バせドウ病歴 22

まぶたの腫れが軽減されたおかげで

東京の眼科に行くときもあちこちに立ち寄る余裕ができた。

せっかく高額の旅費を使って行くのだから

病院だけじゃもったいない

入院仲間に連絡したり、東京に住む昔からの友人に付き合ってもらった。


12月、診察予定のあった私に合わせて

愛媛の親友が一緒に東京に行く事になった。

首にしこりができ、地元の病院で診てもらったら甲状腺に何かができてるという事だった。

東京に行くのだから表参道にある甲状腺専門の病院に行く方がいい。

私が放射線治療(リニアック)を受けた病院だ。

お互い飛行機で羽田に向かい、空港で待ち合わせをして都心に向かった。

まず、ニ子玉のショッピングタウンに行き

お店を見て回ったがすぐに疲れ最上階にあるカフェに入った。

コーヒーとケーキを注文し外の景色を眺めながら、

「子供たちが小さかった時、ここで遊んだんだぁ。三人の手を引いて歩いた事を思い出す。」

そう言って彼女は懐かしそうに河原の景色を眺めた。


彼女もまた私のように夫の転勤に合わせ引っ越しを繰り返していた。

昔、横浜に住んでいたそうで

東京には思い出がいっぱいあるようだ。

若い頃なら賑やかな場所の観光もできたが、

今は体が付いていかない(-_-;)

私も彼女も静かなカフェで昔を懐かしむのが一番楽しかった。


夜になると、私の希望で東京駅のイルミネーションと

表参道のイルミネーションを見に行った。

東京駅まで行くと、それらしきものがない(*_*)

壁に貼ってあるポスターを見ると、明日から・・・と書いてある002.gif

「えーーーーっ、明日から?」

よく調べもしないで行動する、私の悪い癖(^-^;

仕方なく次は表参道へ・・・

神宮前の地下鉄の出口に出ると、人混みの中に出た。

「イルミネーション、やってない(*_*)」

せっかく来たのにーーーーー。

数年前はやってるって、入院仲間が写メール送ってくれたのに・・・・

なぜか?その年はやってなかった002.gif

でも、私は・・・

あの日願った、表参道を笑いながら友達と步くという夢を叶える事ができた。

夢が実現するのに4年かかったけれど

また次の夢をみる事ができるようにまでになったことに

幸せを感じた。

私の夢を叶えてくれた親友に心から感謝した。

しかし、ずっと励まし支えてくれていた親友が

今度は甲状腺に不安を抱えている・・・

なぜ、友達が・・・

明日は彼女を病院に送っていった後、私は眼科に行き

診察が終わったらまた彼女の病院に行く。

甲状腺の病院と私が通う眼科は提携していて、歩いて10分ほどの距離だ。

ずっと付いていてあげられない事が申し訳なかった。

口には出さないが、きっと不安でいっぱいだろう。

つづく


[PR]

by ugumaru55 | 2016-01-08 15:10 | バセドー眼症 | Comments(2)

Commented by ちよりん at 2016-01-10 16:37 x
こんにちは~。

少しづつ読ませていただきました。

様子がわかるだけに、こうなんだろうな~、

あ~なんだろうな~と想像して、泣けちゃったです。

いつかきっと・・・そう思って頑張るんだもんね。

思った以上に月日はかかったけど、

目の周りの脂肪が取れると、スッキリして嬉しいですよね。


最悪状態の時は、なんであんなに酷い事になっていたんだろうって思います。

自分で自分がかわいそうになるよね。

でもugumaru55さんは、くじけず頑張った~!!

諦めたらそこで終わっちゃうもんね。

勇気をもらいました。

私もきっと もう少しのはず。頑張ります。

ありがとう~素敵な記事でした。
Commented by ugumaru55 at 2016-01-10 19:07
読んでくれてありがとうございます(^_-)
もっともっと大変な病気はあるけど、バせドウ眼症もきついよね(-_-;)
朝起きて、前日の不摂生で顔がむくんでいたり、まぶたが腫れぼったいだけでも
その日1日憂うつなのに、それがずーーーっと続くんだから
気分が落ち込まないはずがないよね・・・
一生治らない・・・再発は十分考えられる・・・
その事はできるだけ封印して、
「一旦終了!!」という先生の言葉を噛みしめて8年間を振り返ってます(^_-)-☆
ちよりんさんは、まだ治療があるの?
早く、「一旦終了1!」できますように(^_^)v
名前
URL
削除用パスワード