梅林石3(仁淀川・鏡川梅林石)

今日は普通の文章で梅林石について変わった視点で、書いてみたいと思います。
梅林石の成因等は比較的他のサイトにありますので割愛します。
ヤフオク等で販売されている値段は安いので、ある程度あちこちで採取出来るはずです。
ネットの写真等によく出ている産地としては徳島県の勝浦川、高知県仁淀川ですが、
新潟県糸魚川市の姫川(ここはヒスイ、薬石で有名です)、岐阜県の根尾川(菊花石で有名)が出てくるのは注目点です。
ヒスイは世界中でも産地が限られていますし、菊花石もまともなものはほぼ日本のみです。
何と仁淀川は、姫川の薬石と同じもの(流紋岩、お風呂へ入れると体が温まるラジウム温泉の効能があるらしい)がたくさんあるし、菊花石(日本の産地は5か所くらい)も以前に産出していたので驚きですね。005.gif

仁淀川 越知町小浜キャンプ場前の河原で採取したもの。
梅林石の滝石(白い部分が滝のように見えるので水石の世界では滝石と言うらしい)
d0171959_21204806.jpg
小浜キャンプ場はこんな水道とかかまどのような場所もあるよ。
d0171959_21224430.jpg



高知市土佐山の大穴峡産梅林石、他のものとはちょっと違う感じで花に見える部分が大きく、紅白になっている。
新潟県の姫川産がこんな感じの梅林石がある。
d0171959_21205990.jpg
土佐山は梅林石が多く仁淀川より簡単に見つかります。

話は変わりますが、9月9日の高知新聞に愛石家の記事が載っていました。
マニアックを超越した感じですごいなと思いました。
わたしの石を集める(ちょっともってる感じ)スタンスは、化石はいつになるのか全く分からない孫のため、石は年取って盆栽でもやりたくなった時の添え石とか、より年取って石でも眺めて暮らす老後の楽しみにでもなるかな~こんな感じです。

梅林石は今回で終わりにして、番外編は次回菊花石にしようかな。わんわんわん058.gif058.gif058.gif
追伸
化石サンゴ番外編13に貴重な高知県の新産地の菊化石をアップしているから
菊化石に興味のある方は必見だよ。ここでしか見られない「幻の菊化石」
だよ。カテゴリ化石サンゴの中にあるよ。016.gif016.gif016.gif


[PR]

by ugumaru55 | 2016-09-10 22:28 | 梅林石 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード