怖ーーい話サルノコシカケ編3(藪の中の何か)

サルノコシカケを採りに山中に入ると、
どうしてこんなにいろんなものに遭遇するのだろうか・・・。119.png

その日は大豊町南大王から鉢が森方面に向かってサルノコシカケ探しに行った。
冬の寒い時期で、つららが下がっていた。
林道を車で行く予定だったが、途中道が崩れていたので徒歩になった。

香美市香北町への林道を上ると、頂上に近い峠付近には、
無線中継所の廃墟があり、いつ見ても気持ちが悪い。122.png
「夜来るような場所じゃないな」などと思いつつ廃墟を横目で見ながら
サルノコシカケを探したが、結局お目当てのサルノコシカケにはお目にかかれなかった。

仕方がないので、帰ることにした。
帰り道の途中、木が密集して薄暗い場所にさしかかった時だった。
突然道の右手の藪がガサガサっと小さな音を立てた。144.png
きっとキジとかヤマドリのような大型の野鳥がいるんだろうと思った。

次の瞬間、藪が大きく揺れるとそこから真っ黒い大きな塊が
3メートル先の道路に現れた。(@ ̄□ ̄@;)!!149.png149.png149.png149.png149.png








ゲー!!!!!超大きいイノシシじゃないか。
こんなところで鉢合わせかよ~。丸腰じゃないか・・・。149.png149.png149.png

ばっちりイノシシと目が合った。134.png
イノシシも な、な、なんでこんなところに人間が~!!!みたいな顔をして、
まるで競走馬が走っているようなドドドドドっていう
凄い足音を出して、一目散に道路を走って逃げて行った。( ゚д゚)146.pngぽか~ん。
足音が聞こえているくらいだから結構冷静。

ばったり出会ってもけっこう襲っては来ないもんだ、162.png162.png162.png
逃げた方には車が止めてあるので、嫌でもイノシシが逃げた方へ行くしかない
あまりいい気持ちはしなかったが、不思議に怖いとは感じなかった。

ちょっと怖さに鈍感すぎるのだろうか・・・・。















[PR]

by ugumaru55 | 2017-07-25 22:18 | 怖ーーい話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード