ったのだが何もないかと思った時、ちょっと上った谷筋の小道に1個だけ
石灰岩らしきものが・・・。


d0171959_22400161.jpg
おおー( ゚Д゚)❕‼❕  こ・こ・これはまるで・・・。


どこかで見た褶曲した赤い石灰岩に似ているではないか。
しかもこのピンクの部分も(右側中央付近をよく見てね)見たことがあるような。つづく



[PR]

私の好きな、ウグの写真💛

     先日、犬服をお買い上げいただいているお客様から

     「○○さんの好きなウグちゃんの写真のベスト5を

     選んで送って下さい。」と言うメールを頂きました110.png


     ウグの写真はたくさん撮っているけど

     なかなかカメラの方を向かないので

     いざ、好きな写真となると悩んでしまって・・・

     
     久しぶりに、ウグの小さかった頃のアルバムを出してくると

     懐かしい可愛い写真が出てきました110.png

     
    5位
d0171959_21063865.jpg
       これは最近の写真ですが
       珍しくウグがカメラ目線なので162.png

      4位
d0171959_21062716.jpg
       これは、5~6歳くらいかな?
       トイプードル風なカットをしてみたウグ162.png162.png


         3位
d0171959_21061446.jpg
         夫の手の平に乗るくらいの小さなウグ

         我が家に来たばかりの時なので
        
         生後3週間111.png

         まだ、毛も短いし色も濃い162.png162.png162.png

             2位
d0171959_21060310.jpg
              生後3~4か月のウグ

              今のウグの顔になってきてます162.png162.png162.png162.png


           173.png1位
d0171959_21055030.jpg
            生後約1ヶ月

            どんどん毛が伸びて
            ウグらしい雰囲気に・・・

            この「スネポーズ」は、今も全く同じ111.png

            162.png162.png162.png162.png162.png


            

[PR]

優しい獣医さん

    数日前から、どこが痒いのか?

    「かいかいかい」が止まらないウグ

    暇さえあれば私にすり寄ってきて

    「掻いてよ~」と・・・

    今日は特別痒がるから、かゆみ止めのお薬をもらってこようと

    いつもの獣医さんの所へ・・・

    午後は往診に行って休院なので

    5時からの診療に合わせて家を出たら

    10分も前に着いてしまった(;^_^A

    でも、入り口が開いていたので、そろりと中を覗いてみると

    先生が黙ってニッコリ笑って顔を出してくれた109.png

    数日前から痒がって・・・と話すと

    ウグの体を隅々まで診てくれた(^_-)-☆

 私・・「あまりにカイカイするので、かゆみ止めの薬とかありますか?」

先生・・「見たところ、虫に刺されたとか皮膚炎は起こしてませんね。
     かゆみ止めの薬はありますが、このくらいなら飲まない方がいいと
     思います。
     できるだけ薬は飲まない方がねえ。」

私・・「そうですかあ。それじゃあ、我慢するようにします。」
    それでは、診察料だけお支払いします。
    おいくらになりますか?」

先生・・「いりませんよ」

私・・「えっ?そういうわけには・・・」

先生・・「いえ、いいですよ」

    そんな会話を先生としている間に
    ウグの姿がない(≧∇≦)

    どこに???


    先生と私はまだ誰も患者さんが来てなかったので
    待合室で話してました。

    どこに行ったかと思うと
    診察室に自分で入ってくつろいでいました(*_*)

    超人見知りのウグが、
    なぜかこの先生に気を許していて
    物静かで優しい先生のこと
    「この人はいい人だ162.png162.png162.png」と
    思っているみたい(^_-)-☆

    診察料を取らなかったから言うわけではないですが(;^_^A
    本当にいい先生なんです110.png
    

[PR]

今日の散歩

     日曜日は良い天気174.pngだったので

     いつもの川に遊びに行きました。

     ・・・と、その前に

     「アイス食べなきゃ162.png162.png」と

     いつもの牧場に寄って・・・

d0171959_22035990.jpg
    牛さんは、いつも草を食べてるなあ111.png



d0171959_22044768.jpg
          冬の間は

          アイスを買っても

          「僕は、けっこうです120.png」とアイスを食べなかったのですが

          暑くなると、「コレコレ、美味しいんだワン」という感じです。






d0171959_22074110.jpg
          そして、足だけ浸かって「いい気持ちーー」110.png110.png110.png

[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編2(城川町へ)

とりあえず城川町へ行ってみることにした、一度も行ったことがないので地図
で確認してみたけどピンと来ない、一応辺りの地名をチェックしていざ出陣。
鬼北町から城川町へ入った辺りで向こうに山が見えてきた、山容が優しい感じ
でここへ行ってみたいなと地図を出そうとして忘れてきたのに気付いた。149.png
今日はカーナビなしの車だったので参ったな~。

寺野に行く国道からの右折場所を最初から間違えそうだなと思っていたのだが
つい山の美しさに誘われてそちらへ行った、後でわかったのだがここは
川津南地区、道端の地名で程野があったのでなんだ確か程野の向こうが寺野
だったと安心したのだがなんと川津南地区にも程野があった。
折角来たんだからとその辺りを車で1周して、一番気になった場所の川で
写真の石を採石。

表面
d0171959_17483469.jpg
割った所
d0171959_17504498.jpg
間に薄いピンクのものが入っていたので一応採って来たのだが・・・
あまりにも方解石化していてピンク部分は何かわからない。

さすがに1度も来たことがない場所は、もう少し事前準備も
必要だと思ったので、寺野には行かずに帰ったよ。つづく・・・・



[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編1(発端)

化石サンゴシリーズは、主に 四射サンゴ デュラミナ・ハシモトイ メインのシリーズ
であるが、本来の産地土佐山桑尾は掘りつくされており、直下の谷や下流の河原で採石を
行いそれなりに成果はあったが、この冬場に探した時、産地直下の石だまりの状況を詳しく
見て、当面台風ぐらいでは下の谷に落ちてくることはないと判断した。

私としては、谷に新しい石が落ちてこなければ、探し尽くした感があり、何かいい情報が
ないかインターネットで探したところ、旧名称(ファンギア・ハシモトイ)での検索で
宝島編の発端の記事(地図)を3月に見つけた。春になればヘビ・ブヨ・蜂・蚊などの有
害生物も出てきて、採取場所に行くことが困難になることから、事前準備もなく短期間
での勝負となったためバタバタしていたのだが、ネット検索ついでにファンギアでも
検索したところ、北海道大学の1955年の論文中に、愛媛県東宇和郡土居村寺野(現在
の西予市城川町寺野)にてファンギア?を発見したとの記事があった。

写真はなくスケッチ画が掲載されていたが、宝島編11の化石(下の分)によく似ている
ように思えた。


    宝島編11の化石今回は角度を変えているよ
d0171959_20384129.jpg

英文で翻訳が正確か自信がないが、直径10㎜、大セプター20、残念なことに保存状態が悪く、
縦断面が取れない等の記述があった。それでファンギア?と言うことらしい。
宝島編の中の1回目の採集分に似ていて、2回目には似ていないため、私も1回目と2回目は
別のものではないか思った時期があったのは、この論文の物と1回目が同じでは?と思った為
だった。

先に書いたが、採取に適した時期が終わりかけており、宝島編の方の疑問解消に何回も産地へ
行ったため、なかなか愛媛に行く時間がなく、その後やっと遠征することになった。

宝島編の地図の筆者は、地名だけでは場所が分かりにくいので、地図に示すと書いていたが、
今回はその地名のみであり、しかも地図で確認した感じでは、寺野は面積広そう。
宝島編は1発で採取できたので、採石してから文章に出来たので気楽に書けたが、今回は
海の物とも山の物ともわからない状態で、ウグ丸の嗅覚とパパのBさんの弟子フォースで
探すという無茶な企画なので、書いている方も展開が分からない。

あ~、こんな企画を始めるんじゃなかったかな~。などと思うこの頃であった・・・。

「パパ、フォースを信じてね。」ウグ丸より わんわんわん。






[PR]

バネ指手術 その後

     親指の手術をして40日後
     中指の手術をして21日後の状態です。
d0171959_23501121.jpg
      親指の付け根あたりにあるのが傷跡




d0171959_23515469.jpg
        中指の傷跡

        画面右下が薬指の傷跡



d0171959_23532094.jpg
     こうしてまじまじ見ると
     傷だらけの手だなあ148.png

     薬指→人差し指→親指→中指の順に
     4回も手術をしました。
    
     ステロイドの注射を打つと血糖値が上がるので
     手術を希望しました。
     再発はないというのも手術を決断した理由の一つです。

     一番最後にした中指は
     まだ、伸ばすと痛みがありますが
     硬いかぼちゃも切れるし
     キャップの蓋も、何とか開けられます(*^^)v
    
     術後40日経過した親指は、
     全く違和感なく動いてますから
     中指ももう少ししたら違和感なく動くようになるんじゃないかな127.png



[PR]

今日の散歩

   今日は、平日だけど
   夫が早く帰ってきたので
   ウグの散歩は、車で近くの山に行きました101.png
d0171959_23393734.jpg
           登り坂、キツイなあ(;'∀')

d0171959_23253383.jpg
         いつもと違う場所に来ると
         張り切って歩くウグ109.png


d0171959_23260391.jpg
         けっこう、いい眺めです。
         夜は星が綺麗に見えるんだろうなあ177.png177.png177.png

d0171959_23273461.jpg
           アジサイも綺麗に咲いて

d0171959_23290889.jpg
          「びわ」も・・・111.png

          最近、遠出をさせないようにしているので
          散歩がつまらなさそうなウグですが
          今日は、ちょっとだけドライブできてご満悦162.png162.png162.png






[PR]

へ、ヘビが・・・2017

ついにやってきました!!いやな季節が・・・。

外出先から車で帰ってくると、2軒お隣の前の道路に

なにやらヒモのようなものが・・・( ゚Д゚)もしやあれには見覚えが149.png149.png149.png

やっぱりヘビ!!今年もついにまたこの日が、しかも昨年よりも

一周り大きくなったような気がする。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

主人を呼んで山の方に捨ててもらおうとしたが、つかんだ火箸(トングの大きいようなもの)

を振りほどいて2軒隣の庭の植え込みに逃げ込んでしまった。

ご近所には、私のようにヘビの苦手な人も多く

すかさず「ヘビ目撃情報」を伝えに向かいの家のピンポンを押し

その家の奥さんも巻き込んでヘビの姿を追うのだが・・・

その奥さんも私も、見るのも怖いので

遠くから主人の様子をうかがうだけ(・_・;)

主人・・「こんな火箸じゃなく、素手ならすぐに捕まえられるのに・・」

 
な、な、なんですって149.png

素手でヘビをつかむーーーー149.png149.png149.png

もしも、本当にそんなことをしたら、


とマジギレの私

ウグにも同じ忠告をしました127.png

主人がいうには、今日のヘビは「青大将」という種類で毒はないとか・・・

いえいえ、毒は無くても心臓には悪いですから105.png

ちなみに主人は山へデュラミナ探しに行っていたので、今日見る3匹目のヘビだそうです。

[PR]

化石サンゴ スターワオーズ編(予告)

A long time ago, in far away Sirokawa Ehime …..

d0171959_22485245.jpg

STAR WOWS

スター ワオーズ

d0171959_22485245.jpg

                        新たなる情報が

                 古い北海道大学の

              論文中から発見された。

           地名のみで地図は全くない

愛媛県城川町のどこかでかつて

       採取された化石の写生画と共に。

      ウグ丸とウグ丸パパは、嗅覚と

Bさんフォースを頼りにどこに

あるとも知れないファンギア

Spを求めて旅立った。


              


[PR]

魚釣りに・・・

      とっても天気が良かったので

      海を見たくて・・・

      魚釣りに行くという息子について行きました102.png

      
d0171959_08110125.jpg
         青い海と青い空162.png





d0171959_08122000.jpg
          鯛などの養殖している生け簀が
          たくさんありました。


          小あじがたくさん釣れたけど
          あまりに小さすぎて・・・
          釣っては逃がしの繰り返し119.png

          結局1匹も持っては帰りませんでしたが
          綺麗な景色を堪能でき
          大満足110.png110.png110.png


d0171959_08174456.jpg
          いつもなら、ウグも連れて行くのだけれど
          片道1時間半のドライブはきつそうだし
          影が全くない海辺は
          老犬のウグには無理なので
          留守番させていたら

          呼んでも無視の
          「すねウグ」になってました111.png

[PR]

化石サンゴ宝島編21(宝島編最終回化石の考察)

宝島編最終回

化石サンゴ宝島編のデュラミナ・ハシモトイらしき化石についての考察

d0171959_00174786.jpg

この写真は、今まで出してない部分だよ。



今回は、非常に硬い話になるので、その気で見てください。

以前の記事でも一部書いたことがありますが、今回の考察で年代が必要であるため、再度記載します。

デュラミナ・ハシモトイは3度名前が付いていますが、1941年コーウェニア・ハシモトイ、1950年ファンギア・ハシモトイ、1965年デュラミナ・ハシモトイと変わっています。

 1955年の論文で、ファンギア・ハシモトイと紹介された岩手県大船渡市坂本沢のものは、1965年にデュラミナ・キタカミエンシスとして名前が変更になっています。(北海道大学のデータベースからデュラミナ・キタカミエンシスの写真と1955年の論文をご覧いただければ、同一の写真が論文ではファンギア・ハシモトイとして載っているので確認いただけると思います。)

今回、宝島編の発端となった地図は、1957年に描かれたものであり、書いた方は(H氏とする)、主にフズリナ化石をあちこちで採取し、地質の年代を調べていたようで、その中でたまたま今回の産地でデュラミナの化石を発見したと思われます。その論文中でファンギア・ハシモトイとして紹介しています。1957年であれば、H氏は土佐山のデュラミナ・ハシモトイを見たことがあるはずで、地図を描いた時点では同一のものと判断したと思われます。ただ前述のようにファンギアと呼ばれていた時代は、全てがハシモトイと分類されていたことから、現在のデュラミナ・ハシモトイと同じであったかは、H氏が採集したものがどのようなものだったか資料がなく比べようがありませんが、推測として、採取場所が同じであることから同じものと思われます。(2017年6月24日の宝島編22を見てね、H氏が採取した化石が見つかったよ)

ハシモトイ、キタカミエンシス、スズケンシスの違いは主に直径と大隔壁の数で、ハシモトイ直径1518ミリ、大隔壁3036、キタカミエンシス直径1214ミリ、大隔壁2230、スズケンシス直径811ミリ、大隔壁2126となっているようです。

宝島編の化石は、大隔壁が30本はありそうで、これよりデュラミナ・ハシモトイの可能性が高いと考えていますが、ヤッチェンギアのようによく似た化石も存在することから、今後採取した岩の中から保存の良いものが発見できればと考えています。2回目の採取品も今後詳しく調べる必要があり、フズリナ等の別のものという可能性も高くそこも含めて調べようと思っています。宝島編は今回で終了しますが、今後研磨等を通じて新しい発見があればこのブログで報告したいと思います。


硬いお話で肩がこったよ。わんわんわん174.png174.png174.png


[PR]